「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

#検察なう (552) 「シリーズ「刑事司法を考える」(全7巻)の第0巻『刑事司法への問い』刊行される~私も寄稿しています」 2/23/2017 

#検察なう (552) 「シリーズ「刑事司法を考える」(全7巻)の第0巻『刑事司法への問い』刊行される~私も寄稿しています」 2/23/2017

本日2月23日、岩波書店から、シリーズ「刑事司法を考える」の第0巻『刑事司法への問い』が刊行されました。

刑事司法への問い

ここをクリック→ Amazon 『刑事司法への問い』

「変革期にある刑事司法に大胆にメスを入れる」と銘打って刊行される、全7巻の刑事司法専門書です。

その第0巻は「冤罪被害者や犯罪被害者、法律家以外の刑事司法に関わる人たちの多様な声を広く集めて収録」とされています。そして、私も寄稿しています。題して「「勝率ゼロへの挑戦」から得たこと」。

しかもトップバッター。全7巻のオープニングを飾れるのは光栄の至りです。

DSC04901.jpg

原稿の依頼が来たのは昨年6月末のことでした。一番読書量の多かった高校時代から岩波のファンだった私はかなり舞い上がりました。以下、寄稿依頼に私が送った返信です。

「ご連絡ありがとうございます。

高校時代の愛読書が岩波国語辞典(第四版)であった者としては、ご依頼は光栄の極みです。

「被告人席に座らせられて」の中の一人ということで、イメージはできました。刑事司法のスペシャリストのほとんどの方はいかに専門的知識はあっても、被告人席に座った当事者ではないということで、彼らとは違った視点が望ましいということだと理解しました。

私が無罪判決を得た後も、ツイッターやフェイスブックで刑事司法に関する情報発信に努めているのも、刑事司法に関心の低い一般の方々(つまり、かつての私のような人々)の啓蒙と、インサイダーの方々(現時点の刑事司法の在り方が「当たり前」になっている人々)への初心を呼び戻す契機になればよいと思ってのこだわりです。その意味では、本企画の趣旨に合うものと得心しております。

拙著『勝率ゼロへの挑戦』をお読み頂ければお分かりかと思いますが、自分の持ち味は軽妙です。それを今回は、若干『世界』の雰囲気にアジャストして書いてみようと思っています。

よろしくお願いします。」

第0巻のそのほか著名寄稿者には、江川紹子氏、郷原信郎氏、八木啓代氏、前田恒彦氏、周防正行氏、落合洋司氏、市川寛氏らの名前が並んでいます。

DSC04902.jpg

冒頭、「刊行にあたって」と題して、このシリーズ全体の趣意文が掲載されています。その一部を少々長くなりますが、引用させて頂きます。

「確実に、そして予想を上回る勢いで、日本の刑事司法は変わりつつある。その変化は専門家ですら全体像を掴むことに困難を覚えるほどであり、従来の姿を前提に議論していては将来の予測を誤りかねないだろう。

とりわけ、これまでは専門家によって独占されていた刑事司法の議論の場が、多様なアクターの声を取り入れた政治的アリーナへと変貌を遂げており、刑事司法の運用面も安定しているとは言い難く、現実の制度は絶えず法改正の動きを内包している。加えて、法制審議会における議事が明らかにしているように、改革に携わっている専門家達においてそもそも改革の筋道や改革すべき実務的課題が共有されておらず、改革を望む市民との対話はすれ違いに終わっていて、改革の処方箋すらこの国では用意されていないという現状がある。

これほどのダイナミクスと混乱は、戦後の刑事司法においてかつてなかったと言ってよい。その内容についても、これまで学界や法曹界で論じられながら実現を見なかったものから、当時はまったく予想もされなかったものまで多様な事柄を含んでいる。捜査段階から公判段階、刑事司法に関係する様々なステージに広がっていて、その広がり故に、今起きている変化について刑事司法全般にわたって功罪を論ずるにはたいへんな時間を要することになるだろう。けれども、だからと言って今の時点でわれわれがなすべき務めを放棄することはできないはずだ。必要なのは、多岐にわたる刑事司法をめぐる改革論議の表層をなぞることではなく、それぞれの根底にある制度的・思想的課題に思いを寄せ、従来のアプローチの限界を見極めると同時に、国際的な動向は言うに及ばず、あるべき法制度を見通し将来の設計図にまで触れるような力強い議論をおこなうことであろう。」

誰しも裁判員になって人を裁くことが可能性としてある以上、刑事司法に無関心でいていいはずがありません。刑事司法を正しい方向へ導く責任は国民全てにあると考えるべきです。そしてまず知ること。是非、お手に取ってお読みいただければ幸いです。

2/23/2017















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事司法改革への道

2017/02/23 Thu. 22:53 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『スノーデン』 『Paterson (原題)』 『レゴバットマン ザ・ムービー』 『X-MEN: アポカリプス』 

フィルム・レビュー 『スノーデン』 『Paterson (原題)』 『レゴバットマン ザ・ムービー』 『X-MEN: アポカリプス』

snowden.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スノーデン』 (2017) オリバー・ストーン監督

paterson-credit-mary-cybulski-cannes-film-festival.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『Paterson (原題)』 (2017) ジム・ジャームッシュ監督

legobatman.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『レゴバットマン ザ・ムービー』 (2017) クリス・マッケイ監督

X-Men-Apocalypse.png

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『X-MEN:アポカリプス』 (2016) ブライアン・シンガー監督









category: フィルム・レビュー

2017/02/19 Sun. 22:04 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『ありがとう、トニ・エルドマン』 『Nocturnal Animals』 『Elle』 『The Salesman』 『John Wick: Chapter2』 『ジョン・ウィック』 

フィルム・レビュー 『ありがとう、トニ・エルドマン』 『Nocturnal Animals』 『Elle』 『The Salesman』 『John Wick: Chapter2』 『ジョン・ウィック』

Toni-Erdmann.png

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『ありがとう、トニ・エルドマン』 (2016) マーレン・アーデ監督

20161014175110!Nocturnal_Animals_Poster.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『Nocturnal Animals (原題)』 (2016) トム・フォード監督

elle.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『Elle (原題)』 (2016) ポール・バーホーベン監督

the salesman

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『The Salesman (原題)』 (2016) アスガル・ファルハーディー監督

john wick2

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『John Wick: Chapter 2 (原題)』 (2017) チャド・スタエルスキー監督

john-wick.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『ジョン・ウィック』 (2014) チャド・スタエルスキー監督








category: フィルム・レビュー

2017/02/12 Sun. 05:11 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『LION/ライオン~25年目のただいま~』 『沈黙-サイレンス-』 『Hidden Figures (原題)』 『地上の星たち』 

フィルム・レビュー 『LION/ライオン~25年目のただいま~』 『沈黙-サイレンス-』 『Hidden Figures (原題)』 『地上の星たち』

lion-movie.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『LION/ライオン~25年目のただいま~』 (2016) ガース・デイヴィス監督

silence-movie-andrew-garfield.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『沈黙-サイレンス-』 (2016) マーティン・スコセッシ監督

Hidden Figures

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『Hidden Figures (原題)』 (2016) セオドア・メルフィ監督

like stars on earth

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『地上の星たち』 (2007) アーミル・カーン監督











category: フィルム・レビュー

2017/02/05 Sun. 01:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「死刑制度について考える (18) ~ 多数決原理で死刑を選ぶことの是非」 

「死刑制度について考える (18) ~ 多数決原理で死刑を選ぶことの是非」

裁判員制度における審理は、裁判官3人と裁判員6人によって行われます。そして、裁判官1人以上を含むことを条件とする特別多数決によって有罪が決定します(例えば9人のうち5人が有罪を選んだ場合、それは過半数ですが、もしその5人が全て裁判員であった場合は、無罪になります)。それは死刑も同じです。

非常に微妙な事案で、4人が死刑にすべきではないという強い確信と信念を持って主張しても、多数決で5人が死刑に票を投じれば(その中の一人は裁判官であることを条件として)、被告人は死刑になります。たった1票の差で無期懲役刑と死刑とが分かれるという場合もあるということです。

人の命を多数決で決めることに違和感を覚える人は少なくないのではないでしょうか。

裁判官のみによる死刑の審理においては、原則全員一致とされていますが、そもそも反対意見を述べた裁判官がいたかどうかは明らかにされません。死刑判決は、最高裁まで審理されることが少なくないのですが、そこで反対意見が付されることはほとんどありません(光市母子殺害事件の最高裁第一小法廷判決に、宮川光治裁判官が反対意見を述べたことは、事件の特殊性を伺わせる例外中の例外のことです)。

しかし、横綱級冤罪の袴田事件でも、一審裁判体の一人の裁判官が無罪心証を抱きながらもほかの二人が有罪心証であったため、有罪判決、しかも死刑判決を書かなくてはいけなかったことを、彼が退官後明らかにしたことは有名な話です(注1)。

最近読んだ文献に永山則夫裁判に関するものがあります(注2)。1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件で4人を射殺した永山死刑囚の裁判は、一審死刑判決を控訴審が破棄(無期懲役)、そして検察が事実上量刑不当として上告した歴史上初めての事件(それまでも一審死刑判決が控訴審で無期懲役となった例は約200件に上るが、検察が上告することはかつてなかった)です。そしてその最高裁判決は、その後の死刑の基準として「永山基準」と引用される有名な事件です。

その船田三雄裁判長による控訴審判決に次の一節があります。

「ある被告事件につき死刑を選択する場合があるとすれば、その事件については如何なる裁判所がその衝にあっても死刑を選択したであろう程度の情状がある場合に限定せらるべきものと考える」

死刑適用はあくまで例外として謙抑的に適用しようとする精神を表したものとして、腑に落ちるものです。

判決文はその後に次のように続きます。

「立法論として、死刑の宣告には裁判官全員一致の意見によるべきものとすべき意見があるけれども、その精神は現行法の運用にあっても考慮に値するものと考えるのである」

「死刑宣告は裁判官全員一致によってのみなされる」、即ち、地裁9人、高裁3人、最高裁5人の合わせて17人の全員が全員死刑で仕方がないという事案のみ死刑判決が適用されうるとするものですが、それは一考の価値があるのではないでしょうか。

自分は死刑にすべきではないと考えながら、多数決によって、人の命を奪うことを選択せざるを得ない者の心の傷は言葉以上に大きいものだと想像します。自分がもし裁判員に選ばれて、そうした状況に直面した場合のことを考えると、本当に恐ろしくなります。

死刑を適当でないとする意見が、(無期懲役や有期刑ではなく)無罪を支持する場合もあり得ます。例えば、責任能力が問題になる場合(あるいは冤罪だと思う場合も)です。死刑と無罪に票が分かれた場合、死刑が多数派の場合、無罪を支持する人が死刑を宣告しなければならない精神的苦痛はいかほどのものでしょうか。死刑判決は全員一致のみという場合、判決は無期懲役が相当となるはずですが、無罪だと思っている人にとっては、無期懲役であればまだましということになるのではないでしょうか。

しかし、全員一致でのみ死刑を選ぶことにはデメリットもあります。それは、裁判員一人にかかる責任が今以上に大きくなることです。

例えば、自分一人が死刑に反対という状況を考えてみます。ほかの8人が全て死刑を選択していると事案においては、世論がかなり死刑を後押ししていると想像されます。もし自分の一票で、裁判体全体の判断が死刑を選ばないという場合、メディア及び世論のバッシングが懸念されます(例えば、先に挙げた光市母子殺害事件での一審、控訴審無期懲役判決に対してのように)。判決に至る審理で、ほかの裁判官、裁判員の批判に耐えられるかどうかも微妙です。

全員一致の精神は正しいと思いますが、運用面では難しいこともありそうです。

今までは、死刑を支持したかどうか外部に分からなかった裁判員が、全員一致となれば死刑を支持したことが分かってしまうという問題もあります。

誰しもが死刑を求刑する立場になり得る以上、是非、一緒に考えてほしい問題です。

(注1)
ここをクリック→ ブック・レビュー 『美談の男 ― 冤罪袴田事件を裁いた元主任裁判官・熊本典道の秘密』 尾形誠規著

(注2)
『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』 堀川惠子著
ここをクリック→ Amazon『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』
非常に興味深く読みました。できれば、永山則夫著『無知の涙』を読んでからの方が心に響きます(但し、『無知の涙』は9割駄文なので少々読むのは辛いです。しかし、1割には素晴らしい輝きがあります)。

永山則夫事件に興味がある方は、こちらも是非ご覧になって下さい。
ここをクリック→ 「ETV特集 永山則夫 100時間の告白 ~封印された精神鑑定の真実~」













ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 死刑制度について考える

2017/01/30 Mon. 05:44 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top