「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (461) 「少年よ、大志を抱け~青少年の社会見学の場として傍聴のススメ」 3/26/2015  

#検察なう (461) 「少年よ、大志を抱け~青少年の社会見学の場として傍聴のススメ」 3/26/2015

先日の私の国賠審第4回口頭弁論の前に、小学6年生の母であるフェイスブックつながりの友人からメッセージをもらいました。

「息子が「将来、弁護士になりたいから、大学は法学部に進みたい」と最近、言い出して かなり興味があるようなので、 この機会に一度、傍聴に連れて行こうかと思いまして…。」

私は、自分の意見陳述があるから(それがなければ、民事裁判の口頭弁論はただの事務手続きなので)、いい機会になるんじゃないかと答えました。

当日学校を休んで、息子くんは傍聴に来てくれました。その口頭弁論の模様はこちら。

ここをクリック→ #検察なう (455) 「国賠審第4回口頭弁論報告~基本的な法律的センスが疑われる訟務検事」

ここをクリック→ #検察なう (457) 「国賠審第4回口頭弁論法廷マンガ by 高杉ナツメ」

閉廷後、私は支援者の方々との挨拶があったので、息子くんの対応を代理人チームの小松正和弁護士にお願いしました。

息子くんとはその場で十分に話せなかったので、彼には手紙を出しました。私が書いた言葉は、

「法曹の道を目指して、裁判官、検察官、弁護士のいずれになっても、人の人生に影響を与える重要な仕事であり、そうした仕事に就けるということは素晴らしいことだと思う。努力も必要だけど、その努力をする君を私は応援します」

というものでした。

早速、息子くんから返事が来ました。

「お手紙ありがとうございました。ぼくは、弁護士になりたいですが、法律関係の仕事(裁判官など)もいいなぁと思っています。裁判をぼうちょうした感想はいろいろあります。まず、裁判の時間が思ったより短かったのでおどろきました。あと、八田さんの口頭弁論がかっこよかったです。

また、小松先生に会わせていただきありがとうございました。いろいろなことを聞かせていただき、とても役立ちました。

ぼくは勉強をたくさんして、困った人を助け、人から尊敬されるような弁護士になりたいです。応援ありがとうございます。」

手紙1

その後の友人からのメッセージで、息子くんはこれから私が書いた『勝率ゼロへの挑戦』を読むそうです。小学校6年生であの本が読めたらすごいなあ。分かりやすく書いたつもりだけど、さすがに小学生が読むことはイメージしてなかったなあ。

彼がこれからどのような人生を歩むか楽しみです。もし今の意志を貫いて法曹の仕事に就いたなら、こんな喜ばしいことはないのではないかと思います。

お父さん、お母さん、もし自分の子供に法曹の道に進むチャンスを与えたいと思うのであれば、裁判の傍聴はいい社会見学の機会だと思いますよ。機会があればご一緒にいかがですか。是非、ご一考を。

3/26/2015














好評発売中!
ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2015/03/26 Thu. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (374) 「控訴審第二回公判検察控訴棄却法廷画 おまけ」 2/22/2014 

#検察なう (374) 「控訴審第二回公判検察控訴棄却法廷画 おまけ」 2/22/2014



説明不要。とにかく楽しんで下さい。「明るく楽しいクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」です。

140218_ap_001.jpg

140218_ap_002.jpg

140218_ap_003.jpg

140218_ap_004.jpg

「どくせんじょう」が本来の言い方なんだ。へええー。

ここをクリック→ 「どくだんじょう」?「どくせんじょう」?


140218_ap_005 (1)

140218_ap_006.jpg

140218_ap_007_a.jpg

140218_ap_008.jpg

トゥギャッタ―もリアルタイムの雰囲気を伝えるものとしてお楽しみ下さい。

ここをクリック→ 控訴審第二回公判検察控訴棄却トゥギャッタ―

2/22/2014












法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は #検察なうフェイスブック・コミュニティのメッセージでご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2014/02/22 Sat. 03:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (373) 「控訴審第二回公判法廷画 by 高杉ナツメ」 2/20/2014 

#検察なう (373) 「控訴審第二回公判法廷画 by 高杉ナツメ」 2/20/2014



皆さまお待ちかねの法廷画です。お楽しみ下さい。さあ、行ってみよー!

140218_0001.jpg

140218_0002.jpg

140218_0003.jpg

140218_0004.jpg

140218_0005_a.jpg

140218_0006.jpg

140218_0007.jpg

140218_0008.jpg

140218_0009.jpg

140218_0010.jpg

140218_0011.jpg

140218_0012.jpg

140218_0013.jpg

140218_0014 (1)

次回はNG集ならぬ、法廷画「おまけ」です。乞うご期待。

2/20/2014










法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は sienhatta@gmail.com までご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 冤罪と戦う八田隆を支援する会





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2014/02/20 Thu. 01:15 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (372) 「無罪確定なう!」 2/17/2014 

#検察なう (372) 「無罪確定なう!」 2/17/2014


強制捜査から5年余り、1886日を経ての無罪確定の瞬間は穏やかに訪れました。

先週金曜日最初に連絡を受けたのは、2時半頃記者クラブの月主幹事会社の記者からの電話でした。検察が上告断念を発表したから、コメントが欲しいとのこと。上告期限は金曜夜中の12時で、検察はそれをしれっと渡過させると思っていたためそれ以前に発表することは若干意外だったのですが、テレビが昼ニュースで取り上げることができない時間帯をわざわざ選ぶという相変わらず姑息な検察のメディア・コントロールだったのでしょう(控訴審判決も同じ時刻に徳洲会の初公判をぶつけられたし)。

私が記者に答えたのは
1) なぜ最後まで捜査当局は引き返す勇気がなかったのか、それが残念。
2) 無罪が維持され確定したのは、正しい判断をした一審裁判体、控訴審裁判体にとってよかった。
3) 弁護戦略上、ターゲットは検察に絞ってきたが、国税局も同様に責任があり、彼らを聖域化するべきではない。人権を容易に侵害する強大な権力をもった捜査当局は責任感をもって任に当たってほしい。
の3点でした。特に3点目はあまりこれまで言って来なかったことなので、強調したつもりです。「確定申告前というタイミングで報道各社さん、記事にしにくいんじゃないですか」と言ったところ、「それは各社の判断ですから」とその記者の方は言っていましたが、やはり見事に記事になることはなかったようです。

その後、主任弁護人の小松正和弁護人と話しましたが、彼の第一声が「えー、それは残念だなあ」でした。実家に電話しても、母親は「仕方ないがいね(「仕方ないよね」の金沢弁)。ツイッターやフェイスブックで状況を知った友人も「なーんだ、ざんねーん」のリアクション。おいおい、一応そこは「おめでとう」じゃないの、みんなどんだけ上告にやる気満々なんじゃ(笑)って感じでした。

その後、インターネット上ではお祭り状態。

堀江貴文氏がブログで検察の上告断念の一枚ペラのコメントを批判しています。
ここをクリック→ 「検察が世の中舐めきってることを証明する一つの文書。」

確かにひどいですねえ。上告理由どころか、起訴の理由も控訴の理由もないだろがー!って感じです。でも、検察が虚勢を張っていることは明らかなので、むしろ哀れな感じもします。「反省に更生なし」とは日々犯罪者と向き合っている彼らは心底理解していると思いますが、その彼らをしてこの態度では、検察改革の道は遠いとしか思えません。というか、そもそも変わらなければという意識が全くないんでしょう。

更に深刻なのはメディアの機能停止です。江川紹子氏の最新記事をご覧下さい。
ここをクリック→ 江川紹子氏Yahoo!ニュース「無罪確定。されど・・・」

冤罪の直接加害者は検察や警察、国税局ですが、彼らの暴走を止めることができない裁判所やメディアの責任は重大だと思っています。今回、それを未然に食い止めた裁判所のファインプレーをメディアがきちんと報道しないという事実は、彼らに社会の木鐸としての自覚はなく、大本営発表を続けるだけの捜査権力の広報部となっている状況を露呈しています(その中で、実名報道をした産経新聞、TBS、テレ朝は健闘しているのではないでしょうか)。

私の気持ちを代弁するかのような高校友人のフェイスブック書き込みを是非ご覧下さい。
ここをクリック→ 高校友人フェイスブック・コメント

これから、攻守を入れ替えての第2ラウンドとして国家賠償請求訴訟に突入します。日本の司法には、冤罪の原因追求という機能がないため、そのためには国賠請求審で戦うしかないという事情があります。

私のような公権力の恣意的な行使による被害者を生まないためにも、またこれ以上無駄な捜査、公判で税金の無駄遣いを防ぐためにも、なぜこのような事件が捜査権力によって作られたかを解明していきたいと思います。具体的には、外資系証券業界で数百人の株式報酬申告漏れがありながら、なぜ私一人が告発・起訴されたのか。記者の取材に対し、国税局は「彼は悪質である」と答えていますが、私のいかなる行為をもって悪質であるとしたのか(それが金額なら「金額が一番多かったから」と答えればいいものを、敢えて「悪質」というからには、金額以外の何らかの要素がからんでいるはずです。そして私は仮装・隠蔽工作を全くしておらず、それは国税局も分かっています)。

一般人の刑事司法に対する理解度はとても低いものです。それは私が当事者となる以前の状況を考えるとよく分かります。しかし、当事者になってみると、とんでもないことがたくさんあります。それを当事者の立場から警鐘を鳴らし続けることで、刑事司法が正しい方向に進み、少しでも我々国民が安心して生活できるようになればいいと思っています。

これまでのご支援本当にありがとうございました。そしてこれからも引き続き応援して頂ければと願っています。

2/17/2014











法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」のメッセージでご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2014/02/17 Mon. 00:23 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (370) 「検察上告を促すべく、不服審判請求をしました」 2/10/2014 

#検察なう (370) 「検察上告を促すべく、不服審判請求をしました」 2/10/2014

(強制捜査から1882日、検察上告期限まであと4日)

主任弁護人の小松正和弁護士といつも考えを巡らせているのは「次の一手は何にするか」ということです。控訴審で検察控訴棄却後も、いつも同様次の一手をディスカッションしました。

小 「八田さん、次は重加算税の返還を求めて不服審判ですね。結論は刑事(裁判)と連動していますから、(無罪が)確定してからすればいいと思います」
八 「いや、先生、検察に上告させたいと思ってるんです」
小 「真剣に言ってるんですか」
八 「真剣です」
小 「それならただちにしましょう」

この会話を理解するための背景として、この事件と国税局・検察の関わりを説明します。

国税局ですら「証拠はない」(私と面談した統括官の言葉)と言っていたこの無理筋の事件の告発の段階では、佐久間達哉元特捜部部長率いるイケイケドンドンの特捜部がむしろ積極的であったと思われます(彼の功名心が引き金となっているという点では、「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」の背景には、一連の小沢氏の事件との相似性が認められます)。

その後に起こった郵便不正事件は、状況を一変させました。本来告発=起訴というのが彼らの常識でしたが(注)、あまりにも脆弱な証拠に、弱体化した特捜部は起訴を躊躇します。そして特捜部の取った行動は、捜査を全て最初からやり直すという異例中の異例のものでした。告発を受理しておきながら、国税局査察部の捜査が不十分であるとする自己撞着がそこにはあります。

特捜部取調べは3ヶ月の長期に亘りますが、その間も役所間の責任のなすり付け合いがあったと思われます。検察は土・日も営業していますが、国税局は週末休みであるため、取調べが行われなかった月曜日に彼らの間の調整が行われていたようです。週終わりに向けて、こちらが押し込んだと思っていたところ、週明けの火曜日にはまたねじを巻かれた検事が態度を硬化させて取調べが再開するということが度々ありました。

結局、はしごをはずされたくない国税局が押し切る形で、私は起訴されました。やはり「誰のおかげで飯を食ってられるんだ」という財布のヒモを握った役所の強さです。

それでも起訴の段階では、特捜案件は裁判所が救ってくれるであろうという甘い読みが特捜部にはあったと思います。一審の判決は「そんな阿吽の呼吸はない」という一審裁判体の強いメッセージでした。3月1日の無罪判決というのは、確定申告シーズン真っ盛りの折、国税局にとっては最悪のタイミングでした。国税局は無罪を確定させたくなかったものと思われます。起訴に続いて検察が泥をかぶる形で無理筋控訴がなされました。

さすれば、もう一度国税局に一働きしてもらって、検察に上告を無理強いしてもらおうというものです。そのための国税不服審判所への審判請求です。先週金曜日に、餅は餅屋ということで税理士の加賀聡先生と小松先生を代理人とした審判請求を東京国税不服審判所に行いました。

ここで国税の不服申立制度をご説明します。次の添付資料「制度の概要図」をご覧下さい。

ここをクリック→ 国税の不服申立制度の概要図

私の過少申告が故意の脱税であったとして、国税局は重加算税を課しています。私はそれを一旦払った上で、それを不服として納税地の目黒税務署長に異議申立をしています。「制度の概要図」で、「3か月を経過しても意義決定がない場合」に国税不服審判所への審査請求をしたという状況が現段階です。

異議申立は2010年6月にしており、通常は概ね3ヶ月以内に決定がなされるところが、なんとこれまで放置されていたものです。その間、2010年末に目黒税務署長から「審査請求をすることができる旨の教示書」なるものが届いています。つまり異議申立の決定はパスして次の段階に進んでくれというものです。

その教示書には「原処分の理由」として重加算税の賦課決定の理由が書かれています。重加算税の要件は仮装・隠蔽(国税通則法第68条)ですが、私の行った仮装・隠蔽とは「所得金額を殊更過少に記載した内容虚偽の本件各確定申告書を原処分庁へそれぞれ提出したこと」とされています。確定申告書への誤った金額の記載のみが仮装・隠蔽ということが国税局によっても認定されており、それは勿論、過失であれば仮装・隠蔽でないことは明らかです。

冒頭、小松先生の言葉の中の「結論は刑事(裁判)と連動」しているというのは、私がこれまで戦ってきた刑事裁判で脱税の故意性が否定されれば、私は全く仮装・隠蔽をしていないことになり、重加算税を課す理由が消滅することを意味しています。

元々国税局の付属機関である国税不服審判所が、国税局の決定が誤りであったという審判を避けるには、検察が上告するしかないということを我々は計算しています。

是非とも、検察には上告してもらい、検察司法に開けた風穴を更にドでかいものにして、今後の検察改革に拍車をかけたいと思っています。

我々は依然追撃の手を緩めていません。引き続きご注目下さい。

(注)
このあたりの経緯は元特捜部主任検事前田恒彦氏の『週刊ダイヤモンド』今週号掲載「クレディ・スイス証券元部長に再び無罪判決 当局が告発や起訴に至った背景とその問題点」に詳しいので是非、ご参照下さい。

ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券元部長に再び無罪判決 当局が告発や起訴に至った背景とその問題点」

これは有料記事になります。本誌を購入し(690円)掲載のパスワードを入力するか、Web版を1回購入(690円)すればそのまま読めます。

2/10/2014

















法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」のメッセージでご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2014/02/10 Mon. 01:05 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top