「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その15 「被疑者ノートの重要性」 

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その15 「被疑者ノートの重要性」

取調べが「事情聴取」でないことは以前述べたところです。

ここをクリック→ 無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その7 「取調べに際して注意すべきこと」

捜査官が取調べをする目的はただ一つ。それは「起訴となった場合、公判で被告人を有罪に追い込むための証拠となる供述調書を作ること」です。

即ち、調書には被疑者に有利なことは書かれていないと考えるべきです。こちらがいくら自分に有利な事実を述べてもそれは調書に落とされることはなく、彼らが書きたいことだけが調書に書かれます。逐語的ではなく、恣意的に調書を作ることができるということが、捜査権力の最大の武器です。なぜなら、日本の刑事裁判では、調書(特に検察官の作成する検面調書)が最重要証拠とされるからです。

それでは、調書に盛り込まれなかったこちらに有利な事実はどうするべきでしょうか。それを自ら証拠化するのが「被疑者ノート」です。

日弁連「被疑者ノート活用マニュアル」(注)には違法・不当な取調べを抑止して、任意性を争うための資料として活用できるとしていますが、もっと積極的に被疑者ノートを活用すべきだと思います。

被疑者ノートと言っても、ノートである必要はありません。タイム・スタンプがあり、後に改竄できないという点で、メールの方がいいかもしれません(但し、在宅で任意の取調べに限りますが)。

私の場合、国税局査察部、検察特捜部、それぞれ100時間を越える取調べを経験しましたが、査察部の取調べに際しては担当税理士に、特捜部の取調べに際しては支持者の方々に、毎回の取調べが終わってからその日のうちに、「どんなことを聞かれたか」を中心に報告していました。

捜査官がぽろっとつぶやく言葉にヒントがある場合もあります。例えば、私は、競走馬の共同馬主でしたが、査察官が私に言ったことは「八田さんは、なぜ馬主としての賞金を税務申告してるんですかねえ」でした。私の税務申告とは「収入に関わる書類の一切合切を税理士に渡すこと」だったので、賞金を受け取った旨の書類を税理士に渡していました。捜査官に聞かれた時は「何を言ってるんだろう」としか思わなかったのですが、後から考えれば、それは脱税犯の行動論理に合致しないという査察官の疑問点だったものです。当然、それは調書にはなっていません。それ一つが決定的な証拠になるわけではありませんが、無罪を取るためには、そうした細かいことの積み重ねにより、1mmでも前に進むという努力がなければ到底成し得るものではありません。

調書主義に対抗する「被疑者ノート」の活用。是非、検討してみて下さい。

(注)
ここをクリック→ 日本弁護士連合会「被疑者ノート活用マニュアル」















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 無罪を勝ち得るために

2016/03/14 Mon. 08:13 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その14 「被告人質問の心得」 

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その14 「被告人質問の心得」

刑事裁判の公判におけるクライマックスが被告人質問です。調書至上主義と批判されることの多い刑事裁判ですが、建前は「口頭主義」であり、裁判官はあなたの言葉を聞いてみたいと思っているはずです(そうした希望を持つことも心構えとして重要です)。

あまりテクニカルなことにこだわる必要はなく、そのためにプロフェッショナルのセコンドとして弁護人がいます。それでも知っておけば、弁護人の負担を軽くすることもあることかもしれません。基本的事項を挙げます。

あなたの発言のみが証拠となり、質問者の質問は証拠にはなりません。つまりあなたがクローズド・クエスチョン(「はい」「いいえ」で答える質問。例えば、「あなたは~と言いましたか」)で聞かれることはなく、必ずオープン・クエスチョン(例えば、「あなたは何と言いましたか」)で聞かれるはずです。「はい」「いいえ」で終わらないようにしましょう。

証言内容は速記官(注)が速記し訴訟記録となります。裁判官は後からその文章を読み返して判決を書くことになります。文章にした時に理解しづらい指示語や誤記のおそれのある単語は、極力避けたいものです。

そうしたテクニカルなことよりも重要なことを述べます。それは誰のための、何のための被告人質問かを常に意識することです。その答えは、「裁判官のための被告人質問であり、彼らに何が真実かを伝える努力をするための被告人質問」だということです。

伝えるべきは事実です。あなたの意見や評価ではありません。裁判官が真実に到達するための鍵となる事実を伝える努力をする場が被告人質問です。

被告人質問は質問する主体によって、主質問(弁護人がする質問)、反対質問(検察官がする質問)、補充質問(裁判官がする質問)に分かれます。その全てにおいて、先に述べたことが該当します。

例えば、検察官がする質問に答える場合でも、検察官に対して答えたり、彼らを納得させたりする必要はありません。起訴前の取調べでは、誠心誠意、彼らに真実を知ってもらう努力を惜しまず説得すべきです(注2)。しかし、一旦起訴された後においては、検察に遠慮する必要は全くありません。彼らは、無辜のあなたを無実の罪に陥れようとする邪悪な存在です。しかも、それを仕事としている哀しい人たちです。しかし、裁判官とは「お仲間」です。検察官とあなたのやり取りを裁判官はどのような感情で聞いているか、意識を裁判官に集中して考えれば、自ずとあなたの取るべき態度は決まると思われます。

主質問では、質問するのはあなたの最大の味方である弁護人です。主質問の内容を弁護人と十分にすり合わせる必要があると私は考えます(そう思わない弁護人もいるかもしれません。弁護人を選ぶのはあなたです。依頼した以上、弁護方針については、納得した上で人生の決戦に臨むべきです)。あなたの供述調書は、裁判における最有力の証拠でありながら、あなたに不利なことしか書かれていないと思った方がよいでしょう。優秀な捜査官は、有罪の証拠となる調書を作るよう訓練されています。被告人質問が、あなたにとって有利な主張をする最大のチャンスです。

被告人質問の主質問は、あなたの陳述で置き換えてもいいものですが、それを弁護人と問答形式で主張することの意味は、めりはりをつけることにあります。私の被告人質問では、主質問は4時間に及びましたが、もし私が4時間滔々と陳述をすれば、それを最後まで聞く辛抱強い人はいないでしょう。

一問一答の意義について、尋問についての古典である『事実審理』(岸森一/横川敏雄)(注3)の一節を引用します。

「ただ形式に問答を区切るだけのことを意味するのではない。発問の順序の工夫と合わせて、短い時間で、簡潔な、要点をついた答えを引き出し、一コマ一コマずつ事件の映像を裁判官の心のカメラにピタリとやきつかせることである。ピンボケや手ブレがあってはならない」

その共同作業を弁護人と共にするのが主質問です。何か事をするに当たって、ぶっつけ本番でやる方が良い結果が期待できるか、十分に戦略を立てて、緻密なアプローチをする方が良い結果が期待できるか、弁護人と相談すべきだと感じます。

主質問や反対質問で、裁判官を意識するというのは、例えばこのような例でイメージするといいかもしれません。

あなたはセミナーのプレゼンターです。あなたのプレゼンテーションが終わって、オーディエンスの一人から質問が出ました。あなたはどのような意識でその質問に答えるでしょうか。もしあなたが、その質問者と一対一で答えようとするなら、ほかのオーディエンスはすぐに興味を失って、その時間はほかのオーディエンスにとって無駄になってしまいます。もしあなたが、その質問者はほかのオーディエンスを代表して、みんなが聞きたいであろう質問をしてくれたという意識であれば、その質問を引き取って、みんなに対して説明しようとするでしょう。この「ほかのオーディエンス」が裁判官です。

あるいは、こういう例でもいいかもしれません。あなたは役者です。舞台の上で繰り広げられているのは、あなたを登場人物とするドラマですが、ほかの役者とのやり取りをしながらでも、必ずその意識は観客席にいる観客に向いているはずです。その「観客」が裁判官です。

被告人質問はあなたの人生の大舞台になることでしょう。それを乗り切るには、気合です。そしてその気合は必ず人の心を動かします。しかし、その瞬間にも、必ず第三者的に冷静に自分を見つめるクールな自分を忘れないようにしましょう。そうすれば裁判官のハートをつかむことができるはずです。希望を持って臨んで下さい。

(注1)
ここをクリック→ #検察なう (153) 「裁判所速記官」

(注2)
ここをクリック→ 無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その8 「検察を敵視すべきか~起訴の見極め」

(注3)
ここをクリック→ Amazon 『事実審理』岸森一/横川敏雄著(有斐閣、1983)
















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 無罪を勝ち得るために

2016/02/29 Mon. 01:21 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その13 「「被告人力」をいかにして高めるか」 

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その13 「「被告人力」をいかにして高めるか」

以前のブログで取り上げた「被告人力」について論じたいと思います。

ここをクリック→ #検察なう (468) 「早稲田大学大学院法務研究科にて講演してきました」

被告人という特殊な状況で、理解しておかなければならないことが2点あります。それらを理解することが、「被告人力」を高めることにつながると考えています。

それは
1) 自分一人では無力に等しい
2) 努力が必ずしも報われるわけではなく、ほぼ確実に報われない
ということです。

まず1)に関して。自分だけが頑張ればいいというのであれば、話は簡単なのですが、被告人という場合には、あなた一人ではどうしようもありません。そして、被告人の強力な相棒が弁護人です。被疑者段階で、検察に不起訴を選択させる策を講じる、あるいは公判ともなれば、それこそあなたの盾となってくれるのが弁護人です。

弁護人を選択することはあなたの責任です。弁護士としての能力もさることながら、やはり相性が重要です。依頼を決める前に話をして、その見極めをするべきだと考えられます。そして、選択してもそれで終わりというわけではありません。彼らの能力を最大限に引き出すこともあなたの責任だと考えて下さい。

拙著『勝率ゼロへの挑戦』から引用します(p.52)。
「弁護士とは忙しい仕事である。何件も同時に案件を抱える弁護士に、どれだけ自分の案件に時間を割いてもらえるか、あるいはその弁護士の実力以上のパフォーマンスを引き出すか。これは依頼人の責任である。」

もしかすると、あなたは弁護士の先生が「自分の案件に時間を使ってくれていない」と疑心暗鬼になるかもしれません。しかし、弁護士を非難するのではなく、自分に責任があると考えることが必要です。

弁護士の最大限のパフォーマンスを引き出すにはどうすればよいか。それは弁護士の立場になって考えることです。想像力が決め手になります。

私は、刑事裁判主任弁護人の小松正和弁護士には、当初2か月ほどの間、1日も欠かさず毎日メールをしました。その内容は、自分の事件の手がかりになると思われることを自分なりに考え、参考にしてもらおうとしたものです。私は、彼が風呂に入っている間にも自分の事件を思い出してもらうことを目指していました。

また、あなたに大きな力を与えてくれるのが支援者です。彼らをいかに鼓舞し、伴走し続けてもらうか。これを考えるのもあなた自身の責任です。

2) に関して。これは考え方次第です。先日の早稲田大学大学院法務研究科の授業でも、小松弁護士がとてもいいことを言っていました。
「我々の仕事は、「無罪を取ること」ではありません。「無罪を取る可能性を上げること」です」

この差は非常に大きいものです。無罪を取るために最大限の努力を惜しまないものの、結果は裁判長の胸先三寸ということです。

我々が通常経験するビジネスや日常の世界では、「陰日向なく努力することで、結果は自然とついてくる」と考える方が、結果がよくなることが多いのですが、残念ながら被告人という立場では、それは通用しません。

そして毎日、1ミリでも前進するように努力することです。結果にこだわらず、そしてあきらめない。その心持ちが被告人力を上げるためには必須だと思われるため、このシリーズの最初の回にそのことについて書きました。

ここをクリック→ 無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その1 「被告人の心構え (1) 執着せず、あきらめない」

被告人力は、能力以前に、考え方の違いで大きく差が出てくると思います。私は、刑事被告人として実にいろいろなことを試みましたが、それらは私なりに考えて、一つ一つ意味があることでした。ヒントは、「もしあなたが本当に犯罪をしていたならば、絶対にしないであろうこと」をするよう努力することです。

そして最後は、被告人となったことを、自分にとって何が人生のプライオリティなのかを考えるいい機会だと考えることです。「人間万事塞翁が馬」- 是非考えてみて下さい。














ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 無罪を勝ち得るために

2015/06/04 Thu. 08:51 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その12 「早稲田大学大学院法務研究科授業より 『有能な弁護士に依頼する』」 

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その12 「早稲田大学大学院法務研究科授業より 『有能な弁護士に依頼する』」

早稲田大学大学院法務研究科授業シリーズ最終回です。前3回の内容はこちらで。

ここをクリック→ 『調書を問答形式で逐語的に作成させる』

ここをクリック→ 『調書の署名を拒否する』

ここをクリック→ 『嘆願書を集める』

拙著『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』には、一審・控訴審での主任弁護人小松正和弁護士との出会いを書きました。それを読んでも、早稲田大学大学院法務研究科講師の児島先生には、なぜ私が小松弁護士に依頼したかはミステリーだったようです。

児島先生 「八田さんは、紹介された小松先生に断りの電話を入れたところが、その電話の会話から依頼することを決心したということでしたよね。その電話の会話が具体的にどんなものであったか、記憶しているところでいいんで、何かありますか」

小松弁護士は私の会社の元同僚の紹介でしたが、彼の弁護士事務所のホームページで略歴をチェックしたところ、刑事弁護の経験が浅そうだったので、私は最初断ろうと思いました。紹介された以上、断るにしても電話の一本を入れるのは礼儀だろうと、電話をしたことが彼との出会いのきっかけでした。その電話でしばらく事件にからんで雑談をするうちに、「この先生にお願いしよう」とひらめいたことが依頼につながりました。

私は、児島先生からそのように聞かれた時は、電話の会話の具体的な内容はすっかり忘れていました。記憶していた印象は、本で書いたように、お互い補完関係でいいチームができる雰囲気を感じたというものです。

その後、しばらく話が進む中で、小松弁護士が会話の内容を思い出しました。

「あ、そうそう、その電話で八田さんには、検察が不起訴にできるよう、彼らが対内的にメンツを立てられるように言い訳を考えてあげなければっていうことを話したんですよ」

国税局査察部に刑事告発された時、彼らは私の無実を知りながら告発したことを私は確信していましたが、「仕事だから仕方ないんだろうなあ」と一面冷めた感覚を持っていました。小松弁護士と最初の電話での会話で、その「仕事だから仕方ない」という諦めを打破する案を一緒に考えてくれるような印象を持ったことを、彼の言葉を聞いて思い出しました。

世の中には本音と建前があることは常識ですが、非常に合理的な世界で仕事をしていた私と国家権力は対極的な位置にあると感じます。彼らの論理には建前の部分が非常に大きいと考えています。彼らも本音では、無実だと分かっている人間を罪に陥れることはよくないと思いながらも、建前がその判断を歪めてしまうのが、彼らの価値観だと理解しています。

法律論や事実認定といった正面突破の議論では通用しないことを感じながら、全くどうすればいいのか暗中模索の真っ暗闇に、ぽっと遠くに明かりが見えたような感覚をその電話の会話で感じたものです。

その後、小松弁護士が言ったことです。
「電話をもらった時はてっきり依頼の電話かと思ったのですが、断るということだったので、会ったこともないのにわざわざ断りの電話を入れてくるのは律義だなあ、と感じたのを覚えています」

偶然の出会いというのはこういうものかもしれません。

刑事裁判の有罪率は99.9%を越えます。つまり病気で言えば、治癒率0.1%以下の難病です。その難病治療の依頼は、町医者レベルでは心もとないと言うべきでしょう。弁護士業も職人芸ですから、やはり匠の技を持った弁護士に依頼したいものです。

以前のブログにも、よい弁護士を選ぶ一助となるであろう私の考えを書きましたが(注)、実は弁護士のよしあしを見分けるのはそれほど難しいことではないようにも感じます。勿論、全ての仕事に言えることですが、実際やらせてみないと実力は測れないということはあるものの、弁護士業は、人(=裁判官)にアピールしてナンボです。依頼人のあなたの心をつかめない弁護士が、裁判官の心をつかめるとは到底思えません。勿論、独創的な発想+論理的な思考とプレゼンテーション能力は別だと考えることもできますが、それぞれが十分条件ではないものの、必要条件だと思います。

是非、弁護士を選ぶ際には、じっくり話をしてみて、納得のいく弁護士に依頼することがあなたのためになると私は信じています。

(注) 
ここをクリック→ 無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その6 「被告人ができること 各論 (2) 優秀な弁護人を選ぶこと」













好評発売中!
ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 無罪を勝ち得るために

2014/12/11 Thu. 06:55 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その11 「早稲田大学大学院法務研究科授業より 『嘆願書を集める』」 

無罪を勝ち得るために~冤罪と戦う方法 その11 「早稲田大学大学院法務研究科授業より 『嘆願書を集める』」

このシリーズ前2回のブログでは、調書について論じました。調書の重要性は強調して強調し過ぎることはありません。是非とも肝に銘じておいて下さい。

ここをクリック→ 『調書を問答形式で逐語的に作成させる』

ここをクリック→ 『調書の署名を拒否する』

今回のお題は「嘆願書」に関してです。プロフェッショナルの児島先生(早稲田大学大学院法務研究科講師)が興味を持った嘆願書とはどういうものであったのでしょうか。

嘆願書と言えば、情状酌量を依願するイメージがありますが、私は無実を訴えていたため、それは何かを嘆願するためのものではありませんでした。

主任弁護人の小松弁護士は、署名は「百害あって一利なし」という考えを持っていますが、彼のアイデアで、私の人となりを直接の知り合いに書いてもらったものが嘆願書です。

犯罪の契機は、結局のところ動機と人品によるところが大きいと思います。私が、将来のキャリアを棒に振るリスクを取ってまで、経済的利益を追求する人間なのかどうかを、私の知り合いが描く人物像から判断してもらおうというものが嘆願書を依願した目的です。

児島先生の「効果があったと思いますか」の質問には、簡単な答えではありませんでした。

嘆願書の宛先は東京地検特捜部だったため、その直接的な目的である不起訴は達成できませんでした。しかし、嘆願書はそれだけではなかったと思っています。

裁判官が、嘆願書の一部が掲載された私のブログを読んでいたかどうかは知るべくもありませんが、その可能性はあります(注)。

裁判という物理的制約の大きい状況で、真実が明らかにされるというのは楽観的過ぎると思われます。結局のところ、無罪らしさ、有罪らしさを裁判官が判定するのみです。そして微妙な裁きの最後の最後には、被告人の人間性が問われると考えます。

嘆願書が私の無罪判決に直接的に効果がなかったとしても、146通の嘆願書は私の心の支えでした。孤独と絶望でくじけそうになる時に、嘆願書を読み返すことで前向きになることができました。しかし、それを集める過程は決して楽なものではありませんでした。

私の刑事告発が報道された直後、友人の一人が、「これで八田さんに近い人はもっと近くなるし、そうでない人は離れていくよ」と言ったことが、図らずも嘆願書を集める過程で確認されることとなりました。

少なからずの人が嘆願書の依頼に応えてくれなかったことは残念なことですが、彼らにしても、踏まなくてもいい踏み絵を踏まされたようなものだと考えています。彼らも不当な捜査権力の行使の犠牲者です。

私を支援してくれた人が書いてくれた嘆願書を是非読んでみて下さい。

ここをクリック→ 嘆願書まとめ

冤罪と戦うあなたの参考にして頂ければ、彼らにとっても喜ばしいことだと思います。

(注)
ブログの存在を裁判官に知らせたのは検察でした。
ここをクリック→ #検察なう (433) 「『戦う弁護人』はいいのか Part2~我々のケース『戦う被告人』」
















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー


表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 無罪を勝ち得るために

2014/11/27 Thu. 23:35 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top