FC2ブログ

「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2018 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (574) 「国賠控訴審敗訴「裁判所よ、刑事司法が検察司法でもいいのか」」 9/13/2018  

#検察なう (574) 「国賠控訴審敗訴「裁判所よ、刑事司法が検察司法でもいいのか」」 9/13/2018

本日行われた、私の国賠控訴審では原告の私の敗訴となりました。ここまでのいきさつをかいつまみ、かつ判決について論じたいと思います。

国賠審を戦うことにした当初の理由は、非常にシンプルです。それは、反則に対するペナルティがない刑事司法のあり方に疑問を感じたからです。

日本の検察や国税局、特にそのエリートである特捜部や査察部は非常に優秀です。彼らが捜査段階で真実に到達しないわけはなく、私に対する告発や起訴は、当初の筋の読み違いに対して引き返す勇気を持たず、彼らの組織の論理が「無辜の者であっても、告発、起訴したからには犯罪者に仕立て上げる」という帰結であったに過ぎません。それが、犯罪行為以外の何物でもないことは明らかです。

しかし、国賠審のハードルは非常に高いものです。役人である裁判官が、同じ役人の不法行為を認定し、税金を源資として個人に経済補償をするという可能性はほぼないと言わざるを得ないのが現実です。つまり、「無罪にしてやったんだからいいだろ。それでお前がどんな不利益、経済的損失を被ろうがそんなことは知ったこっちゃない」ということが刑事司法の厳しい現状です。

それでも国賠審を戦うべきだと思ったのは、捜査権力に全くお咎めなしということは、彼らに反省を促す契機にはなり得ないと感じたからです。

数多くの冤罪被害者が涙を飲んできた歴史の中で、冤罪被害者の端くれとして、無罪判決という奇跡を得た責任もあります。少しでも同じ冤罪被害者を出さないよう、刑事司法の前進につながればいいという思いがありました。

そして、国賠審の一審の過程で局面は大きく展開します。それは被告である国(そしてその後ろにいるのが検察です)がとんでもない主張を始めたからです。

平成24年の最高裁判例(チョコレート缶事件:注1)で、控訴審のストライクゾーンは、一審のストライクゾーンよりも狭いことが判ぜられました。それは、刑事裁判における上級審が「事後審」であることを確認する重要な判例でした(「事後審」とは、原審の判決のみを対象に審理するもの。それに対して、民事裁判は「続審」と呼ばれ、上級審においても下級審同様、一から審理をやり直すというものです)。

しかし、私の国賠審での国(検察)の主張は、「それは裁判所が勝手に言ってるだけのこと。検察は、控訴においても起訴と同じストライクゾーンで投げていいんだ」というものでした。

その主張がとんでもないのは、彼らが言っていることは「有罪になる可能性がないとしても、自分たちが控訴したければしてもいい」ということだからです。先進諸国においては、「二重の危険」として認められていない検察官控訴がこの国では認められています。それだけでもおかしいのに、検察は裁判所の判断など気にすることなく好き勝手していいという主張は、全くもって言語道断の暴論だと感じます。

さすがにこの国(検察)の主張には国賠審一審の裁判官もあわてたようで、裁判は長期化し、そして異例中の異例とも言える、現職検察官の証人尋問も行われました(注2)。

国賠審は、長期化すればするほど原告の個人には有利になります。なぜなら、裁判官の人事考査は処理件数に基づくため、国を勝たせるならさっさとすればいいものを、時間が掛かり過ぎることは裁判官の訴訟指揮に問題ありと内部で判断されるからです。

国賠審の一審は実に3年半に及び、先に述べた異例中の異例の現職検察官の証人尋問もあり、代理人チームと私は勝利を確信して、判決に臨みました。しかし結局、最後の最後で裁判官は日和って、国を勝たせたというのが一審の展開でした。

こうなると、控訴審は全く期待できません。そして予想通りの一回結審、そして敗訴という結果でした。

控訴審の判決文を読むと、結論ありきの全くセンスがないことにあきれるほどです。控訴審において、我々は争点を控訴違法一点に絞ったのですが(一審では、国税局のリーク違法、告発違法、検察の起訴違法、控訴違法の4点が争点)、それは先に述べた国(検察)の主張が最高裁判例を骨抜きにする狡知に長けた暴論だと認識したためです。

「裁判官よ、国(検察)の主張は最高裁判例などクソ食らえというものですよ。それでも国を勝たせるのですか?」

という我々の強いメッセージを、三下り半で却下したのが控訴審判決でした。

しかもそれは、控訴が違法ではなかったという論拠が、証拠の評価の問題であるという、刑事裁判が事後審であることを無視するかのような論じ方でした。

以下、判決を抜粋します。

「しかしながら、刑訴法上、検察官からの控訴を制限する規定はなく、証拠の証明力が裁判官の自由な判断に委ねられているため、控訴審における証拠の信用性の評価や総合判断も第1審におけるそれらの評価や判断と同一になるとは限らないことに照らすと、より適正な刑事裁判の実現のために検察官が行使する控訴の権限が制限されるべきものではなく」

「控訴人(引用者注:=私)のほ脱の故意ないし株式報酬が源泉徴収されていないとの認識があったことを推認させる間接事実や控訴人の弁解に沿う間接事実の評価や総合判断について、控訴審において、本件1審判決とは異なる評価や総合判断をし、その結果、控訴人のほ脱の故意を認める可能性がおよそなかったということはできず、本件控訴につき、本件1審の判断を覆し有罪判決を得る見込みがあるとの控訴申立検察官の判断に明らかに合理性がないということはできない」

「全く刑事裁判の控訴審が事後審であることを理解してないやんけ!続審ちっくに、新たな証拠の評価による実質審理を認めとるやんけ!」という、素人目にも全くセンスのない判決文でした。

ただ、刑事訴訟法上の問題が争点になっているのに、そこに勘どころのない民事系裁判官が国賠審では裁判官となっているという制度上の問題は当事者となって気付かされました。今まで発症例のない心臓疾患の診断を、皮膚科や眼科の医者に聞いているようなものです。それで正しい判決を期待しろという方が、そもそも無理なのかもしれません。

しかし、最高裁判例を無下にする主張を裁判官が認めるとはとどういうこっちゃという思いもあります。刑事司法は、検察官の言いなりになっている「検察司法」であると揶揄されることが少なくありませんが、このような状況だと、裁判官はさぞかし検察官になめられるだろうなあと思わざるを得ない判決でした。

今の気分は、映画『真昼の暗黒』(注3)で主人公がエンディングで叫んだ「まだ最高裁があるんだ!」というものです。判決後の代理人チームとのミーティングでも、日本の刑事司法の将来のためにも、上告すべき事案であるという意思確認をしました。

私の国賠審を奇貨として焼け太りを狙う検察の奸計を許さないためにも、引き続きご注目頂き、ご支援のほどよろしくお願いします。

国賠審敗訴

(注1)
ここをクリック→ #検察なう (318) 「「チョコレート缶事件」と論理則・経験則違背」

(注2)
ここをクリック→ #検察なう (559) 「第19回口頭弁論報告~変わらぬ検察、変わりつつある裁判所」

(注3)
ここをクリック→ フィルム・レビュー 『真昼の暗黒』

『真昼の暗黒』は、冤罪事件の「八海(やかい)事件」を扱った作品。単独犯の殺人犯が、捜査権力の複数犯という見込みに迎合して、自分を従犯に、そして無実の者を主犯としてでっちあげた、典型的な「ひっぱり込み」による冤罪事件。この映画は、主犯とされた冤罪被害者が一審、控訴審ともに死刑判決を受けた後に作成された。そして事件の公判は、最高裁差し戻し、高裁差し戻し審で無罪、検察官上告、最高裁差し戻し、高裁差し戻し審で死刑判決、被告人上告、最高裁が自判し無罪確定という、「死刑→死刑→無罪→死刑→無罪」という異例の展開を経た前代未聞の事件。

9/13/2018










ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/09/13 Thu. 22:55 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (571) 「私の国賠審を報じる二つの記事」 3/18/2018 

#検察なう (571) 「私の国賠審を報じる二つの記事」 3/18/2018

私の国賠審を報じる記事が、『納税通信』(ウィークリーのオーナー社長向け財務・税務専門新聞)に掲載されました。記事の最後に引用された田中周紀氏のコメントにご注目下さい。
納税通信
田中周紀氏
「『判決に不満があれば、なんでも自由に上訴できる』という、裁判のルールを無視した検察の姿勢を改めさせるような大きな判決文を書くことは、1審の裁判所にはやはり無理。上訴することで、目的を達成できる可能性は出てくるだろう」


もう一つの記事は、江川紹子氏寄稿によるものです。是非ご一読下さい。
ここをクリック→ Yahoo!ニュース「無罪確定でも賠償ゼロ!~検察の控訴違法を訴える国賠訴訟の戦い」


こちらは私のブログ。
ここをクリック→ #検察なう (568) 「国賠審一審敗訴、訴訟指揮と判決文の異様な齟齬に裁判所の迷走を読む」

3/18/2018














ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/03/18 Sun. 08:43 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (568) 「国賠審一審敗訴、訴訟指揮と判決文の異様な齟齬に裁判所の迷走を読む」 3/13/2018 

#検察なう (568) 「国賠審一審敗訴、訴訟指揮と判決文の異様な齟齬に裁判所の迷走を読む」 3/13/2018

「主文、原告の請求をいずれも棄却する」

思わず天を仰ぎました。「やはり、国賠審のハードルは高かったか」

国賠審で個人が勝つということは、役人である裁判官が、同じ役人の不法行為を認定し、税金を原資に個人にお金を払うことを意味します。私は、刑事裁判で有罪がディフォルトだとは思っていませんが(しかし、裁判官にとって無罪を書くことは相当大変)、国賠審では、残念ながら原告(=個人)敗訴はディフォルトになっています。

しかし、その判決を聞いても、若干の違和感がありました。

そしてその違和感が何であるかは、判決文を読んで理解しました。判決文が、被告(=国)の主張丸写しかつ相当にショボい(と言って言葉が悪ければ「相当投げやりな」)ものだったからです。

「そりゃ、国の主張を認めるんだから、国の主張丸写しで当然なんじゃないの」という声が聞こえそうですが、私の違和感は、訴訟指揮との異様な齟齬にあります。私の国賠審は、2014年7月に始まり、ここまで3年8ヶ月がかかっています。その審理の途中では現職検察官の証人尋問という異例中の異例なことが行われています(注1)。

先に述べたように、国賠審では原告敗訴がディフォルトですが、被告の主張丸写しで門前払いにするのであれば、審理の期間はせいぜい半年でいいはずです。

裁判官の人事考査は、裁判の処理件数によってなされます。つまり、てきぱきと滞りなく数多くの裁判件数をこなすことが優秀であるとされるのが、彼ら内部のものさしです(勿論、上級審でその判決がひっくり返されないということは重要ですが)。迅速な審理を心掛けるはずの裁判官が、3年8ヶ月もかけて、この結果というのは本来であれば、彼らの組織内では「訴訟指揮に問題あり」とされるはずです。

しかも、判決文には素人の私が読んでも分かる法律論的な誤りが散見されます。

例えば、「本件控訴の違法性の有無について」という今回の国賠審で最も重要な争点に関して、判決文を引用します。

「刑事訴訟法上、特に検察官からの控訴を制限する規定がなく、また、証拠の証明力が裁判官の自由な判断に委ねられているため、控訴審における証拠の信用性の評価や総合判断も第1審におけるそれらの評価や判断と同一になるとは限らないことに照らすと、より適正な刑事裁判の実現のために検察官が行使する控訴の権限が制限されるべきものではない」

刑事裁判は、「事後審」と呼ばれ、控訴審での審理の対象は、あくまで一審の判決そのものです。つまり、もう一度証拠を評価し新たな事実認定をするものではありません。しかし、判決文では「控訴審における証拠の信用性の評価や総合判断も第1審におけるそれらの評価や判断と同一になるとは限らない」と、新たな事実認定を前提にした書きぶりです。

また、もう一文引用します。

「刑事裁判における控訴審は原則としていわゆる事後審であり、第1審と同じ立場で事件そのものを審理するのではなく、当事者の訴訟活動を基礎に形成された第1審判決を対象とし、これに事後的な審査を加えるべきものであるから、新たな証拠の提出を当然の前提としているものではなく、検察官が第1審で提出した証拠について控訴審の評価や判断を求めることを制限する根拠は見いだせない」

控訴審においては「新たな証拠の提出を当然の前提としているものでは」ないというのは、明らかに刑事裁判の判例に基づく実務とはかけ離れています。だからこそ、私の刑事裁判控訴審では、検察官請求の新証拠を全て採用せず、一回結審となり、検察官控訴は棄却されたものです(注2)。

この判決文のショボさは、被告の主張のショボさそのものなのですが、どうしてこんなことが起こったかを想像するに、裁判所はこの判決に至るまで、相当迷走したことが伺われます。つまり、原告側主張に相当傾いていたが、最後の最後にやはり諦めざるをえなかったという内情があったと思われます。

イレギュラーな事象である国を負かすには、相当に「いい判決文」を書く必要があります。それをなんとか努力したけれど、最後は力及ばずというところでしょう。ディフォルトの事象である個人を負かすのに「いい判決文」は必要ないということです。

つまり「試合に勝って、勝負に負けた」というのが私の国賠審一審ですが、残念ながら結果が全てというのが裁判の世界です。

しかし、裁判後の代理人チームとのミーティングでは、彼らは既に次の目標=逆転勝訴に向けて意気を高めていました。

「先生、次は厳しいですよね」と言う私に、彼らは口をそろえて「いやいや、これで終わりにしていいはずがないじゃないですか」と彼らの方がむしろやる気満々で、私は勇気づけられました。

私の国賠審は、刑事司法の逆進を阻止するという大義のために行っている部分があります。是非、↓の過去ブログをお読み頂ければ幸いです。

ここをクリック→ #検察なう (534) 「私の国賠審は、国民全体の利益のためにあると考えています」

ご理解、今後のご支援をよろしくお願いします。

IMG_6337.jpg

敗訴後、裁判所を後にする刑事裁判一審からの盟友小松先生とのツーショット。

(注1)
ここをクリック→ #検察なう (559) 「第19回口頭弁論報告~変わらぬ検察、変わりつつある裁判所」

(注2)
ここをクリック→ #検察なう (347) 「控訴審初公判報告~検察官控訴で門前払いの一回結審」

3/13/2018









ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/03/13 Tue. 10:29 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

#検察なう (563) 「国賠審結審しました。注目の判決は3月12日!」 1/22/2018 

#検察なう (563) 「国賠審結審しました。注目の判決は3月12日!」 1/22/2018

霞ヶ関駅に降り立つと、新田渉世氏(東日本ボクシング協会が設立した「袴田巌再審支援委員会」実行委員長)が街宣している姿が目に入りました。輪島功一氏や、袴田巌氏の姉秀子さん、映画監督の金聖雄氏(『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』 『袴田巖 夢の間の世の中』)の姿もありました。

DSC07097.jpg

FREE HAKAMADA!!


DSC07101.jpg

私の国賠審は、本日、20回目の口頭弁論が行われました。そして原告(=私)と被告(=国)の最終準備書面が提出され、2014年7月に始まった私の国賠審は結審を迎えました。。最終的にこれまで、原告側からは計24通、被告側からは計10通が提出されました。我々原告側の手数は被告の倍以上となりました。これは被告の主張にはきっちりと弾劾の準備書面を提出してきたためであり、量・質ともに被告側の主張を圧倒してきたと思っています。

原告側主張の集大成である第23準備書面を添付します。是非、ご一読頂ければと思います。

ここをクリック→ 原告第23準備書面

私は、クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件の捜査に関して、時系列順に、国税局のリーク違法、告発違法、検察の起訴違法、控訴違法を主張しています。

特に、今後国民全てに重要となる可能性があるのは、控訴違法に関してです。それは検察の代理人である国の訟務検事の主張がとんでもないものだからです。

かいつまんで言えば、刑事裁判の控訴審において、有罪のストライクゾーンは、一審のストライクゾーンより狭くするという最高裁判例(2012.2.13「チョコレート缶事件」判例)があります。しかし私の国賠審で、国は「それはあくまで裁判所の判断の基準であって、検察は自分たちが怪しいと思えば控訴してもいい。それは起訴の基準と同じでいい」と主張しています。ストライクにならないと分かっていながらボール球を投げることをよしとすれば、社会的に非常に大きなストレスを被告人は不必要に負うことになります。国賠審では圧倒的に有利な国側の立場を利用して、足かせになっている最高裁判例を骨抜きにしようとする検察の姦計です。刑事司法を逆進させないためにも、私は負けるわけにはいかないと思っています。

注目の判決は3月12日(13時10分から東京地裁611号法廷)。是非ご注目頂き、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

DSC07102.jpg

裁判所を出ると雪が積もっていました。

1/22/2018












ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/01/22 Mon. 19:37 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

#検察なう (562) 「第19回口頭弁論 法廷マンガ by 高杉ナツメ」 1/13/2017 

#検察なう (562) 「第19回口頭弁論 法廷マンガ by 高杉ナツメ」 1/13/2017

昨年9月に行われた第19回口頭弁論の模様を伝える法廷マンガが届きました。私の刑事裁判一審で公判を担当した検察官の尋問が行われました。現役検察官が被告人側証人として法廷に立つのは極めて異例のケースでした。全25コマの大作ゆえ時間がかかった模様。その力作を是非ご覧になってください。

ちなみに第19回口頭弁論の報告はこちら。
ここをクリック→ #検察なう (559) 「第19回口頭弁論報告~変わらぬ検察、変わりつつある裁判所」


20170911_001_01.jpg

20170911_001_02.jpg

20170911_001_03.jpg

20170911_001_04.jpg

20170911_001_05.jpg

20170911_002_01.jpg

20170911_002_02.jpg

20170911_002_03.jpg

20170911_002_04.jpg

20170911_002_05.jpg

20170911_003_01.jpg

20170911_003_02.jpg

20170911_003_03.jpg

20170911_003_04.jpg

20170911_003_05.jpg

20170911_004_01.jpg

20170911_004_02.jpg

20170911_004_03.jpg

20170911_004_04.jpg

20170911_004_05.jpg

20170911_005_01.jpg

20170911_005_02.jpg

20170911_005_03a.jpg

20170911_005_04.jpg

20170911_005_05.jpg


1/13/2017





ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/01/13 Sat. 18:07 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top