「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ブック・レビュー 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。』 森達也著 

ブック・レビュー 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。』 森達也著

死刑

裁判員裁判制度における裁判員になる可能性がある以上、誰しもが人の命を奪う可能性がある。命を粗末にしたくないと考えれば、死刑制度についてはよほど慎重に日頃から考察する必要があろう。

私は「死刑制度について存置派か廃止派か」という尋ね方は正しくないと思っている。死刑制度に対する姿勢を問う正しい尋ね方は「冤罪で罪を犯していない人を殺してしまうことと引き換えにしてでも死刑制度を維持する必要があると考えるか」であるべきだ。しかも、今日の刑事司法の状況が冤罪の「可能性がある」などと生易しいものでないことは、冤罪被害者の当事者である私は身をもって感じている。

死刑囚はいつも大体100人程度であるが(100人を越えると「在庫整理」のように立て続けに死刑が執行されるのが傾向として顕著である)、今日現在の死刑囚でも、私が冤罪死刑囚と考える人の名前は3人挙げられる。そして私がその100件内外の死刑事件の全てに精通しているわけではない。それだけ冤罪で死刑になる人は多いのである。つまり、冤罪で人が死刑になっていることは可能性論ではなく厳然たる事実である。

それでは私は死刑制度廃止派かと言うと、実はそうではない。制度としてはむしろあった方がいいのではと考えている。しかし、今日の刑事司法のシステムでは、構造的に冤罪が生み出され、とてもではないが、死刑制度をまともに論じることはできないというのが私の考えるところである。冤罪を生み出さないシステム構築までは、一切の死刑執行を停止すべきである。つまり、私の死刑制度に対する姿勢は「制度存置、執行停止派」である。

しかし、死刑の執行を停止すべきということに関しては、全くの揺るぎもないが、制度として存置すべきかどうかに関しては、常に逡巡しているのが正直なところである。そのため、何とかその逡巡の霧を晴らしてくれはしまいかと、死刑制度に関する書を渉猟するのだが、依然、深い森の中に踏み込むばかりという気分である。

この森達也氏の『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいと思う』を読んだのも、死刑制度に対する世の中の風潮を一変させたオウム事件のドキュメンタリーを撮り続けた映画監督であれば、何らか方向性を示唆してくれるのではないかという期待感があったからである。しかし読み終えて、ほっとした自分があった。死刑に関して深く洞察したであろう森氏も、逡巡の中にあり、論理的な結論に至ることを自ら放棄していることを知ったからである。

森氏は廃止派であるが、結局のところ、その理由は情緒である以外のものを見つけられなかったことをこの書で吐露している。

「仕事柄おおぜいの悪人と言われる人たちと僕は会ってきた。短気な人はいる。思慮が浅い人もいる。他人の痛みを想像することが下手な人はいる。自己中心的な人もいる。粗野な人はいる。失敗を他者になすりつける人もいる。

でも生きる価値がない人などいない。生きる価値がないと思えるような人はひとりもいない。死んで当然の命などない。どんなに汚れようと、歪んでいようと、殺されて当然の命などない。僕は彼に会った。そして救いたいと思った。そこに理由はない。今現在の確定死刑囚の数は109人(2007年11月28日現在)。この109人すべてにもしも会ったとしたら、きっと僕は全員を救いたいと思うだろう。そしてきっとそれは僕だけじゃない。目の前にいる人がもしも死にかけているのなら、人はその人を救いたいと思う。あるいは思う前に身体が動くはずだ。その気持ちが湧いてこない理由は、今は目の前にいないからだ。知らないからだ。でも知れば、話せば、誰だってそうなる。それは本能であり摂理である。

ぼくらはそういうふうに生れついている。」

最終章に書かれたこの文章が結論といえば結論(但し、森氏も死刑制度是非の論議には終着駅はないことを自覚している)であり、タイトルの意味である。

死刑廃止派の「そもそも人が他人(たとえそれが殺人犯であっても)の命を奪うことは許されない」とする主張は、私個人には相当の説得力を持っている。しかし、毎日のように地球上のどこかで民族紛争や宗教紛争で人が人を殺している現状があり、それに対して全くプロテストしないで、死刑制度に対してだけそうした論理を持ち出すのも自分で納得がいかない部分がある。

逆に死刑存置派の被害者感情論=国家による仇討論は、全く心に響かない。単純に「ある人が誰かを殺せというだけで、その誰かを殺していいのか」と感じるからである。「ある人」が殺人事件被害者遺族であり、「誰か」が殺人犯であったとしても。

「それなら、自分の愛する人が殺されても、死刑にしたいと思わないのか」という問いに対しても、そうした経験はないため、「そう思いたくないと考えるだろう」と想像するのみである。

自分が死刑制度に関して考える時のスタンスは、加害者の人権や被害者の人権も一旦は置いて、当事者以外の絶対多数である社会の成員の利益はどこにあるかということを前提にしたいというものである。

当事者以外の我々の利益とは、「殺人のような凶悪犯罪がなくなる」ことに尽きる。そのために我々が考えることは、死刑制度はそのメリットに供することができるのか、という命題である。そして私はまだその答えを見出せずにいる。

死刑制度に関して、日本は先進国の中では突出して存置派が多いとされる。それは死刑制度について語ることがタブーであり、世の中の少なからずの人が深く考えていないからということはあるであろう。そしてその存置派の多くの理由は、この書に引用された本村洋氏(光市母子殺害事件の被害者遺族)の手紙の次の一文に端的に表されているであろう。

「犯罪被害者が声高に死刑を求めている」からではなく、「社会全体が漠然と不安である」から死刑は廃止できないのだと思います。

死刑がなくなることは「何となく不安だ」と感じることが存置派の本音ではないだろうか。そしてその不安を煽っているのが、法務・検察官僚と、彼らの意向を忖度して被害者感情を常に大きく報道するメディアであることは論を待たない。なぜ法務・検察官僚がそこまで死刑制度存続にこだわるのか、そして、それならばそれを利用して刑事司法改革のバーターの材料として使えないであろうかと想像を巡らせるのである。

ここをクリック→ ブクレコ『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。』










好評発売中!!

ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー


表紙1

こちらもどうぞ。

有名人

ここをクリック→ Amazon 『税金官僚に痛めつけられた有名人たち』






ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: ブック・レビュー

2014/08/10 Sun. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ブック・レビュー 『無罪請負人』 弘中惇一郎著 

ブック・レビュー 『無罪請負人』 弘中惇一郎著

muzaiukeoinin.jpg

刑事弁護のエース中のエース、弘中惇一郎氏初の単独著書。タイトルはダイレクトに氏のニックネームから来ている。小沢一郎氏の弁護や薬害エイズ事件、三浦和義ロス疑惑事件、それに郵便不正事件といった著名事件の弁護人を務め、表題のニックネームを得ることになった弘中氏が刑事弁護について語った書。

この書で彼の目指すところは、その序章で宣言されている。
「社会のゆがみはいかにして事件として世に噴出するかのか。あるいは事件は時の権力にどう利用されてきたか。社会が変わっても警察・検察組織の体質が変わらないのはなぜか。それらをできる限り掘り下げて、一つひとつの問題点に光を当てていけば、刑事事件が抱える問題のいくつかに対する打開策のヒントが見つかるかもしれない。これからそれを一緒に考えていきたい。」

「無罪請負人」と呼ばれることに関して強い抵抗を感じてきたと弘中氏は述べている。
「すべての事件で無罪を目標にできるわけではない。執行猶予をとることや、できるだけ量刑を軽くすることが目標の事件はたくさんある。ケースによっては、結果よりも、被告人として主張したいことを十分主張させることがまず大事なこともある。何が何でも無罪獲得というものではない。」
とはいえ、やはり刑事弁護をする者にとって、「無罪請負人」というのは最大級の賛辞であろう。

私がこの書の中で一番心に響いたのが、郵便不正事件について書かれた章の次の部分であった。

「刑事事件に巻き込まれるという事態は、ひとつの不運である。

不運にどう対処できるか。検察と対峙して取調べにきちんと対応すること、無実を信じて支援してくれる仲間がいること、囚われの身となっても家族や職場がそのまま保たれていること―それができない人間は非常に弱い存在となる。

その意味で刑事事件では、当人がそれまで送ってきた全人生、人間性のすべてが試される。」

まさにその通りであり、その真の意味は経験した者にしか分からないかもしれない(更に言えば、復職の道が確保されている公務員というのはうらやましい限りだと感じたことも正直なところである)。

私のような刑事被告人経験者でない一般の方に一番読んでもらいたい章が、薬害エイズ事件とロス疑惑事件を扱った「メディアとの攻防」という章である。

私はこれまで、日本の司法制度は三審制ではなく、その前に検察起訴前取調べという「予備審」があると思っていた。それがいわゆる第一審として機能するがゆえ、異常なほど高い不起訴率と刑事裁判の有罪率が説明できると考えていた。

ところが、日本においてはメディアが有罪を決定するということもあるということがまざまざと描かれているのがこの章である。即ち、メディアが犯罪者というレッテルを貼ることにより、起訴すらされていない被疑者であっても、世の中の認識は「有罪判決を受けた犯罪者」と同等となりうるということである。

刑事弁護をする場合には、不完全な刑事司法のシステムは如何ともし難く、しかしそれに不平不満を言うよりは、何とかその中でもベストを尽くすという刑事弁護人としての弘中氏の心意気が全編から強く伝わった。そして彼が、自分が完全にコントロールできないそして暴走する検察組織や「絶望の裁判所」以上に怖れているのが、メディアの肥大化ではないだろうか。

刑事司法に関心を持つ人には勿論、メディアの在り方に興味を持つ人には是非読んでほしいと思ったのがこの書を読んだ感想であった。

ここをクリック→ ブクレコ 『無罪請負人』







好評発売中!!

ここをクリック→ Amazon カスタマーレビュー


表紙1






ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: ブック・レビュー

2014/07/27 Sun. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ブック・レビュー 『反省させると犯罪者になります』 岡本茂樹著 

ブック・レビュー 『反省させると犯罪者になります』 岡本茂樹著

反省させると

「反省させると犯罪者になります」…なんとも挑戦的なタイトルである。

まえがきから人を驚かせる。

「悪いことをした人を反省させると、その人はやがて犯罪者になります。自分自身が悪いことをして反省しても、同じ結果です。つまり犯罪者になります。」

著者の論旨はいきなり明らかにされる。「悪いことをする」→「『すみません』と言って反省する」→「終了」というパターンが問題だと。

「言いたいことは、このパターンを続けているかぎり、自分の家系のいずれかの世代で、誰かが重大な犯罪を起こす可能性があるということです。したがって、誰かがどこかの時点で、「悪いことをしたら反省させる」という育て方を止めなければならないのです。」

まえがきを読んで納得する人はそうそういないであろう。私もその一人であった。ところが、本文を読み進めるに従って、著者の主張は俄然説得力を帯びてくる。

まず著者の導入が確信犯的であるのだが、著者も反省そのものがいけないと言っているわけではない。むしろ犯した罪をあがなうには反省は勿論必要なのだが、「反省を強いること」はむしろ本物の反省から遠ざけることにしかならないというのである。

やり玉に挙げられているのが「反省文」。いくら反省文を書かせても、うまく外面を取り繕う技術だけを養うだけで、本質的な反省からはむしろ離れていくとする。上辺だけの反省は内心を見つめ直す機会を逸することになるからである。

典型的な「よくできた反省文」を掲げ、何が問題かを指摘しており、作者の主張は非常に明快である。

例えば、酒井法子氏の記者会見の言葉を引用している。
「このたびは、一社会人として、人として、決して手を出してはいけない薬物というものに、自分の弱さ故に負け、そして今、このように世間の皆さまを騒がし、多くの皆さまにご迷惑をかけました……………まずは自分の罪を悔い改め、二度とこのような事件に手を染めることのない、そういった誓いを一生の約束として、固く心に誓います………….取り返しのつかないことをしてしまった自分の弱さを戒め、反省をし、もう一度生まれ変わった気持ちで、心を入れ替え、日々、努力していきたいと思っております」

この反省のコメントのどこに問題があるか、是非本書を読んで理解してほしい。

また、犯罪があった場合、犯人に反省を求める際、被害者のことを考えよともよく言われることであろう。「被害者のことに思い至れば、自分の罪の深さに気付かないわけはない」という発想であるが、これも間違っていると著者は指摘する。そして被害者のことを考える前に自分のことを考えよと主張する。自己理解なくして他者理解はないとするものである。

そうしたプロセスを経ずに反省をさせることで、自分の不満や不安や様々な行為の引き金になった感情に蓋をして、内に閉じ込めてしまうことになる。結局それは上辺だけの反省につながり、本当の反省からはむしろ遠ざかるものである。

著者は大学社会学部教授でありながら、刑務所の篤志面接委員も務めている。この本は受刑者の更生を主眼に書かれたものであるが、勿論、その主張するところは教育の現場や、親子のしつけにおいても十二分に活用できるものであり、するべきものである。それを意識した説明も著者は忘れていない(最終章の表題は「我が子と自分を犯罪者にしないため」)。

面白くかつためになる本であることは請け負ってもいい。

ここをクリック→ ブクレコ『反省させると犯罪者になります』












好評発売中!!

ここをクリック→ Amazon カスタマーレビュー


表紙1






ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: ブック・レビュー

2014/07/20 Sun. 09:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ブック・レビュー 『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』 青木理著 

ブック・レビュー 『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』 青木理著

ダウンロード (1)

『誘蛾灯』―実に魅力的なタイトルである。そして内容もタイトルに負けず劣らず妖しい魅力にあふれていた。

青木氏の新刊(2013年11月発売)が鳥取連続不審死事件を扱っていることは知っていたが、ワイドショー的な事件の印象から、全く食指を動かされることはなかった。それがこの本を手に取るきっかけになったのは、首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告人がブログでこの本のことに触れていたからである。首都圏連続不審死事件も全く興味はなかったため、事件のことはほとんど知らないが、未決勾留囚がブログを書いたということに興味を覚え、そのブログを読み、ブログを書くきっかけになった木嶋被告人が嫉妬したという本を読んでみる気になったものである。

勿論、実在のしかも公判が現在進行形の事件を扱っているだけに、その事件の内容がどうかということはあるのだが、とにかく読ませるのは、青木氏自身が事件周辺の状況に次第に吸い寄せられていくようにはまり込んでいくさまに、読んでいる自分も同じく引き込まれるからである。「なぜ場末のスナックの容姿に劣った肥満の5人の子持ちホステスに、家庭も仕事もある男性がなぜ次々と生活全てを投げ出して取り込まれていくのか」という疑問の答えを探しているうちに、その事件の背景にある鳥取の経済格差や貧困ビジネスといった深淵を覗きこんで更に迷宮に迷い込んでいく。

上田被告人が勤めていたスナックはママが70歳になる肥満女性、チーママも60歳を越える肥満女性で、青木氏はこのスナックに取材といいながら数十回も通っている。彼女らが嬌声を上げて青木氏と飲み、カラオケに興じるシーンが何度も出てくる。青木氏も、上田被告人にではないが、事件の周辺の状況に誘われて取り込まれた一人であるのだろう。

事件の公判は、控訴審が終わったばかりで、一審死刑判決が控訴審でも維持され、上田被告人は即日上告している。しかし、事件の状況は実に不可解であり、何ら事実の解明が行われていないのではないかという印象を受ける。上田被告人の周りでは6人が不審死しているが、検察に起訴されている強盗殺人容疑の被害者とされているのはそのうち2人。残りの4人は自殺ないし事故死となっている。殺人の直接証拠が全くなく、有力な証拠とされたのは、上田被告人と逮捕当時同棲しており共に詐欺を行っていた男性の証言。公判に関する青木氏の率直な感想として次のように書かれている。

脆弱な間接証拠を積み上げた砂上の楼閣の如き検察側の立証活動も相当にお粗末な代物だったが、美由紀の弁護団による活動も相当にレベルの低いものだった。「検察もヘボなら、弁護側もヘボ」。

つまり、真相は全く明らかにされないまま、上田被告人は死刑判決を受けている。そして本書は、一審死刑判決を受けた後の上田被告人と面会したシーンで結ばれている。

青木 「あなたが二件の強盗殺人の犯人かどうかは、いまも分からないと私は思っています」
上田 「はい」
青木 「それでも警察や検察の言う通り、仮にあなたが犯人だとするなら、~さん(同棲相手)がまったく無関係だとは思えません。しかし、逆に、あなたの弁護団が主張した通り、もし~さんが「真犯人」だとしても、今度はあなたがまったく無関係とも思えなくなる」
上田 「それは当たり前の考えです」
青木 「当たり前ですか?」
上田 「だから、そこを私が今後お話ししていくので、そこで判断してくださいっていうことなんです。判決は分かんない。私の主張は、してないからしてないって、それは変わってないです。二審でも変わらない。分かって頂けますか?」
分からない。はっきり言って、まったく分からなかった。事件の真相も、美由紀が言っていることも、美由紀の心の奥に潜んでいるはずの本当の感情も。しかし、明確に分かったこともあった。この期に及んでも美由紀は、まだウソを吐き出し続けている。しかも、すぐに分かるような薄っぺらい大ウソを、平然と。
(中略)
警察だって、検察だって、~(同棲相手)だって、全員が明らかにウソをついている。肝心の裁判も、そのウソにうすうす気づきながら、正面から疑義を突きつけることなく、丸呑みしてしまった。誰もが事実から眼を背けたままウソを積み重ね、偽りだらけの塔を築き上げて欺瞞と保身の殻に閉じこもっている。それでも刑事司法の手続きは粛々と進行し、美由紀のみに冷酷な死の刑罰が突きつけられ、結論が覆ることは今後もおそらくない。

このまま真相は闇の中なのであろうか。青木氏には続編を期待したい魅力ある一冊だった。

ここをクリック→ ブクレコ『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』


















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: ブック・レビュー

2014/03/30 Sun. 01:09 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

ブック・レビュー 『名張毒ブドウ酒殺人事件ー六人目の犠牲者』 江川紹子著 

ブック・レビュー 『名張毒ブドウ酒殺人事件―六人目の犠牲者』 江川紹子著 

名張毒ブドウ酒殺人事件―六人目の犠牲者

江川紹子氏による『名張毒ブドウ酒殺人事件』を再読。この間、映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の公開もあり、色々な資料を目にする機会もあって、自分の事件に関する理解も深まっていたはずだが、やはり再読すると新たな発見もあった。

公判の流れを俯瞰すると、裁判官が奥西勝氏を有罪とする判決が依拠しているものには二つあることが改めて理解できた。それは自白と村人たちの供述である。物的証拠はないに等しく、王冠や農薬の科学鑑定はただ単に有罪立証を補強するためだけに用いられている。

自白を重要視し過ぎることが冤罪を生むことは、この事件だけではなく数多くの冤罪事件で明らかにされている。しかも、拷問まがいの取調べが過去の遺物となった現代でも、虚偽自白が取調べにおいて生まれている厳然とした事実は、もはや自白には全く証拠としての証明力がないとしてもいいのではないだろうか。

今回読み返して以前読んだときにはそれ程記憶に残らなかったのだが、奥西氏が最初に自白した理由があまりにも単純で驚いた。彼は、家の配電線に細工をして盗電をすることで電気代をごまかしていたのだが、取調べ翌日あたりと思われた電気会社の検針前にその細工を外したいがため、どうしても家に帰りたかったというのがその理由であった。盗電を隠すために殺人の自白をするというのは、虚偽自白にありがちな実行犯ではないがゆえの現実感の欠如であるが、その後の彼の運命を考えるとあまりにも悲しすぎる。

そしてこの事件の特殊性は、もう一つの有罪の根拠となっている村人たちの供述を巡る事情である。非常にナイーブな事柄だが、やはり「なぜ彼らが事件直後の供述を自ら進んで捜査当局のストーリーに合わせて変遷させたか」ということの解明なくして、この事件の全容は理解されないだろう。江川氏のこの書は、村人たちを指弾することを避ける最大限の配慮が払われながら、この論点の重要性をあぶり出した良書であると感じた。

そして単行本あとがきの末尾の日付を見て改めて暗澹とした。あとがきは1994年1月に書かれていたが、それから20年、司法が奥西氏にしたことは彼を更に絶望の淵に突き落とすだけだった。

文庫本化は2005年4月の再審開始決定を機になされている。そのため最終章は「40年後の再審決定」と題され、再審開始に喜ぶ弁護団の姿が描かれている。映画『約束』でも弁護団長の鈴木泉弁護士が男泣きするシーンである。文庫本本編は次の一文で締めくくられている。

「名古屋城の桜はまだ開花してないけれど、奥西さんと弁護団は春爛漫という気持ちです」

彼らの夢と希望を情け容赦なく打ち砕くことがなぜ許されているのだろうか。

死刑囚にとって法律的には、収監そのものは刑罰ではなく、刑罰は絞首刑のみである。そのため、彼らは刑務所ではなく未決囚と共に拘置所に留め置かれている。奥西氏は、1969年9月の控訴審逆転死刑判決以来、45年もの間、死刑の恐怖に怯えながら塀の中に自由を奪われ、死刑囚であるがゆえに外界との交渉が極端に制限されて閉じ込められている。これが刑罰でなくてなんであろうか。

死刑囚を彼らの命の火が消えるまで恐怖の中に幽閉することは、現代日本において法律的には正しいのかもしれないが、人道的には明らかに間違っている。それを看過することで、我々は人としての道を踏み外していないだろうか。

奥西氏の時間は限られている。そして、もしそのタイムリミットが非情にも訪れたとしても、我々はこの司法の犯罪を忘れるべきではない。

FREE OKUNISHI!!

ここをクリック→ ブクレコ『名張毒ブドウ酒殺人事件―六人目の犠牲者』

















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: ブック・レビュー

2014/02/16 Sun. 17:47 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top