「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

12« 2016 / 01 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『最愛の子』 『マルガリータで乾杯を!』 

フィルム・レビュー 『最愛の子』 『マルガリータで乾杯を!』

最愛の子

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『最愛の子』 (2014) ピーター・チャン監督

Margarita,_with_a_Straw_-_poster

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『マルガリータで乾杯を!』 (2014) ショナリ・ボース/ニレーシュ・マニヤル監督





category: フィルム・レビュー

2016/01/31 Sun. 22:27 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (529) 「鹿児島強姦事件で逆転無罪判決が確定~捜査権力により作られる冤罪の実相」 1/28/2016 

#検察なう (529) 「鹿児島強姦事件で逆転無罪判決が確定~捜査権力により作られる冤罪の実相」 1/28/2016

性的犯罪事案で、一審有罪が控訴審で逆転無罪となるケースは本当に稀有です。平成24年2月13日の最高裁判例(注1)以降、そもそも控訴審で一審判決が逆転することが抑制的になっている上に、性的犯罪事案の場合、どうしても被害者女性に肩入れするケースが多いからです。

2012年10月に起こった事件に関し、14年2月の一審判決は懲役4年の実刑、それが今月12日の控訴審判決で逆転無罪となり、26日の上告期限に福岡高検が上告を断念して無罪が確定したものです。

事件の概要は以下の通り。

鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に暴行したとして強姦罪に問われた当時23歳の男性の控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部(岡田信裁判長)は12日、懲役4年の実刑判決とした一審鹿児島地裁判決(14年2月)を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

控訴審で新たに行われたDNA型鑑定で、女性の体内に残された精液から被告人とは別人の型が検出されたことが判明。高裁宮崎支部は昨年3月に被告を保釈しており、判決が注目されていた。

被告人は12年10月7日午前2時過ぎ、鹿児島市内の繁華街で女性に声をかけ、近くの路地に連れ込んで暴行したとして、逮捕・起訴された。

捜査段階から一貫して「酒に酔っていて記憶がない」と無罪を主張して、弁護側も「『暴行された』とする女性の証言に信用性がない」と訴えていた。

最大の焦点は、女性の体内に残された精液のDNA型鑑定の結果だった。

捜査段階で行われた鹿児島県警の鑑定は「精液は確認されたが抽出されたDNAが微量で型の鑑定はできなかった」との結果で、一審判決はこれを事実上、被告人の精液と位置づけて有罪判決を導いた。

ところが、控訴審で行われた日本大学の押田茂實名誉教授(法医学)による再鑑定では、「簡単に」(押田名誉教授)DNAが抽出され、被告人と異なる第三者の型と判明。しかも、女性が当日はいていたショートパンツから検出された第三者の型とも一致した。

これを受け、高裁宮崎支部は昨年3月、被告人を保釈した。弁護側はこの再鑑定を踏まえ「一審の誤りは明らかだ」と主張。

さらに(1)女性の証言通りなら、アスファルトの上で服を脱がせて暴行したことになるが、女性はけがを全くしておらず常識的に考えて不可能(2)被告人は酩酊状態で「自転車に乗りながら女性の腕をつかみ、強引に約200メートル離れた現場まで連れて行った」とする女性の証言も不自然などと訴えていた。

控訴審では、検察側も新たに別の大学教授にDNA型鑑定を依頼し、「被告の関与を裏付ける結果が出た」として証拠採用を求めたが、高裁宮崎支部が退けた。

さらに、捜査段階の鑑定を担当した県警技術職員が数値などを書き留めたメモを廃棄したことが明らかになっている。

検察側は女性の胸の唾液のような付着物から被告人のDNA型が検出されていることから「女性の証言に信用性はある」と反論していた。

事件を解説したテレビ報道の動画はこちらです。

ここをクリック→ 辛抱さんが解説 これはひどい!「強姦罪 逆転無罪 DNA再鑑定で別人」記憶がない人を警察が犯人に仕立て上げる 朝刊早読みニュース

有罪ありきの捜査権力の違法捜査を断罪した高裁裁判体の判示は賞賛に値するものだと思いますが、これが高裁裁判体も一審裁判体のように、捜査権力の判断を追認するだけの「木偶の坊」であったとしたら(そしてその可能性は決して低くない)、実に恐ろしいことです。

この事件の最大の問題点は、科学鑑定の危険性にあります。

女性の乳房に唾液、膣内に精液の存在が確認され、その唾液(想像するに相当少量)から被告人のDNA型を検出できた科捜研(科学捜査研究所)が、膣内の精液からは「抽出したDNAが微量であったため型が判定できない」と主張するのはそもそも不合理です。そして、鑑定できていたことを検察も知っていたことは、控訴審で検察が再鑑定を実施し、その鑑定結果を証拠調請求した(裁判所は採用せず)事実からも明らかです。

それを、捜査機関の証拠捏造とせず、「鑑定技術が未熟」としたのは、裁判所の捜査権力に対する最大限の配慮だったと感じます。

防御権の観点から、科学鑑定は無罪立証には積極的に活用されるべきものですが(アメリカのイノセンス・プロジェクト=DNA型鑑定によって冤罪証明を行う非営利活動機関の例を挙げるまでもなく)、有罪立証には抑制的であるべきだと考えます。

そして科学鑑定は、再鑑定を担保しなければ、有罪立証に用いることはできないという法的なしばりが必要だとも考えます。

「DNA型鑑定をした結果、被告人の型が検出された。ちなみに資料は全量消費して、再鑑定はできない」とされてしまったら、弁護のしようがないからです。

DNA型鑑定は、ファジーな事実認定と異なり、裁判官にはシロクロはっきりとした証拠として受けがよいように感じますが、今回のケースのように、捜査権力の恣意的な活用によって、逆手に取ることもできるということは肝に銘じておくべきだと思います。

捜査権力もこの武器を最大限利用するために、現在は大学研究所に外部委託しているDNA型鑑定を今後は科捜研で独占的にする方向であることが報じられていますが(2014年11月6日朝日新聞、注2)、とんでもないことだと思います。

科学鑑定は、公平な立場の第三者が行うべきであり、有罪立証の証拠作りとしてされるものでないのは言うまでもないことです。

この事件に関する江川紹子氏の論稿も合わせてお読み下さい。
ここをクリック→ [鹿児島・強姦事件、逆転無罪] またも繰り返された冤罪 裁判所・捜査当局の「罪」

(注1)
ここをクリック→ #検察なう (318) 「「チョコレート缶事件」と論理則・経験則違背」

(注2)
ここをクリック→ 「「詭弁なんだが」 DNA検査の委託中止へ 警察庁「経費減」、独占懸念も」

1/28/2016












ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 冤罪事件に関して

2016/01/28 Thu. 10:07 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 

フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

force awakens

ここをクリック→ 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (2015) J・J・エイブラムス監督




category: フィルム・レビュー

2016/01/24 Sun. 08:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (528) 「田中周紀氏著文庫本『国税記者の事件簿』発売!」 1/21/2016 

#検察なう (528) 「田中周紀氏著文庫本『国税記者の事件簿』発売!」 1/21/2016

私の巻き込まれた「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」を最初に世に知らしめたのは、当時テレ朝の国税担当記者であった田中周紀氏による日刊ゲンダイに5日間連載の「実録 マルサの事件簿」でした。

ここをクリック→ 日刊ゲンダイ連載「実録 マルサの事件簿」 

私の事件を含め、20を越える脱税事件を扱った「実録 マルサの事件簿」を単行本化したのが、『国税記者 実録マルサの世界』です。

国税記者

ここをクリック→ Amazon『国税記者 実録マルサの世界』

初版が上梓されたのは2011年12月21日ですから、タイミングとしては丁度私が起訴された時(12月7日)に重なります。私の件を扱った章は、初版時には特捜部の取調べまで。増刷時に起訴されたことが加筆されました。

その単行本が文庫化され、本日(2016年1月21日)発売されます。

国税記者の事件簿

ここをクリック→ Amazon『国税記者の事件簿』

私のことを扱った章は、単行本では30ページでしたが、文庫本では56ページに拡大しています。そして元々の内容も、大幅に書き換えられています。

文庫本では公判の結果もカバーしているため、章のタイトルは「無罪―外資系証券元部長の孤独な闘い」となっています。

その第7章の導入です。

「スイスの親会社のFS(ファントム・ストック)やSO(ストック・オプション)を付与された約300人の社員と元社員のうちの約100人が、所得税を源泉徴収されていないことに気づかず無申告だったという「クレディ・スイス証券集団申告漏れ」を取り上げる。東京国税局査察部が見せしめのためにただ一人告発した元部長の八田隆(46)は一貫して脱税の意図を否認。5年を越える孤独な戦いの結果、脱税史上初の歴史的な無罪判決を勝ち取った。私自身も告発の直後から深く関わった、この事件の経緯を詳しく記す。」

このイントロダクション通り、告発直後からの何度もの取材を元にした事件の顛末が、詳細に記載されています。特に、私とのやり取りは非常に「ライブ」な感じです。

その章の結びは次の通りです。

「東京国税局査察部の強制捜査から判決まで5年1ヵ月を費やしたこの事件。八田は14年5月16日、検察庁と国税庁を相手取り、5億円の損害賠償の訴えを東京地裁に起こした。請求金を勝ち取った暁には、刑事訴訟対策の基金を設立するという。最強タッグを相手にした戦いは、攻守を入れ替えて今も続いている。」

この章に先立つ第2章は、「「マネーの警察」国税当局の正体」と題し、国税局の実態をつぶさに記述しています。そこでは、私の無罪判決以降、国税局査察部が委縮して小口事案ばかりを手掛けていることが記されています。引用された査察部OBの言葉です。

「冷静に考えれば告発を途中で思いとどまれたはずの八田氏の事案を、無理やり告発まで持って行ったのは、明らかに査察部と特捜部の勇み足だった。しかし、このケースはあくまでも例外的。事業規模がショボい業種にしか目を向けず、巨悪に挑まないようでは、国税当局に対する国民の期待に応えることはできない」

続けて田中氏はこう記します。

「関係者によると特捜部は15年夏以降、ようやく“八田ショック”から抜け出してやる気を見せていると言われる。査察部も一日も早く、かつての勢いを取り戻してほしいものだ。」

これを受けて、あとがきでもこう記されています。

「「沈黙の艦隊」と呼ばれる国税当局。記者という職業を生業とするものにとっては最も難関かつ最も魅力的な取材対象だ。「はじめに」でも記したように、危機的な財政難に直面する財務省=国税庁の徴税権力は、マイナンバー制度や出国税など新たな武器を手にして徴税力のさらなる強化に本腰を入れている。マルサも第七章で取り上げた“八田ショック”から脱して、海外のPB(プライベートバンク)に巨額の「たまり」を隠している業者の摘発などに力を入れてもらいたいものだ。」

私は自分の身に降りかかった火の粉を払っただけですが、徴税権力は自分の首を自分で締めたようなものです。その結果、脱税という我々国民全ての不利益になるような行為が見逃されているようでは、全くもって理不尽極まりないと言えます。こうした結果が、彼らの奢りから生まれたという自覚を持って、公僕としての職務を全うしてほしいと思うのは、私だけではないと思います。

是非、田中氏著の『国税記者の事件簿』を手に取って、徴税権力の行動を監視すべく理解を深めて頂ければと思います。

1/21/2016














ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2016/01/21 Thu. 01:16 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『クリード チャンプを継ぐ男』 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』 

フィルム・レビュー 『クリード チャンプを継ぐ男』 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

creed-finalposter1.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『クリード チャンプを継ぐ男』 (2015) ライアン・クーグラー監督

asama.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』 (2008) 若松孝二監督




category: フィルム・レビュー

2016/01/18 Mon. 13:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (527)「「前科者差別が再犯率を上げている」 by 堀江貴文氏」 1/14/2016 

#検察なう (527)「「前科者差別が再犯率を上げている」 by 堀江貴文氏」 1/14/2016

先日のHORIEMON.COMの記事のタイトルは「私が前科者差別と徹底的に闘う理由」。前科者に対する社会の目の厳しさが再犯率上昇につながっており、彼らに対する寛容さがより良い社会を実現すると主張しています。

ここをクリック→ HORIEMON.COM「私が前科者差別と徹底的に闘う理由」

前科とは、広義には、有罪判決を受けた事実を指します。検察庁の作成・管理している前科調書には、実刑及び執行猶予付き判決だけではなく、罰金刑も記録されているため、それら軽微な罪も広義の前科になります。

例えば、車のスピード違反の場合、一般道で30km/h、高速道路で40km/h以上の速度超過で、「6か月以下の懲役または10万円以下の罰金」の道路交通法違反となり、罰金刑で終わったとしても前科となります。

前科が付くと、法律上・行政上の権利・資格制限など、様々な不利益を受けることになります。

こうしたオフィシャルな「差別」以外に、人の認識もあります。一般に「前科者」のイメージは、懲役刑・禁固刑の執行を受けて出所した者を指すものと思われます。それらの人を、いかに罪を償ったとしても「悪い人」と烙印を押して見下すという差別は、世の中に厳然として存在しているものです。

その是非を考えるにはまず、罰はなぜ科されるのかという「罰の存在意義」を考えることが一助になると感じます。

「罪を犯した者は罰せられるべきだ」

それを、疑問をはさむ余地のない命題と受け取る人もいると思います。そうした人に「なぜ」と問うても、「自然の摂理だから」くらいのリアクションしか返ってこないかもしれません。

私は、利己的に捉えて、自分にとって何がベネフィットであるかを考えると多くの場合、すっきりと答えが導き出せるように感じます。

「犯罪者をどう対処することが自分にとってベネフィシャルか」と考えるということです。

私は、人権活動家でもなければ、それほど慈愛の心が大きいわけでもないので、極論すれば、犯罪者がどうなろうとも自分には関係がないと考えますし、また被害者や被害者家族をかわいそうだとは思っても、だからといって積極的に救いの手を差し伸べようとも思いません。

犯罪に対しては、やはり、自分や自分の家族、愛する人が、同種の犯罪の犠牲者、被害者にならないことを望むものです。

もし、犯罪者を罰することがその抑止になるのであれば、(また冤罪の可能性がもしゼロであれば、そしてそれは自分の経験上、大きな「if」ではあるのですが)、厳罰化はやむなしと考えると思います。

しかし、死刑囚を除けば、彼らは必ず社会に帰還します。もし彼らを罰することで、彼らが再犯する可能性が高くなる、即ち罰することがむしろ犯罪を生み出すとしたらどうでしょうか。

ある類型の犯罪、ある類型の犯罪者にはそうした傾向が認められ、彼らを収監するよりは、より実効的に犯罪の抑止となる方策があるのではないか、というのが堀江氏の主張だと私は理解します。

前科者を差別することで、彼らを生きにくくするということが、自分に対してベネフィットがあるのかどうか。是非皆さんも考えて下さい。

先日、堀江氏の講演に参加した模様がこちらです。

ここをクリック→ #検察なう (520) 「堀江貴文氏講演~ホリエモンがモノ申す~「これでいいのか刑事司法」」

1/14/2016











ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事事件一般

2016/01/14 Thu. 11:19 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』   

フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

EPIII_RotS_poster.png

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』 (2005) ジョージ・ルーカス監督

episode4.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 (1977) ジョージ・ルーカス監督

Star-wars-empire-strikes-back-poster.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 (1980)アーヴィン・カーシュナー監督

ReturnOfTheJediPoster1983.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』 (1983) リチャード・マーカンド監督

category: フィルム・レビュー

2016/01/11 Mon. 01:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (526) 「大崎事件の真相に迫る (5) ~ 関係者供述の信用性」 1/7/2016 

#検察なう (526) 「大崎事件の真相に迫る (5) ~ 関係者供述の信用性」 1/7/2016

大崎事件の冤罪被害者原口アヤ子さんは、逮捕以来、一貫して自らの無実を訴え続けました。しかし、確定判決に至るまで、彼女の訴えを裁判所が聞かないということにはある事情がありました。

それは殺害の共犯者とされた中村善三氏、喜作氏及び死体遺棄に関与した善則氏が彼らの公判では自らの罪を認めかつアヤ子さんが主導したことを供述し、彼らを裁いた同じ裁判体がアヤ子さんを審理したためです。「他人を罪に陥れる」供述は、本来その信用性が問われる性格のものですが、彼らの供述には同時に「自分の罪を認める自白」という特殊性がありました。彼らは、自分たちの公判では、その自白を翻さなかったものの、分離して審理されたアヤ子さんの公判では、自白・供述は虚偽であったと述べています。

この事件には物的証拠らしい物的証拠は全く存在せず、確定判決では、殺害及び死体遺棄の共犯者とされた3人の供述のみによりアヤ子さんの有罪の事実認定が行われています。しかし、彼ら3人は知的障害者でした。喜作氏は収容時「精神薄弱者及びこれに準じて処遇する必要のある者」に分類され、善則氏は受刑中の分類調査表に「IQ=64」とされています。

刑事事件の判例では、知的障害者の自白や目撃証言は慎重に扱われます。

ここをクリック→ 知的障害者の証言能力をめぐる判例の傾向

大崎事件においても、第一次再審請求審で、3人の供述の信用性は再評価して否定され、一旦は再審開始が決定されました。しかし、彼らの供述の信用性は、即時抗告審における棄却決定でも、やはり大きく揺らいだものの、犯行の前後にアヤ子さんと喜作氏の会話を聞いたとする喜作氏の妻であるちり氏(「ちり」とは変わった名前ですが、今で言うキラキラネームの走りかもしれません)の供述によってその信用性が増強され、肯定されました。

そのちり氏の供述は、確定判決時には、ほとんど問題とされなかったものですが、3人の供述の信用性が問題となった時に突然浮上してきたものです。

彼女が警察の取調べで語ったところは次の通りです。

「私が小便をするために外に出たところ、ちょうどかま屋の前の庭のところに主人とアヤ子さんが立っていましたので、私も側へ行ったところ、アヤ子さんが主人に「邦夫をうっころすので加勢しやんせ」と言いました。主人は「うん」と言いましたが、その話を聞いても、私は止めることができませんでした。アヤ子さんに逆らったらどんな目に会うかわからなかったからです」

これは典型的な伝聞証拠であり、証拠能力が否定されるべきものです。更に重要なのは、ちり氏には既に逮捕されていた彼女の夫の罪を軽くすべく、アヤ子さんが主犯であり、彼女の主導で夫は犯罪に巻き込まれたと証言するインセンティブがあったという点です。この点に関しての裁判所の判断は、「自分の夫が殺害に関与したという不利な証言ゆえ信用に足る」というものでした。「物は言いよう」です。

第二次再審請求棄却に際し、突如浮上したちり氏の供述の信用性を問うべく(注1)、第三次再審請求では、新証拠としてちり氏の供述の心理学鑑定が提出されています。

親族の殺害というとんでもない状況下の会話でありながら、躊躇なく何らの異議も唱えず、また同意するにしても、その具体的な内容に一切踏み込まない二人の言葉を聞いたとする供述は虚構である(心理学的に言えば「相互行為調整局面での著しく不自然なコミュニケーション不全が認められる」)とするものです。ちり氏が二人の言葉を聞いた後、それを自分の夫に問い質すことなく当たり前のように就寝したと供述していることからも、彼女の供述はあまりに不合理と言えます。

極めて信用性の疑わしい共犯者及び関係者の供述のみにより有罪とされたアヤ子さんの再審開始決定が、現在継続中の第三次再審請求で認められることは正義であると強く感じます。是非、ご注目下さい。

(注1)
ちり氏の証言に関して、元判事の森炎氏は、彼の著書『教養としての冤罪論』の中で一定の重要性を認めていました。

ここをクリック→ #検察なう (522) 「大崎事件の真相に迫る (1) ~ 大崎事件の概要」

参考文献
鹿児島大学『法学論集』「再審の現在―大崎事件第三次再審請求で問われるもの―」中島宏
法学セミナー2012年3月号「大崎事件―つづら折りの事件史あるいは奮闘記」鴨志田祐美
法学セミナー2014年12月号「大崎事件第2次再審請求から見た刑事司法の課題」鴨志田祐美
『叫び 冤罪・大崎事件の真実』 入江秀子

1/7/2016















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 大崎事件

2016/01/07 Thu. 06:59 [edit]   TB: 0 | CM: 5

go page top

フィルム・レビュー 『恋人たち』 『FOUJITA』 『完全なるチェックメイト』 『ベン・ハー』 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』 

フィルム・レビュー 『恋人たち』 『FOUJITA』 『完全なるチェックメイト』 『ベン・ハー』 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

恋人たち

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『恋人たち』 (2015) 橋口亮輔監督

foujita.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『FOUJITA』 (2015) 小栗康平監督

pawn sacrifice

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『完全なるチェックメイト』 (2014) エドワード・ズウィック監督

ben-hur.jpg

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『ベン・ハー』 (1959) ウィリアム・ワイラー監督

star wars phantom menace

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』 (1999) ジョージ・ルーカス監督

attack of clones

ここをクリック→ フィルム・レビュー 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』 (2002) ジョージ・ルーカス監督

category: フィルム・レビュー

2016/01/03 Sun. 18:05 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top