FC2ブログ

「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

12« 2018 / 01 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (564) 「国循サザン事件の真相 当事者が語るミニセミナー by 桑田成規氏(←被告人本人)」 1/26/2018  

#検察なう (564) 「国循サザン事件の真相 当事者が語るミニセミナー by 桑田成規氏(←被告人本人)」 1/26/2018

「郵便不正事件」で一敗地に塗れた大阪特捜が、その次に手掛けた独自捜査の事案が「国循サザン事件」です。一審の判決を3月16日に控え(私の国賠審判決が同じ週の3月12日という運命的なものを感じます)、来る2月21日(水)、「国循サザン事件の真相」と題してセミナーを開催します。

プレゼンターはなんと被告人本人の桑田成規氏。大阪から上京し、1時間みっちり事件について語ります。僭越ながら、私が司会進行&つっこみ役を務めます。詳細は下に添付のフライヤーをご参照下さい。

会場は、私の刑事裁判から国賠審まで担当している小松正和弁護士の事務所のミーティングルームをお借りします。場合によっては、立ち見となることもご了承下さい。当日は、小松先生とのツーショット写真も可能かも。ご希望の方はお申し付け下さい。

seminar chirashi

当日は限られた時間で、内容の濃いものにしたいと思っていますので、事前にYoutubeにアップされている「国循官製談合事件の解説」をご覧になることを強くお勧めします。

ここをクリック→ Youtube 「国循官製談合事件の解説」

お問い合わせは、「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」のDMで。よろしくお願い致します。

1/26/2018









ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。
スポンサーサイト



category: 国循サザン事件

2018/01/26 Fri. 20:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (563) 「国賠審結審しました。注目の判決は3月12日!」 1/22/2018 

#検察なう (563) 「国賠審結審しました。注目の判決は3月12日!」 1/22/2018

霞ヶ関駅に降り立つと、新田渉世氏(東日本ボクシング協会が設立した「袴田巌再審支援委員会」実行委員長)が街宣している姿が目に入りました。輪島功一氏や、袴田巌氏の姉秀子さん、映画監督の金聖雄氏(『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』 『袴田巖 夢の間の世の中』)の姿もありました。

DSC07097.jpg

FREE HAKAMADA!!


DSC07101.jpg

私の国賠審は、本日、20回目の口頭弁論が行われました。そして原告(=私)と被告(=国)の最終準備書面が提出され、2014年7月に始まった私の国賠審は結審を迎えました。。最終的にこれまで、原告側からは計24通、被告側からは計10通が提出されました。我々原告側の手数は被告の倍以上となりました。これは被告の主張にはきっちりと弾劾の準備書面を提出してきたためであり、量・質ともに被告側の主張を圧倒してきたと思っています。

原告側主張の集大成である第23準備書面を添付します。是非、ご一読頂ければと思います。

ここをクリック→ 原告第23準備書面

私は、クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件の捜査に関して、時系列順に、国税局のリーク違法、告発違法、検察の起訴違法、控訴違法を主張しています。

特に、今後国民全てに重要となる可能性があるのは、控訴違法に関してです。それは検察の代理人である国の訟務検事の主張がとんでもないものだからです。

かいつまんで言えば、刑事裁判の控訴審において、有罪のストライクゾーンは、一審のストライクゾーンより狭くするという最高裁判例(2012.2.13「チョコレート缶事件」判例)があります。しかし私の国賠審で、国は「それはあくまで裁判所の判断の基準であって、検察は自分たちが怪しいと思えば控訴してもいい。それは起訴の基準と同じでいい」と主張しています。ストライクにならないと分かっていながらボール球を投げることをよしとすれば、社会的に非常に大きなストレスを被告人は不必要に負うことになります。国賠審では圧倒的に有利な国側の立場を利用して、足かせになっている最高裁判例を骨抜きにしようとする検察の姦計です。刑事司法を逆進させないためにも、私は負けるわけにはいかないと思っています。

注目の判決は3月12日(13時10分から東京地裁611号法廷)。是非ご注目頂き、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

DSC07102.jpg

裁判所を出ると雪が積もっていました。

1/22/2018












ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/01/22 Mon. 19:37 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

#検察なう (562) 「第19回口頭弁論 法廷マンガ by 高杉ナツメ」 1/13/2017 

#検察なう (562) 「第19回口頭弁論 法廷マンガ by 高杉ナツメ」 1/13/2017

昨年9月に行われた第19回口頭弁論の模様を伝える法廷マンガが届きました。私の刑事裁判一審で公判を担当した検察官の尋問が行われました。現役検察官が被告人側証人として法廷に立つのは極めて異例のケースでした。全25コマの大作ゆえ時間がかかった模様。その力作を是非ご覧になってください。

ちなみに第19回口頭弁論の報告はこちら。
ここをクリック→ #検察なう (559) 「第19回口頭弁論報告~変わらぬ検察、変わりつつある裁判所」


20170911_001_01.jpg

20170911_001_02.jpg

20170911_001_03.jpg

20170911_001_04.jpg

20170911_001_05.jpg

20170911_002_01.jpg

20170911_002_02.jpg

20170911_002_03.jpg

20170911_002_04.jpg

20170911_002_05.jpg

20170911_003_01.jpg

20170911_003_02.jpg

20170911_003_03.jpg

20170911_003_04.jpg

20170911_003_05.jpg

20170911_004_01.jpg

20170911_004_02.jpg

20170911_004_03.jpg

20170911_004_04.jpg

20170911_004_05.jpg

20170911_005_01.jpg

20170911_005_02.jpg

20170911_005_03a.jpg

20170911_005_04.jpg

20170911_005_05.jpg


1/13/2017





ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2018/01/13 Sat. 18:07 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top