「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (544) 「取調べ可視化の再々々・・考 ~何のための取調べ可視化なのか」 6/27/2016 

#検察なう (544) 「取調べ可視化の再々々・・考 ~何のための取調べ可視化なのか」 6/27/2016

取調べの可視化に関しては、これまで何度も書いてきているのですが、今一度ご一緒に考えて頂ければと思います。

まず、取調べ可視化の目的は何かと問われれば、多くの方が「適正な取調べを担保するため」と答えると思います。

「自白を取れば一丁上がり」という在り方そのものを変えない以上(自白の証拠力の減殺や客観証拠重視の取調べ手法に限定)、根本的な解決にはならないと感じますが、対症療法的に取調べの可視化にも一定の効果は期待できると考えられています。

それでは、「録画の際、カメラはどのように設置され何を映すべき?」という問いにはどのように答えるでしょうか。私も自問自答するまで、どのような画像が収録されるべきかを明確に意識することはありませんでした。

それを意識したのは、「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」の管理人の一人にも参画して頂いている市川寛氏の「被疑者取調可視化の再考」と題するブログがきっかけでした。

ここをクリック→ 市川寛氏ブログ「被疑者取調可視化の再考」

「現在行われており、そして今後も行われるであろう取調の録音・録画では、取り調べる側と被疑者の両方が撮影されている。これは当然なのだろうか。」

「ひどい取調かどうかを後にチェックするために、被疑者の様子を記録する必要はないと思っている。なぜなら取調は取り調べる側の「質問」から始まるもので、その質問が違法・不当であれば、これに対して被疑者が何を言ったかを考慮する必要はない。」

取調べ可視化の本来の目的を考えれば、必ずしも被疑者の供述の様子を録音・録画する必要はないということは、それまで想像もしていなかったことであり、至極尤もだと思われます。

市川氏の意識の中には、今市市で起こった栃木小1女児殺害事件があったと想像します。その事件の裁判員裁判では、取調べの録画が証拠とされましたが、それは勝又被告が自白に転じたまさにその時の様子を録画したものではなく(最初の自白は別件逮捕の警察の取調べでなされたため録画されておらず)、しかも検察取調べの約80時間の録画のうち7時間が検察により編集されたものでした。

勝又被告の供述の様子を映し出した取調べの録画がなければ、判決は難しかったと裁判員自ら認めていることが判決後に報道されています。このように被疑者供述の様子の録画が実質証拠として使われることは、その録画の内容にかかわらず本来おかしいということが理解できます。

取調べの録音・録画を被告人の有罪立証の実質証拠として使うことは、本来の取調べ可視化の精神にもとるものであり、謙抑的であるべきだということです。我々が裁判員になった場合には、それは肝に銘ずる必要があると思います。

先般の刑事訴訟法一部改正では、法務・検察官僚の肉を切らせて骨を断つかのような戦略が功を奏しましたが(おこぼれ程度の取調べ可視化とバーターに、捜査権力は密告型司法取引と盗聴法拡大をゲット)、これでは肉どころか皮すら切っていないとも言えるものです。狡知にたけるという点では、さすが検察。他の法曹関係者、識者の一枚も二枚も上を行っていると感じさせます。

6/27/2016

















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事司法改革への道

2016/06/27 Mon. 08:08 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1002-2ca1d26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top