「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (551) 「『日本大百科全書(ニッポニカ)』に冤罪問題掲載」 12/11/2016 

#検察なう (551) 「『日本大百科全書(ニッポニカ)』に冤罪問題掲載」 12/12/2016

かつてはどの家庭にもあった百科事典。私の家にも『ジャポニカ』(小学館、1967年)がありました。

『日本大百科全書(ニッポニカ)』は小学館を代表する百科事典。1984年から5年をかけて刊行されました。現在は、その電子版が随時増補され、小学館の関連会社が運営する知識活用支援サイト「ジャパンナレッジ」において、ニッポニカは「キラーコンテンツ」として現在もその中核的役割を果たしています。

nipponica.jpg

そのニッポニカ電子版の最新増補に、冤罪問題として「足利事件」と「氷見事件」が掲載されました。とかく関心の低い冤罪問題が、権威ある百科事典に掲載されたことは、画期的なことです。

この経緯は「#検察なう」コミュニティに編集者自らの投稿によって明らかにされています。実はこの編集者、私の高校時代の同級生です。

ここをクリック→ 「#検察なう」コミュニティ 吉田兼一氏投稿

今回取り上げられた冤罪二事件の原稿の寄稿は江川紹子氏によるものです。

ここをクリック→ 『日本大百科全書』「足利事件」

ここをクリック→ 『日本大百科全書』「氷見事件」

編集者の吉田兼一氏には、「#検察なう」コミュニティの管理者として参画してもらいました。今後もアップデートを期待しています。皆様も是非、ご注目下さい。

12/12/2016










ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 冤罪事件に関して

2016/12/12 Mon. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1029-796ab1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top