「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (552) 「シリーズ「刑事司法を考える」(全7巻)の第0巻『刑事司法への問い』刊行される~私も寄稿しています」 2/23/2017 

#検察なう (552) 「シリーズ「刑事司法を考える」(全7巻)の第0巻『刑事司法への問い』刊行される~私も寄稿しています」 2/23/2017

本日2月23日、岩波書店から、シリーズ「刑事司法を考える」の第0巻『刑事司法への問い』が刊行されました。

刑事司法への問い

ここをクリック→ Amazon 『刑事司法への問い』

「変革期にある刑事司法に大胆にメスを入れる」と銘打って刊行される、全7巻の刑事司法専門書です。

その第0巻は「冤罪被害者や犯罪被害者、法律家以外の刑事司法に関わる人たちの多様な声を広く集めて収録」とされています。そして、私も寄稿しています。題して「「勝率ゼロへの挑戦」から得たこと」。

しかもトップバッター。全7巻のオープニングを飾れるのは光栄の至りです。

DSC04901.jpg

原稿の依頼が来たのは昨年6月末のことでした。一番読書量の多かった高校時代から岩波のファンだった私はかなり舞い上がりました。以下、寄稿依頼に私が送った返信です。

「ご連絡ありがとうございます。

高校時代の愛読書が岩波国語辞典(第四版)であった者としては、ご依頼は光栄の極みです。

「被告人席に座らせられて」の中の一人ということで、イメージはできました。刑事司法のスペシャリストのほとんどの方はいかに専門的知識はあっても、被告人席に座った当事者ではないということで、彼らとは違った視点が望ましいということだと理解しました。

私が無罪判決を得た後も、ツイッターやフェイスブックで刑事司法に関する情報発信に努めているのも、刑事司法に関心の低い一般の方々(つまり、かつての私のような人々)の啓蒙と、インサイダーの方々(現時点の刑事司法の在り方が「当たり前」になっている人々)への初心を呼び戻す契機になればよいと思ってのこだわりです。その意味では、本企画の趣旨に合うものと得心しております。

拙著『勝率ゼロへの挑戦』をお読み頂ければお分かりかと思いますが、自分の持ち味は軽妙です。それを今回は、若干『世界』の雰囲気にアジャストして書いてみようと思っています。

よろしくお願いします。」

第0巻のそのほか著名寄稿者には、江川紹子氏、郷原信郎氏、八木啓代氏、前田恒彦氏、周防正行氏、落合洋司氏、市川寛氏らの名前が並んでいます。

DSC04902.jpg

冒頭、「刊行にあたって」と題して、このシリーズ全体の趣意文が掲載されています。その一部を少々長くなりますが、引用させて頂きます。

「確実に、そして予想を上回る勢いで、日本の刑事司法は変わりつつある。その変化は専門家ですら全体像を掴むことに困難を覚えるほどであり、従来の姿を前提に議論していては将来の予測を誤りかねないだろう。

とりわけ、これまでは専門家によって独占されていた刑事司法の議論の場が、多様なアクターの声を取り入れた政治的アリーナへと変貌を遂げており、刑事司法の運用面も安定しているとは言い難く、現実の制度は絶えず法改正の動きを内包している。加えて、法制審議会における議事が明らかにしているように、改革に携わっている専門家達においてそもそも改革の筋道や改革すべき実務的課題が共有されておらず、改革を望む市民との対話はすれ違いに終わっていて、改革の処方箋すらこの国では用意されていないという現状がある。

これほどのダイナミクスと混乱は、戦後の刑事司法においてかつてなかったと言ってよい。その内容についても、これまで学界や法曹界で論じられながら実現を見なかったものから、当時はまったく予想もされなかったものまで多様な事柄を含んでいる。捜査段階から公判段階、刑事司法に関係する様々なステージに広がっていて、その広がり故に、今起きている変化について刑事司法全般にわたって功罪を論ずるにはたいへんな時間を要することになるだろう。けれども、だからと言って今の時点でわれわれがなすべき務めを放棄することはできないはずだ。必要なのは、多岐にわたる刑事司法をめぐる改革論議の表層をなぞることではなく、それぞれの根底にある制度的・思想的課題に思いを寄せ、従来のアプローチの限界を見極めると同時に、国際的な動向は言うに及ばず、あるべき法制度を見通し将来の設計図にまで触れるような力強い議論をおこなうことであろう。」

誰しも裁判員になって人を裁くことが可能性としてある以上、刑事司法に無関心でいていいはずがありません。刑事司法を正しい方向へ導く責任は国民全てにあると考えるべきです。そしてまず知ること。是非、お手に取ってお読みいただければ幸いです。

2/23/2017















ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事司法改革への道

2017/02/23 Thu. 22:53 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1040-a93f597e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top