「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (558) 「明日の(9月11日)第19回口頭弁論にご注目下さい」 9/10/2017  

#検察なう (558) 「明日の(9月11日)第19回口頭弁論にご注目下さい」 9/10/2017

2014年7月に開始した私の国賠審(国家賠償請求訴訟)も、明日で第19回口頭弁論を迎えます。

口頭弁論と聞くと、原告・被告が法廷でお互いの主張を「口頭」で戦わせるイメージがありますが、実際はさにあらず。刑事裁判の公判とは大違いで、ほとんど事務手続きの確認(「準備書面」と呼ばれるお互いの主張を記した書面の受け取りの確認や次回期日の調整等)に終始します。

しかし、明日の第19回口頭弁論は、相当エキサイティングなものが予想されます。

私は、国(国税局、検察)の司法手続きが違法であったと主張しています。有り体に言えば、彼らは私の無実を知りながら(もう少しソフトに言えば、無罪になるべき蓋然性が相当に高いことを知りながら)告発し、起訴をし、控訴をしたと理解しています。外資系証券業界全体で数百人(私が在籍したクレディ・スイス証券だけでも約100人)という株式報酬の無申告を戒めるために、私ただ一人がスケープ・ゴート、「一罰百戒」の見せしめに選ばれたと理解しています。

無実でも有罪にできると思った理由は、いまだかつて国税局査察部が告発し、検察特捜部が起訴をした事案では、無罪判決が一件もなかったという歴史的事実にあります。つまり査察部が告発し、特捜部が起訴をすれば、裁判所は間違いなく有罪を出してくれるという彼らの奢りがあったものです。

そしてその邪まな企ては、諦めの悪い被告人と優秀な弁護人と真っ当な裁判官が惑星直列のように連なって、初めて撃破されました。史上初の無罪判決は2013年3月1日、それが確定したのは翌年2014年2月14日のことでした。

そして彼らの横暴を更に戒めるべく、私は、無謀と言われる国賠審に臨みました。「怪しかったから告発した、起訴した、控訴した。それで無罪になったんだからいいだろう」と言えば通ってしまうのが常識であり、国賠審で私が勝つためには、彼らの司法取引きが違法であったと裁判所に認めさせなければなりません。役人が国民の肩を持って、役人を糾弾する必要があるというわけです。

しかし、私は優秀な弁護士の代理人チームという強力な助っ人を得、ここまで善戦に善戦を重ね、ようやく明日、実質的な審理が法廷で行われます。3年かけてようやく実質審理に入るというのは、国賠審においては、いかに門前払いの個人敗訴、国勝訴というケースが多いかを物語っています。

そして明日の公判では、控訴違法の論点に関し、私の刑事裁判で公判検事を務めた現役の検察官が証人台に立ちます。これは前代未聞の出来事です。被告側主尋問30分、原告側反対尋問60分が予定されています。

明日の口頭弁論は、午後2時30分、東京地裁第611号法廷で開廷されます。是非、傍聴頂き、歴史が動く目撃者となって頂くようお願い申し上げます。

ここをクリック→ #検察なう (555) 「刑事司法の歴史が動く日、来る9月11日の私の国賠審口頭弁論にご注目下さい」

9/10/2017












ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国家賠償請求訴訟

2017/09/10 Sun. 20:30 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1066-a8cb2a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top