「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

経過報告 (2) 「NHKの取材」 6/19/2010 

経過報告 (2) 「NHKの取材」 6/19/2010

地検特捜部からは依然音沙汰なしです。

昨日NHKの取材を受けました。告発の報道に際し、私は報道メディアに報道内容に事実関係と異なる部分がある旨投稿したところ、唯一NHKが対応しました(記事の全文差し替え、インターネットからの当初報道ビデオ削除、テロップから私の個人名削除)。以来、NHKの検察・国税デスクのキャップと連絡を取り合っておりました。

現時点でNHKは私の主張の妥当性を認識しており、もし私が逮捕された場合、その報道に私の主張を盛り込むということで報道の公平性を保とうとしています。

私は単なるインタビューだと思い、ひげ面、私服で臨んだのですが、インタビューの内容はビデオ収録されました。NHKは、「かぎ括弧」付きの報道ではなく、生の声をメディアに載せたいとの希望でした。

ビデオ収録された内容は以下の通りです。

「今回の件では、故意ではなかったと主張されておられるようですが」

「はい、過少申告の事実は認めています。ただ、そこには犯意はなかった、故意ではなかったというのが私の主張です。賞与の一部を海外で株式としてもらっていたのですが、源泉徴収というシステムを過信していたがゆえに、会社からの給与に関する所得税は給与天引きだと信じていました」

「仮装・隠蔽に関してはどのように主張なさっておられるのですか」

「海外口座間の送金が仮装・隠蔽に当たると聞いて、私は言葉を失いました。その論理のあまりの幼稚さにです。そもそもなぜ本人名義間の送金が『分かりにくさ』を増やすというのでしょうか。また、送金は国税局の知らなかった口座から、国税局の知っていた口座に行っていますが、これが仮装・隠蔽に当たらないことは明らかだと思います。また、もし脱税する意図があるのであれば、国税局の知らない海外口座を、現金を持ち込むなどして開設し、そちらに送金するのではないでしょうか」

さすがにテレビカメラを前に緊張しましたが、NHK記者は「カメラを前にすると緊張で全く受け答えにならず、収録したものがつかえないケースもあるのですが、八田さんの場合は全く問題ありませんでした」と言っていました。突然の収録だったため、自分的には100%の出来ではなかったのですが、仕方ないところです。

6/19/2010


ぽちぽちっと、クリックお願いします





category: 支援者の方へ、支援者の方から

2011/09/24 Sat. 17:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/11-12df08f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top