「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

06« 2018 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (569) 「国循サザン事件で不当判決 高度先進医療への弊害を危惧する」 3/16/2018 

#検察なう (569) 「国循サザン事件で不当判決 高度先進医療への弊害を危惧する」 3/16/2018

IMG_3692.jpg

また冤罪被害者が司法によってつくられました。入札の公正を害する共謀をもって情報を渡したとされる、元国循元情報統括部長の桑田成規氏と、受け取ったとされるダンテック社の元社長の高橋徹氏です。

本日大阪地裁で下された判決では、西野吾一裁判長は検察の主張を丸飲みし、検察の主張する三つの公訴事実を全て認めました。そのいずれもが、根拠に乏しい、検察によって作られた事件の無理筋事実認定に基づくものです。

この事件は、郵便不正事件以来となる、大阪特捜による独自捜査事件です。検察としては是が非でも有罪にしたかったものです。検察に阿る裁判官による忖度が、その不当判決の背景にあったことは想像に難くありません。

判決後、記者会見を予定していなかった主任弁護人高見秀一弁護士の、ぶら下がり取材に応じる声が、廊下に響き渡りました。

「桑田さんはそんな人じゃない。彼は、もし阪大に残っていたら教授にまでなれたんだ。その出世の道を捨てて、医療システムが立ち遅れている国循に移籍して、一生懸命働いて、国循のためになることをした。言わば火中の栗を拾う功績をしたんだ。国循の人たちは皆、彼に感謝していることを私は知っている。なぜその彼が、こんな目に会わなきゃいけないんだ。」

「こんなひどい判決は記憶にない」という元裁判官の彼の怒りが、皆の心に伝わりました。

国循サザン事件は、刑事司法の大きな矛盾、裁判官が検察を信用し過ぎる「検察司法」と言われる問題が、如実に現れた事件です。

そして完全に誤った判決の影響は、桑田氏や高橋氏個人への影響に留まりません。日本の高度先進医療の発展を妨げることになるからです。

「入札は公正になされなければならない」。それは誰しもが認めるところです。しかし、国循サザン事件の公訴事実の一つである、入札に参加する業者に高い水準のハードルを課すことが公正を害するとされたのでは、技術レベルの低い安売り業者を利することになり、結局、医療の発展のためにならないという大局的な見方(と言うか、一般人の常識レベルの認識)が、裁判官という視野の狭い人種には理解できないように思えます。「安かろう悪かろう」が、ナショナルセンターの技術レベルであっていいはずがなく、結局、そのつけを払わされるのは、高度な医療を必要とする患者ということになります。

入札の参加業者に、履行能力に関するハードルを設けることは、確かに一部業者にとって不利になるものですが、そのハードルが正当なものである以上、高い水準を求める高度先進医療の分野においては、むしろあるべきハードルです。オリンピックの選手選考に、一般人レベルの運動能力を条件として「公正である」、それ以上の能力を求めることは「公正を害する」などとは誰も考えないでしょう。その程度の常識すらないのが裁判官です。

日本の将来のためにも、被告人の彼らにはここで踏ん張ってもらい、高見・我妻両弁護士の奮闘を大いに期待するものです。

IMG_3699.jpg

3/16/2018










ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国循サザン事件

2018/03/16 Fri. 16:16 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1100-18d9598e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top