「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

嘆願書 (4/146) 八田実 

嘆願書 (4/146) 八田実

犯罪の契機は、結局動機と人品に関わると思っています。その人品に関して、私の友人・知人に「あなたの知っている八田隆を文章にして下さい」と依頼しました。そして集まったのが146通の「嘆願書」です。検察特捜部に提出したものですが、それを実名公開します。

4通目の嘆願書は9つ下の弟のものです。

もし「人は更生するか」ということを聞かれたら、私は間違いなくYesと答えます。「更生」とは、反省・信仰などによって心持が根本的に変化すること、過去を清算し、生活態度を改めることをいいます。それは実例が身近にあるからです。

うちの弟は若い頃は(やつももう40前のおっさんになったんだなあ)、やんちゃな奴でした。全くささいなことで、殴り合いの大ゲンカになり、以来数年間交渉が途絶えたことがありました。彼の嘆願書は、その関係を修復に至った経緯を書いています。

今では、会社勤めを20年以上経験した私の目から見ても、とんでもなく真面目に働いています。嘆願書に書いているスーパーが倒産し、今は大手精肉卸業者に勤務していますが、相変わらず朝の早い生活です。

彼を見ていると、人の過去に囚われて色眼鏡で判断するということが、どれだけ間違っているかということを思い知らされます。そのことを教えてくれた弟に感謝しています。

今回の嘆願書の実名公開の際も、「お前の嘆願書読んで、お前になんか言ってくる奴おるかもしれんぞ」と言ったところ、「言いたいやつには言わしとけばいいげえて。そんなくだらんこと気にしとったかてしゃあないがいや」と言ってくれました。

早く嫁さんもらえよ。

<嘆願書>

どうか私の兄を助けて下さい。

私は兄にとって9歳下の弟です。現在私は、毎朝6時半にスーパーマーケット内の精肉部に出勤する毎日ですが、このような毎日を送るようになったのも、兄のおかげだと思っています。

私は、専門学校を中退後、昼間親の仕事を手伝いながら、夜、飲み屋でバイトしていました。そこで暴力団関係者と知り合いになり、こずかい稼ぎのつもりで、彼らの収入源の一つであるノミ行為を手伝うことになりました。今から10年前のことです。しかし、一緒にその仕事をしていた人間が金を持ち逃げしたため、私がその借金を背負うことになりました。借金は消費者金融から借りては返し、ギャンブルで埋め合わせ、少しは減らすことができましたが、にっちもさっちも行かなくなった時には1000万円の借金が残っていました。その半分は暴力団からの借金で、半分は消費者金融からの借金です。借りていた消費者金融も5社程度になっていました。私は途方に暮れ、救いの手を求めて兄に連絡しました。

私はささいなことで兄とけんかをし、それまで6年程の間一切交渉を絶っていました。実家にいた私は、兄が帰省する度、顔を合わせないようにしていました。その兄に電話した時、私は崖っぷちに立っていたと思います。金を無心する私に対し、兄は我慢強くその理由や経緯を聞いていました。

私としては、金さえ借りられればよかったのですが、兄が「今からすぐに帰るから、俺が自分で金を返す。そうでなければ金は貸さない」と言った時は驚きました。兄は仕事を休んで駆けつけて来ました。

暴力団員と直接の知り合いである世話役と待ち合わせをしたのは郊外の喫茶店でした。500万円を返すその場で、兄は震える声で「もう弟とは会わないと約束してほしい」と言いました。兄は顔を上げることもできないくらい怯えていましたが、非常に気丈だったと思います。暴力団員に「いいお兄さんじゃないか」と言われたことを覚えています。

兄は肩代わりした借金は「何年かかってもいいから」と言っていました。私はまじめに働いたお金で少しずつ、毎月1万か2万円ですけど返していきます。

本来兄は、何よりも間違った事が嫌いで、私が何かまちがいをすると、よく怒られ、それで喧嘩もしました。兄は新聞に書かれた様な犯罪をする人ではありません。もし、兄がやったとしたら、逃げずに自分から責任を取る人です。だから、今回の事を兄がしていないと言っている以上、それを信用しています。

どうかもう一度よく調べて下さい。お願いします。

八田実

<以上>
ここをクリック→八田実嘆願書


ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 嘆願書

2012/01/12 Thu. 03:06 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/111-fe5fc0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top