FC2ブログ

「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

11« 2018 / 12 »01
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (573) 「栃木小1女児殺害事件「無罪判決をめざす緊急集会」」 7/18/2018 

#検察なう (573) 「栃木小1女児殺害事件「無罪判決をめざす緊急集会」」 7/19/2018

一昨日、東京都文京区で行われた、えん罪今市事件・勝又拓哉さんを守る会、日本国民救援会主催の「無罪判決をめざす緊急集会」に参加しました。

栃木小1女児殺害事件では、勝又拓哉氏は、一審の裁判員裁判で無期懲役の判決を受け、来る8月3日に控訴審判決が下されます。

資料のパンフレット。

IMG_0313.jpg

弁護団報告として、今村核弁護士から「東京高裁の審理で明らかになった事実」の説明が1時間ありました。

IMG_0312.jpg

控訴審で注目されているのは、検察による訴因変更です。

一審有罪判決で認定された事実は、勝又氏が当時7歳の女児を、「2005年12月2日午前4時頃」「茨城県常陸大宮市三美字泉沢1727番65所在の山林西側山道」で殺害したというものです。その場所は、遺体が発見された場所であり、その時刻は遺体発見のしばらく前の時刻です。

訴因変更は、殺害時刻を「2005年12月1日午後2時38分から同月2日午前4時頃」、殺害場所を「栃木県か茨城県内とその周辺」とするものです。「2005年12月1日午後2時38分」とは女児が最後に目撃された時刻であり、その場所は、栃木県内の彼女の学校からの帰り道でした。つまり、検察の訴因変更は、「何でもあり」というものです。

そもそもこの事件では、客観的物証がないに等しく、勝又氏の自供の模様を録画したビデオが裁判員の心証を決定したということがあります。その自供内容により一審判決にある事実が特定されていたにもかかわらず、控訴審でのいきさつから、検察は自供の信用性を自ら否定する暴挙に出たという印象があります。

今村弁護士の説明では、控訴審で明らかになった事実の最も重要なものが「現場性の否定」と「殺害様態の矛盾」でした。

刺創から血液が1L以上体外に流出したことが検死で明らかになっていますが、現場には血だまりのようなものはありませんでした。しかし、広範囲にルミノール反応が見られたとする警察写真が発見現場での殺害の証拠となりました。過酸化水素を分解する物質がルミノール反応の触媒であり、血液はその一つですが、血液だけがその触媒ではありません。そして、弁護団の実験で、現場の枯れ葉がルミノール試薬に反応することが示されました。

また、10ヶ所の刺創は、全て刃の向きが垂直方向に対して横向きであり、全てが同じ角度で、(1ヶ所を除き)胸部を貫通せずに背部に傷をつけただけで止まっていました。自供では「女児を立たせて、左手で肩をつかみ、正面から右手で刺し、5回くらい刺したときに女児が崩れて膝立ちになった以降も刺し続けた」とされます。正対する相手に刃物を片手で刺す場合、通常、刃は縦向きであると思われます。また、直立の状態から膝立ちに崩れた後も、刺創の角度が変わっていないのは不自然です。そして刺創が貫通していないのは、女児の体の後ろに硬いものがあったことを物語っています。女児は横たわった状態で横向きに刺されたとする方が合理的です。しかも、傷口からの血痕は体の足の方に流れたものはなく、体の上方や左右に流れる血痕のみであったことからも、それは決定的だと考えられます。

今村弁護士の説明後、私は挙手して質問を二つしました。

一つ目の質問は、
「この事件の鑑定でもあったように、鑑定人が細心の注意を払っても付着するのがDNAだと思われますが、勝又さんの自白通りのわいせつ行為が行われても、なおかつDNAが付着しなかったことに関して、一審判決が科学的客観事実と矛盾するという主張はなさらないのですか」

二つ目の質問は、
「「日常とは異なる特異な経路の走行」の証拠とされているNシステムに関してですが、勝又さんが事件日の4日後に撮ったと証言している、朝日の写真の証拠請求はなされたと思いますが、不見当という回答だったのでしょうか」
でした。

それらに関して今村弁護士の返答は、少々意外なものでした。

まず一つ目の質問に関しては、
「再現実験ができない。同じような状況の実験は人道的にも無理であり、そうなると科学的な実証は難しい。そうした主張だけはしているが、主張だけしているということに留まっている」
というものでした。裁判官が、いかに常識外れであるかを物語るものだと思います。

そして二つ目の質問に関しては、
「朝日の写真は、自分のブログのプロフィール写真にするつもりで撮ったと言っている。その写真が見つかれば、事件が「飛ぶ」との期待が当初あった。画像、動画のコピーを証拠開示請求したが、膨大な量を物理的にコピーすることがそれほど容易ではないらしく、時間が経ってしまった。ようやく最近になってそのコピーの開示がされて、現在作業中である。しかし、どうもその画像は見つからなそうな印象である」
とのことでした。その口ぶりから、あまり期待していないようでした。もし写真が存在しないとなれば、事件日に朝日を撮りに行ったが撮れずに帰ってきて、4日後に撮り直しに行ったという勝又氏の証言が微妙になると思っているのかもしれません。

当日資料の中にあった、この日の集会の参加者に向けての勝又拓哉氏のメッセージです。

ここをクリック→ 「今市事件・無罪判決をめざす緊急集会へのメッセージ」 勝又拓哉

8月3日の控訴審判決には注目したいと思います。

事件の詳細に関しては、こちらをご覧下さい。
ここをクリック→ 冤罪ファイル その16 「栃木小1女児殺害事件」

7/19/2018









ここをクリック→ 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 経緯説明 2017


ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1

ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 冤罪事件に関して

2018/07/19 Thu. 21:03 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

この記事に対するコメント

遺体の傷口から検出された唾液のDNAが栃木県警幹部のと一致。
この警察官は遺体には関与しなかったという話。
身内の犯罪を隠蔽するための冤罪では。

masa #mQop/nM. | URL | 2018/08/04 Sat. 00:16 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/1118-ea62c7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top