「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

嘆願書 (8/146) 亀田冨子 

嘆願書 (8/146) 亀田冨子

犯罪の契機は、結局動機と人品に関わると思っています。その人品に関して、私の友人・知人に「あなたの知っている八田隆を文章にして下さい」と依頼しました。そして集まったのが146通の「嘆願書」です。検察特捜部に提出したものですが、それを本人の了承を得て実名公開します。

8通目の嘆願書は高校恩師からのものです。

彼女は私の高校3年間を通しての担任でした。ニックネームは亀ちゃん。亀ちゃんは女子の体育の先生でした。

私の高校では、毎年「遅刻+欠時」番付が公表され、私は常に上位。高校3年の時は全校2位という生活態度でしたが、亀ちゃんに注意された覚えはありません。いつもにこにこ、優しい先生でした。嘆願書に亀ちゃんが書いた、私が図書委員であったことは自分でも忘れていました。ただ単にサボりの場所が図書室で、その居心地をよくするため図書委員になったものです。

一番の思い出は、3年のスポーツ大会の時に揃いのTシャツを作ってクラス一丸で頑張ったことかな。胸のロゴは”Tortoise Club”。みんな亀ちゃんが好きでした。集合写真はみんな生き生きとしていました。私もウルトラセブンのワイドショットで決めポーズを作っていました。

嘆願書は直接頼んでいません。高校の同級生が先生にお願いしてくれたもので、二つ返事で引き受けてくれたそうです。高校恩師からは亀ちゃんと世界史の先生の二人が嘆願書を書いてくれました。

今回、実名公開に当たって、亀ちゃんの了承を取るべく電話しました。

「先生、嘆願書ありがとうございました。それで、またお願いがあるのですが、先生、ツイッターってご存知ですか」

「ついったー?誰やそれ」

世の中にツイッターという名前の人物は多分存在しないと思いますが、実名公開のことを説明し快諾してもらいました。

「なんやら恥ずかしいこと書いとらんかったやろね。いいよ、いいよ。八田君が助かるんやったら」

<嘆願書>

謹啓
貴下、ますます御清洋の段、お慶び申し上げます。

さて先般、クレディ・スイス証券勤務時代に賞与として受け取った親会社株の売却益を隠し、脱税をしたとして告発された八田隆氏につきまして、寛大な処置をお願いしたく、本状を送付申し上げます。

私は八田氏が金沢大学教育学部付属高等学校に在学中、3年間担任した者です。

高等学校時代は学業成績が極めて優秀であり、テニス部・図書委員として大活躍していた、誠実で努力家であり、一つの仕事をねばり強くやり遂げる実行力のある人物です。礼儀正しく、冷静に物事を判断する有能な人であり、また思いやりがあるので級友からは尊敬され絶大な信頼を寄せられていた。

一昨年の同窓会に招待された私は、八田氏のおかげで同窓生一同と楽しいひと時を過させていただいた次第です。

本件につき同窓生から知らせがありびっくりした次第です。「えー、あの有能な八田氏が、そんなはずはない」と思いました。

本人から電話があり、勘違いをしたと申しており、よく聞くと取得した親会社株について別途申告の必要があることを理解していなかった事、給与が支給された時点で源泉徴収がされているものと思い込んでいた事だった。

真面目な八田氏は故意に所得隠しをする人物でないと確信しています。

八田氏はうかつだったと、ずいぶん反省しています。

何とぞ寛大な処置を心よりお願い申し上げる次第です。

亀田冨子

<以上>


ここをクリック→ 亀田冨子嘆願書


ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 嘆願書

2012/01/16 Mon. 07:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/124-6bd6c3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top