「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

嘆願書 (14/146) 石川隆道 

嘆願書 (14/146) 石川隆道

犯罪の契機は、結局動機と人品に関わると思っています。その人品に関して、私の友人・知人に「あなたの知っている八田隆を文章にして下さい」と依頼しました。そして集まったのが146通の「嘆願書」です。検察特捜部に提出したものですが、本人の了承を得て実名公開します。

14通目の嘆願書は私の友人のものです。

外資金融業界つながりの仲良し4人グループの一人です。彼は、その4人の中で一人だけ一回り年齢が離れているのですが、なぜかみんな仲良しで、ちょくちょく連絡を取り合っています。昨年夏、その4人が中心になって石巻にボランティアにも行きました。まさに気の置けない仲間です。

彼の嘆願書に茶髪とありますが、正確を期すると「三毛髪」です。1ヶ月半おきの髪を切る時に、今回はブラウン、今回はイエローと、地毛の黒と合わせて三色のグラデーションがこだわりでした。これが二巡ほどするとかなり複雑な色合いになります。ソロモン・ブラザース時代からクレディ・スイス時代までずっと髪は染めていました。

金融というお堅いビジネスで、しかも外資系という逆差別を受けやすい環境にあって、髪を染めるのは止めた方がいいという忠告は幾度となく受けていましたが、そうした雑音は「仕事に影響しない」といって一切受け付けていませんでした。

クレディ・スイス証券在籍中に、私がトレーディングの本業のほかに、営業のマネージャーを兼任するようになって、さすがに部下が私をお客さんのところに連れていくのが恥ずかしいようじゃいかんかな、と髪を黒く染めた時は随分と周りに驚かれたものです。

自分の生き方は自分で決めたい方なので、「ああしろ、こうしろ」と言われると、むしろ嫌になってしまうんでしょうね。

<嘆願書>

八田隆さんを業界・人生の師と仰いでおります石川隆道と申します。

同じ職場で働いたことはありませんが、知人を介してご縁をいただいてからもう7、8年になります。少しでも八田隆さんについて知っていただければと思いこの書をしたためることにいたしました。

八田隆さんを語るとき、3つのキーワードがあります。

・ 兎年
・ パパ
・ 茶髪

です。

生まれ年はちょうど私の一回り上の「兎年」、私とは大分年が離れています。外資系証券会社において、その位年が離れていますと、雲の上の存在としてなかなか近寄りがたいのですが、八田隆さんにそんな「壁」を感じたことは今まで一度もありません。いつもニコニコと大らかに見守ってくれる大きな兄貴、それが八田隆さんです。とても気遣いが細やかで、寂しがり屋、同じ兎年生まれとしてよくわかります。

次は、「パパ」。仲良く遊ばせていただいている中で、八田隆さんのご家族ともご一緒したことがあります。いろいろと大人の事情があるのだと思いますが、とても離婚されたご夫婦、親子には見えませんでした。ご家族にもご理解があるはずですが、八田隆さんの器の大きい包容力が別れた今日でも人の、家族の縁をつなぎとめているのだと感じました。お金では解決しない目に見えない大切なものを大事にされている方だと思います。なかなかできることではありません。人生の師と仰いでいますのは大きくここに起因します。

最後に「茶髪」です。日々社会に働きに出るに当たり、身なりはとても大事です。皆個性を出そうと苦労しております。八田隆さんは昔、茶髪でした。そんな方はあまりいません。これは、八田隆さんが格好を気にされる自意識、美意識の高い方ということの表れです。

私にはどうしても、ニコニコと大らかで、言葉に出来ない無形のものを大切にされ、自意識の高く、周りの見た目を気にされる寂しがり屋の八田隆さんが、意識して大それたことを陰で行えるような人物とは到底思えません。人生の先を歩んでいらっしゃる大好きな八田隆さんの背中をこれからも追い続けたいと思います。

この嘆願書が八田隆さんという方を知る上での一助となりましたら幸甚に存じます。何卒宜しくお願いいたします。

石川隆道

<以上>

ここをクリック→石川隆道嘆願書


ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 嘆願書

2012/01/22 Sun. 07:33 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/138-45b45002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top