「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (93) 「脱税犯のプロファイリング」 1/25/2012 

#検察なう (93) 「脱税犯のプロファイリング」 1/25/2012

みなさんは「プロファイリング」という言葉をご存知でしょうか。

基本的な構造は「こういう犯罪の犯人はこういう人間が多い」という統計学をベースに、犯罪の性質や特徴から、行動科学的に分析し犯人の特徴を推論することをいいます。FBIがその捜査に利用していることで有名です。映画化もされたトマス・ハリスの小説「羊たちの沈黙」で一躍有名になったものです。

脱税犯のプロファイリングに関して、以下の文章が参考になると思いました。

今、田中森一(注1)と佐藤優(注2)の対談集「正義の正体」を読んでいます。その中に、佐藤優が取調べを受けた西村検事のことを書いています。その検事は、検事になる前に財務局にいたらしく、自分で「脱税のプロ」だと言っていたそうです(勿論、実行犯ということではなく、捜査側としてです)。その部分を引用します。

「そんな西村氏にとっての検事としての一番の強みは、法で定められた20日間の取調べ期間中に、被疑者とその人生を一緒に旅することだと言うんです。そして、脱税の被疑者には二つの過去がかならずあるんだと。一つは若い頃に金のことでものすごい苦労をしていること。もう一つはそうやって苦しんでいたときに日本の国が助けてくれなかったこと。この二つが合わさったところで巨額の脱税事件が起きるとも言っていました。たしかに、在日外国人の脱税事件などというのは完全にその構図が当てはまるんですよね。で、そうした無念の思いに辿り着くまで被疑者と一緒に旅をすることができれば自ずと供述は取れる。西村氏はそう教えてくれましたよ」

私は、裕福な家庭に育ったとまでは言いませんが、祖父母や両親の努力のおかげで、特に不自由なく暮らすこともでき、学生時代に東京で一人暮らしをしていた時も、しっかり親のすねはかじらせてもらいました。今回のことがあるまでは、別に国に裏切られたこともなく、彼らに怨恨もないです(今でも、冤罪はシステムの問題であり、誰かを恨むような問題ではないと思っています)。

捜査のプロが指摘するプロファイリングと私の人物像が重ならないことは、146通の嘆願書を読んで頂いてもお分かりになって頂けるのではないでしょうか。
                            
1/25/2012

(注1)田中森一
元特捜検事、元弁護士。特捜検事時代は「特捜のエース」として数々の汚職事件を担当。バブル景気絶頂期の1987年に弁護士に転身。山口組などの暴力団幹部や仕手筋、総会屋など、いわゆる裏社会の人間の顧問弁護士を多く務めたほか、許永中や中岡信栄などの裏社会の人物との親交も深く、「闇社会の守護神」などと呼ばれていた。弁護士時代には、日本に2台しかない7億近くの豪華ヘリコプターを保有していた(もう一人のヘリ所有者は西武グループ総帥の堤義明)。石橋産業事件で許らと共謀して手形をだまし取ったとして有罪判決を受け、2008年4月受刑。ヤメ検弁護士時代の経験をつづり2007年に出版された「反転 闇社会の守護神と呼ばれて」はベストセラーとなった。

(注2)佐藤優
元外務官僚。外務省入省後、1988年から1995年まで在露日本大使館に勤務。1991年9月、日本が独立を承認したバルト三国に政府特使として派遣されてきた鈴木宗男の通訳と車の手配を行った件を機に鈴木と関係を築く。佐藤の「外務省のラスプーチン」というあだ名は鈴木が命名。2002年5月に鈴木宗男事件に絡む背任容疑・偽計業務妨害容疑で逮捕。保釈まで512日間勾留された。2005年2月に一審有罪、2007年1月高裁控訴棄却、2009年6月最高裁上告棄却で判決確定。これにより外務省を失脚した。一審後、捜査の内幕や背景などをつづった著書「国家の罠 外務省のラスプーチン」と呼ばれてを2005年に出版すると大きな反響を呼んだ。同書などにおいて、佐藤本人は自身にかけられた一連の容疑・判決を「国策捜査」であると主張。

category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2012/01/25 Wed. 23:43 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/148-a10bdd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top