「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (97) 「拡散は燎原の火の如く+Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 1/31/2012 

#検察なう (97) 「拡散は燎原の火の如く+Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」 1/31/2012

ツイッターで私をフォローして頂いてる方はお分かりになって頂いていると思いますが、確実に拡散しています。これがソーシャルネットワークの力です。

昨日の#検察なうで紹介したVictoriaさんが、「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 その後」と題して日経ビジネスの「クレディ・スイス『国策捜査』の真実」について書かれています。こちらです↓

ここをクリック→Victoriaの日記「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 その後」

また別の方もブログに書かれてます。ブログ名は「冷たい風のような火」。題して「また出たよ横暴検察。。。」。こちらです↓

ここをクリック→冷たい風のような火「また出たよ横暴検察。。。」

また収監中のホリエモンのツイッターでは「検察なう」に言及。こちらです↓

ここをクリック→ホリエモン・ツイッター「検察なう」

私が巻き込まれているクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件を人にご説明なさる場合、「彼のブログを読んで」というのは正しいのですが、さすがに分量が半端なくなってきてますので、手っ取り早くご説明するためにはWikipediaの「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」をご提示下さい。これまで#検察なうをお読みになっている方にはご案内の事実関係だけですが、なかなかコンパクトにまとまっていると思います。こちらです↓

ここをクリック→Wikipedia 「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件」

息子に「ジャスミン革命って知ってるか」と聞いたところ、「パパよりは知ってると思うよ。で、自分がそれを目指してるって言いたいんでしょ。でもやり過ぎちゃ駄目だよ。周りで応援してる人のことも考えないと。ついていけないって思ってる人もいると思うよ」ですって。小生意気なこと言いやがって。いつまでも子供と思ってるといつの間にか大人びたこと言うんですよね。参った、参った。

1/31/2012


category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2012/01/31 Tue. 00:18 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/160-3dffdc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top