「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (105) 「ホリエモンのメルマガに『国税記者』書評掲載」 2/20/2012 

#検察なう (105) 「ホリエモンのメルマガに『国税記者』書評掲載」 2/20/2012

本日配信のホリエモンのメルマガに田中周紀著「国税記者 実録マルサの世界」の書評が掲載されました。以下、引用です。

『国税記者』(田中周紀)
★★★★☆
取調べ(任意)の最中に「特捜部なう」とTwitterで書き有名になった元クレディスイスの社員だった人から献本を受けた。何故か作者のサイン入り。その人のことも書かれているので、その関係であろう。脱税で捕まった人々のケーススタディを作者がテレビ朝日の記者として取材した立場で書かれている。
私が知っている人の名前も何人か出てきて面白かったが、脱税した人のことを人間のクズみたいに書いている割には、作者自身も共同通信の記者時代に住民税の追徴を受けている。額が小さいだけで脱税には変わりないと思う。
この本には私のことも書かれている。クレディスイスのところで『堀江のマネーロンダリング疑惑』と出てくる。まるで、私がマネロンしているような書き方だ。ライブドア事件のときにクレディスイスの私の口座はスイス司法当局の許可までもらって、日本の司法当局が調べたが税法上も外為法上の問題はなんらなく、もちろん立件もされていない。
作者は「外銀=犯罪の温床」、株式市場は銭ゲバがうごめいているとでも思っているのだろう。こういうマスコミの決めつけ方が司法にも悪い影響を与えていることがわかってないのだろう。社会部の記者特有の歪みだ。正義感が本書の至るところから、感じられた。
ちなみに私は毎年しっかり申告して納税している。税務調査に入られて修正申告をしたことはあるが、追徴されたことはない。払い過ぎが後から判明したことがあるくらいである。税率に不満はあるが、納税は国民の義務である。

若干、自身が「マネーロンダリング疑惑」で言及されたことに関してお怒りモードですが、田中氏が脱税したというのは彼の認識に誤りがあると思います。また「外銀=犯罪の温床」という決めつけは、田中氏のものではなく、捜査当局のものであるということは言っておきたいと思います。

著者の田中氏は、最終章で住民税を追徴された自らの経験を語っています。実際起こったことは、会社からの給与のほかに原稿料収入があり、その支払いが所得税源泉徴収済みで支払われたため税金は払っていたつもりだったのですが、確定申告義務を知らず、結果住民税の支払いがされていなかったというものです。当然、彼はわざとやったわけではありません。

よく私も言われます。「でも税金払っていなかったのは事実なんだから、結局それって脱税ってことでしょ」と。

人を殺してしまった場合、どういった状況であれ「人が死んでんだから、結局それって殺人ってことでしょ」というのと同じ論理です。そしてそれが違うのは皆さんご理解頂けると思います。殺意がない場合、過失で人を殺してしまった場合には、殺人罪ではなく、過失致死罪という罪になります。

税金の申告漏れでも、それ自体は過少申告というものです。その過少申告を故意でやった、わざとやったという場合に脱税という罪に問われます。

脱税をした場合、その故意の認定に非常に重要な意味をもってくるのが、「仮装・隠蔽」というものです。つまり悪いことをしている場合、通常それを隠そうと工作するということが人間の性です。行政罰の重加算税(本税の35%で、私は既に払わされています)の要件は、この「仮装・隠蔽を伴った悪質な脱税」というものです。

私の場合、全く仮装・隠蔽をしていないのですが(そりゃそうですよね、脱税していないんですから)、国税局が重加算税を科している理由は「殊更に過少額の申告をした」ということです。つまり確定申告の金額が過少申告であった、その事実そのものをもってして「仮装・隠蔽」というかなり苦しいものです。この重加算税に関しては、昨年6月に不服申立をしていますが、目黒税務署は8ヵ月経った今でも何ら決定(却下)をしていません。あくまで検察頼みということのようです。

あくまで私がファイティングポーズを取っているのは、この故意を要件とする脱税に関してで、過少申告に関しては、国税局から知らされ、それを理解した時点から認めているものです。過少申告加算税(本税の10%)及び相当な金額の延滞税を払っています。それで原状回復以上(殺人なら生き返らせて、更にガンがあればそれを完全治癒してやったくらいのもの)でありながら、下らない役所のメンツ問題に巻き込まれてしまったようです。「振り上げたこぶしを下ろすに下ろせなくなったんだろう」とはよく言われました。この国税局・検察の尻ぬぐいをさせられる裁判所も大変だと思います。

明後日の初公判以降、また新たなステージに突入ですが、引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

2/20/2012


category: 支援者の方へ、支援者の方から

2012/02/20 Mon. 02:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/199-31ce9247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top