「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (112) 「東住吉放火殺人事件に思うこと」 3/12/2012 

#検察なう (112) 「東住吉放火殺人事件に思うこと」 3/12/2012

ここ数日メディアをにぎわせている東住吉放火殺人事件について思うことを書きます。

この事件は1995年7月に起こりました。当時は随分と騒がれたようですが、私は事件のことを全く知りませんでした。ちなみに私は1997年3月に起こった東電OL事件も当時は知らず、自分が冤罪に巻き込まれほかの冤罪に関心を持って知ったものです。私はテレビを持っておらず、新聞も仕事の役に立つわけではないので、ほとんど読んでいませんでした。毎日、仕事に没頭してアメリカのマーケットのニュースばかりを追いかけていました。

東住吉放火殺人事件の再審決定の報道で、気にかかることがありました。それは犯人とされた2人の扱いに明らかな差を感じたことです。それに関しては2チャンネルのスレッドを覗き見てすぐに納得しました。それは犯人の一人とされた内縁の夫朴龍ひろさんに対して、再審開始決定後ですら「在日」「性的虐待者」といった罵詈雑言に溢れていたからです。なるほど、これはお上品なメディアは声高には擁護しずらいだろうな、と思ったのと同時に、直観的に冤罪の可能性を強く感じました。そうした予断はまさに捜査権力が当初から持ったものだろうからです。

最近、日本に帰って道を歩いていて「これはひどいな」と思ったことがあります。それは街角に貼られた警察庁の「空き巣に注意しましょう」のポスターでした。それは日本語と共に中国語で書かれていたからです。もし、一般市民への注意であれば、日本語と共に書かれるべきは英語です。警察庁は、多くの中国人がそのポスターを見て何とも感じないと思っているのでしょうか。私が海外で「日本人はみんな泥棒だ」と言われたら嫌な気分になると思います。全く国際感覚のかけらも感じさせない所作です。「人の嫌がることはしてはいけない」と親に教わらなかったのでしょうか。

私はアジア史に関しては門外漢ですが、関東大震災の時の暴虐な振る舞いは知っています。まさか、1年前の東北震災の時はそのようなことはなかったと信じたいのですが、この東住吉放火殺人事件の再審開始決定の後の2チャンネルの書き込みを見て、日本人が向き合わなければいけない問題がいまだここにあると思ったものです。

刑事裁判においては、「悪性格証拠排除法則」というものがあります。

「あの人は普段から悪いことばかりしてるから、今度の事件もあの人がやったに違いない」と推認することは許されていません。被告人の悪性格を立証して、これから推論して犯人性を立証する方法は原則として許されません。一般の感覚からすると?かもしれませんが、例えばいかに類似犯罪の前科があったとしてもそれをもってして犯人だと類推してはいけないということです。

すかしっぺの常習犯であっても、していないにも関わらず「くっさー!またお前?!」と言われたら、「冤罪!悪性格証拠排除法則!」と言ってあげましょう。

そのことを分かっていない検事はいませんが、それでも主張してくる意識の低い検事はいます。弁護士が「異議あり!」としてもその時には既に裁判官や裁判員の耳に入っていますから、言ったもん勝ちというところです。レフリーの見ていないところで、タイツから栓抜きを出して殴って、観客から「反則!」と言われても何食わぬ顔してその栓抜きをタイツに隠すようなものです。

東住吉放火殺人事件は保険金殺人というのが警察・検察のスト―リ―ですが、子供に1500万円の生命保険をかけたことが殺人の証拠と言われたら、たまったもんじゃないです。私は、自分の息子が生まれた時に、彼の誕生記念に彼を被保険人として1000万円の終身生命保険に入ってます。年齢が低いうちはまだ保険金が安く、いずれ彼に渡すつもりで入ったものです。彼が結婚したら彼の嫁さんを受取人に変更して渡そうと思っています。

犯人の一人とされた母・青木惠子さんが、なぜ実子を殺したなどという自供をしたのだろうといぶかしがる人も少なくないと思います。取調べの状況が再審・えん罪事件全国連絡会のHPに掲載されていますので、それを引用します。

「刑事は『A(娘)が可哀想やろ。なんで助けに行けへんかったんや』などと述べ、更に惠子さんを追い詰めました。惠子さんは、刑事から、『なんで助けに行けへんかったんや』と言われた時、娘を火の中から助けられなかった自責の念に苦しみ続けていたことも相俟って、冷静に物事を考えて判断できない状態に陥り、このような取調べが続くことは到底耐えられない、Aちゃんの所に行きたい、いっそ死んだ方がましだと考え、刑事の言葉に頷き、再び自供書を作成してしまったのです。

取調べが終了し自供書の作成が終了したのは午後11時30分を過ぎていました。その後、ようやく10分間という著しく短い接見が認められ(それまでは接見が拒否されていました)、惠子さんは、待っていた弁護人に対し、『やってないです。でも、もういいんです』と犯行を行っていない旨を明確に述べたうえ、それでもやったことにすると告げました。更に取調べが過酷であり、このような調べが続くと精神異常になってしまう旨を訴えたのです。

そして、約10分の接見が終わり、留置場へ帰ると、覚せい剤犯で留置されていた同房の女性が起きて惠子さんを待っていました。その女性は、虚偽自白をしてしまった旨述べる惠子さんに対し『本当に犯人やったら仕方ないけど、犯人じゃないんだったら、子どもがそんな汚名を着たままじゃかわいそうや。もっと、頑張り』などと励ましてくれました。

ここに至って、改めて惠子さんは、嘘の自白をしたらBくん(弟)や更にAちゃんも悲しむと考え、子どもらの為にも虚偽の自白はしないでおこうと決意したのです。」

ここをクリック→再審・えん罪事件全国連絡会HP

またこの事件は、警察・検察の立証が全く科学的根拠がないことが言われています。放火の凶器となったガソリンが気化するということが全く分かっていない内容の自白調書が取られています。密閉したガレージで、ガソリンに火をつけたら、犯人は火に飲まれて大やけどを負います。再審決定に「意外な結果で驚いている」と言うのであれば、検事自ら体を張って燃焼検証実験をやってみるべきです。

また、この再審決定がほかの冤罪と比較すると、素直に下りたなという感じもあります。「開かずの扉」「針の穴にラクダを通す(何でラクダなんですかね)」と言われた再審(注)ですが、東電OL事件や袴田事件が再審請求すら通っていないことからすると、若干の差異を感じます。これは再審決定を下した水島和男裁判官のやる気と能力に負うところが多いのではないでしょうか(彼をググってみるとこれまでに無罪を数多く書いていることに驚きます。刑事裁判で無罪を書くのは本当にやる気と能力が必要な大変なことなのです)。

東住吉放火殺人事件の再現実験に関しては、テレビ朝日「ザ・スクープ」が過去に取り上げていますので、ご覧になって下さい。長野智子氏がキャスターを務めていますが、抑えた言葉の選び方が好印象です(爆発時のあわてぶりがかわいいです)。やはり映像は「百聞は一見に如かず」で非常にパワフルなものです。同様の燃焼検証実験を今回の弁護団も行い、それが再審開始決定の決め手になりました。またこの「ザ・スクープ」映像では可視化に関しても、現役裁判官を迎えて彼らの意見を紹介しています。

ここをクリック→「ザ・スクープ」

現時点の状況は、先週水曜日の再審開始決定に対し、検察は破廉恥にも本日即時抗告(注)してきました。高裁で審理され、即時抗告が棄却されて再審が確定すれば再審公判が始まりますが、認められれば再審開始決定は取り消されます(過去には名張毒ぶどう酒事件、日産サニー事件、大崎事件のように、再審開始決定するも検察の異議申立で再審開始が取り消された例もあります)。

3/12/2012

(注)再審
「裁判が最終的に確定すると既判力が生じ、もはやこれを争うことはできなくなるのが一般原則であるが、万一裁判に誤りがあった場合には、それを是正して正義の回復を図る必要がある。そこで、法は法的安定性の要請と具体的な判決の適正の要請を調和させるため、裁判が終わったあとでも、例外的に特別の是正方法を用意している。これは、非常救済手続きと呼ばれるが、再審はその一手段である」

間違いがないようにと三審制をとる裁判制度で、過去の決定を覆すのはそれを決める裁判官にとっても相当心理的なハードルが高いというのは容易に想像できます。死刑確定後、再審により無罪になった例は日本史上4例(免田事件、財田川事件、島田事件、松山事件)しかありません。その最初の免田事件が起こったのが1948年。1948年以来、これまで日本では638人が死刑執行で処刑されています。

(注)即時抗告
抗告とは不服申立の一種で、決定または命令に対して、その決定または命令をした裁判所の上級裁判所になされる不服申立の手続きをいいます。即時抗告は抗告でも期限内にしなければならないとされるものです(刑事訴訟では3日以内)。

これに対し、同じ裁判所に対してなされる不服申立を異議申立といいます。

最近の再審開始決定の例では、福井女子中学生殺人事件が記憶に新しいところですが、検察は異議申立をしています。同じ最高裁まで審理されたケースで、検察のとったアクションが即時抗告と異議申立と異なるのはなぜでしょうか。調べてみました。

今回の東住吉放火殺人事件では、地裁の無期懲役の判決を、被告は控訴し、高裁はその控訴を棄却しました。被告は最高裁に上告するも、最高裁はこの上告を棄却しています。このため、地裁の判決が有効な状況で、その判決に対し再審開始決定が地裁でなされ、検察は即時抗告をその上級審である高裁に行っています。
地裁:  有罪 → 再審開始決定 → 検察は高裁に即時抗告  
高裁:  棄却
最高裁: 棄却

福井女子中学生殺人事件では、地裁では無罪とされましたが、検察が控訴、高裁で逆転有罪となっています(以前に、「二重の危険」の議論で私が「喝!」としたところです)。そして、被告の上告を最高裁は棄却しています。そのため、高裁の判決に対して、再審決定が高裁でなされました。刑事訴訟法では、最高裁への即時抗告が認められておらず、同じ高裁への異議申立のみが可能であるため、異議申立がされたものです。
地裁:  無罪
高裁:  有罪 → 再審開始決定 → 検察は高裁に異議申立
最高裁: 棄却

但し、いずれも実質的な差異はないようです。

昨年11月に再審開始決定された福井女子中学生殺人事件も、検察の異議申立により現在審理中で、まだ確定はしていない状況です。

category: 冤罪事件に関して

2012/03/12 Mon. 08:18 [edit]   TB: 0 | CM: 15

go page top

この記事に対するコメント

Re: おかしいでしょ

返信ありがとうございます。

私は彼らのかけていた保険の詳細までは知らないのですが、新たにかけた生命保険ではなく、以前からのものを転換したと理解しています。

また「ザ・スクープ」の報道を見る限り、保険会社の担当営業のコメントもあり、悪意をもって保険に入ったのではないということが伺えました。


同じく「ザ・スクープ」では、彼らは月収60万円程度の安定収入があり、特に食べるのが精一杯という印象は受けませんでした。

ただ無実かどうかは、私たちには分からないと思います。私も彼らが無実だと確信しているわけではありません。ただ無罪という可能性は十分にあると感じました。つまり「合理的な疑いが入る」、だから「疑わしきは罰せず」という基本原則に忠実に裁判所は判断しただけだと思います。それは冷静で合理的な判断だと思います。

またご意見ありましたら、お願いします。

八田


> 子供に、生命保険かけても普通です。
> しかし、生活レベルの問題があります。
> あなたと被疑者の、生活レベルを比較して下さい。
> なってない。
> 食べるのが精一杯の人に、そんな余裕はないです。
> 震災で家屋を無くした人達が、どの順番でお金を使うか調べてみて下さい。
>  
>  憤りを感じたので、コメントしました。

八田隆 #- | URL | 2012/03/13 Tue. 11:38 * edit *

Re: 弁護側の実験も・・・

なるほど。そうした可能性もあるかもしれません。

ただその場合は、明らかに「ガソリンの量」という凶器に関わる重要な供述に食い違いが生じるわけで、検面調書が最重要視されている現行の司法制度の中で、検察も自分のご都合主義では変更しずらいでしょうが。

袴田事件でも、犯行時の着衣をパジャマから味噌樽から発見された血染めの着衣に訴因変更したように、なりふり構わずやってくるケースもありますしね。

そうした場合、裁判官がどう認定するかですね。弁護側は当然、「なら自白調書は何だったんだ」と主張するでしょうから。

八田隆 #- | URL | 2012/05/29 Tue. 05:46 * edit *

死亡した女児は同居していた朴受刑者に日常的に性的虐待を受けていたそうです

ザ・スクープでその事実は報道していたでしょうか?これは
青木受刑者がどうでもよくなって罪を認めようと思ってしまったきっかけにもなっています。

警察が疑った沢山の理由のうちのひとつにもなっていると思います。

あまり偏ったテレビ番組の事ばかり引き合いに出して盲信するのはどうかと思いました。

#- | URL | 2013/05/29 Wed. 18:16 * edit *

ご指摘ありがとうございます。

それは朴氏も自白していますから周知のことです。ザ・スクープでは、報道していませんでしたが、私としてはそうした悪人性が予断につながっていると思ったところです。性的虐待は、その対象を殺害する理由にはならないからです。確かにテレビ番組はキャッチーに作られていますが、それを盲信しているという印象を与えたのであれば、私の文章力のなさです。ご指摘ありがとうございます。


> 死亡した女児は同居していた朴受刑者に日常的に性的虐待を受けていたそうです
>
> ザ・スクープでその事実は報道していたでしょうか?これは
> 青木受刑者がどうでもよくなって罪を認めようと思ってしまったきっかけにもなっています。
>
> 警察が疑った沢山の理由のうちのひとつにもなっていると思います。
>
> あまり偏ったテレビ番組の事ばかり引き合いに出して盲信するのはどうかと思いました。

八田隆 #- | URL | 2013/05/29 Wed. 23:37 * edit *

大阪東住吉事件

八田 隆 様

大阪東住吉事件を取り上げて下さり,有事うございました。

私は,弁護団に協力している一人として,本件の再審に注目しております。
下記のURLの「時々の日誌」の2013年4月29日にて,私も本件のことを書いております。

http://hirokiishida.jimdo.com/

石田博樹 #- | URL | 2014/01/15 Wed. 11:24 * edit *

Re: 大阪東住吉事件

石田博樹先生

2日前に報道を見たばかりです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000527-san-soci

検察の執拗な再現実験に弁護側も予断を許さないとのこと。是非とも正義を貫いて下さい。そして、お体にはくれぐれもお気をつけて下さい。(私の控訴審判決も今月31日に控えています。ご注目頂ければ幸いです)

八田

八田隆 #- | URL | 2014/01/15 Wed. 12:53 * edit *

東住吉冤罪事件

2年前の書き込みですがちょっと調べ物をしていて行き当たりました。

事件についてネットでは真実がある程度流れてますがそうじゃない部分もかなりあります。

いちいちそれを読んでみても気持ちが滅入るだけなので深くは立ち入りませんが、彼女らの火事が起こるまでの生活の実態を知れば朴龍皓がネットで書かれているような屑でない事がわかります。

彼は亡くなった女の子やその弟の父親、家族になろうと必死に世話をし必死に働いてました。

女の子への虐待は絶対に許せません、がそれを含めた彼女らの生活の実態を知って欲しいです。

今日は再審の決定が出されて2年の日です。早ければ年内には何らかの決定が出されていると思います。

良い結果が出るように只々祈るばかりです。

失礼しました。

♦ #- | URL | 2014/03/07 Fri. 22:22 * edit *

Re: 東住吉冤罪事件

コメントありがとうございます。また、2年前の拙いブログをお読み頂きありがとうございます。

私がここで言いたかったのは、悪人だから罰していいとか、善人だから罰すべきではないということは間違っていて、罪を犯していれば善人も罰するべきだし、罪を犯していなければ悪人も罰するべきではないということです。

朴被告人は誉められた人格ではなかったのかもしれませんが、だからといって犯していもいない罪で刑に処せられるのは問題外です。

事件の推移を注視しています。是非、またご意見をお聞かせ下さい。ありがとうございました。

八田

八田隆 #- | URL | 2014/03/08 Sat. 00:23 * edit *

この年でまだ成人になれませんか

あなたの話は、正直真逆に作用しています。

なぜこの話に在日(特別永住者)という話が出てくるのでしょう?
どこに在日だからろくに調べなかったという話がありますか?
ないんだからその話は落とすべきです。
本来全く意味のない情報じゃない。それを取り上げるのはあなたの「意図」というだけです。

はっきりいますが、在日だろうが日本人だろうが悪は悪、正義は正義です。
あなたのような人間が逆に差別を冗長しているわけです。
朝鮮人は関東大震災でウンタラカンタラ、だから朝鮮籍の個々人の話も全て疑ってはいけないわけですか。
こういうくだらない最悪の人種逆差別がどう人の目に映るか、そんなこともわからない知能程度ですか?

問題はTV朝日のおかしな「実験」にも言えます。
馬鹿女が全く動かないマネキンの温度上昇をもっておかしいだの何だのとギャーギャー。
だったら熱かったら少し身をかわして火を避けるだろ、こうなるわけです。

正直、人の迷惑を考えるべきですね。
あなたは結局、自分が気持ちよくなるために世の中に当たる代わりにこの件に騒いでいるだけでしょ。

通りすがり #mQop/nM. | URL | 2015/08/01 Sat. 04:50 * edit *

私もテレビで昨日(もしくは一昨日くらい?)知りました。
残念ながら、朝鮮人や中国人に良いイメージは持っていません。
しかし、テレビで一つ気になった事があります。

車の燃え方です。
写真に掲載されている車の燃えた後と、実験で使われた車の燃えた後
ちょっと差があると思うのですが。

仮に証言どおりでなく、検証結果が違っていたとしたら
それは『証言が違う』というだけで、彼が殺していないという事には
ならないのではないでしょうか?

テレビでしつこくやっていた給油口の問題。
あれを容疑者がわざと緩めていたり、事故に見せかける為利用した事も
十分考えられます。

それに嫁の連れ子に手を出す様な人物(2006年に本人が認めた)が
殺していない、等と言っても説得力がありませんよ。
また、テレビはこの事をなぜ報道しないのかも疑問です。

名無し #- | URL | 2015/10/23 Fri. 12:10 * edit *

これは第二の小野エツオになるのでは?
彼を野に放って頬被りの人権屋さんは、まだこういう活動してんのかね?

#- | URL | 2015/10/23 Fri. 19:51 * edit *

仮に再審請求が通って無罪判決がおりたとしたら、朴被告による強姦についても時効成立で訴追することはできないのでしょうかね。

どちらに転んでも後味の悪い結末になりそうです。

#mQop/nM. | URL | 2015/10/24 Sat. 03:16 * edit *

強姦は魂の殺人と言われます。まともな(普通の)親ならそんな事出来ないと思います。
容疑者はまともではないと思います。

通りすがり #- | URL | 2015/10/26 Mon. 18:32 * edit *

このブログ、視点がずれている。余裕のある生活を送り、他人の立場では物事を考えられない人の発言としか思えない。いい大人が書いているとは思えない稚拙さが見える。読むんじゃないねこんなもん

#- | URL | 2015/10/27 Tue. 00:33 * edit *

記事を読んで安心しました

新聞などをちゃんと読まないせいで、再審で無罪判決がでたことを今日しりました。検索してみると、事実をつたえる記事より、元被告のおふたりの名誉を毀損するような落書きが検索の上位にあがっているのにびっくりしました。この件について報道機関以外で冷静に発言する人はいないのだろうかと、落胆しかかっているところで、八田さんの記事をみつけました。おかげで安心できました。

大坂洋 #Y1GzempE | URL | 2016/12/21 Wed. 10:23 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/212-0391c004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top