「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 スティーブン・ダルドリー監督 

フィルム・レビュー 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 スティーブン・ダルドリー監督

ものすごくうるさくて

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』鑑賞。

トム・ハンクスとサンドラ・ブロック共演というだけで、最初は食指が動かなかったんだけど、監督が『リトル・ダンサー』のスティーブン・ダルドリーと知って観てみました。なかなかの良作。

9.11とアスペルガーの組み合わせが物語を興味深く分かりやすくしてるんだけど、これは身近の愛する人を失った誰にでも共通する体験なので、9.11のモチーフはむしろ邪魔に感じたかな。

エモーショナルなシーンもあり、結構ぐっときますが、アスペルガーの少年のキンキーな感じが甘さを抑えてていい具合。

今年オスカー作品賞の『アーティスト』もいい作品だと思ったけど、この『うるさくて、近い』が9.11をモチーフにしてなかったら、こっちの勝ちだったんじゃないかな。


ここをクリック→『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』予告編

(Facebook 3/1/2012 より転載)

category: フィルム・レビュー

2012/03/27 Tue. 01:21 [edit]   TB: 1 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/233-8cd6ccc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画

鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。そ…

名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | 2012/04/21 11:46

go page top