「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (121) 「Victoriaの日記『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 第2回公判 戦う男のダンディズム』」 4/15/2012 

#検察なう (121) 「Victoriaの日記『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 第2回公判 戦う男のダンディズム』」 4/15/2012

やはりこれは取り上げざるをえないでしょ、という「Victoriaの日記」。

私の周りで圧倒的な支持を得ているカリスマ・ブロガーのVictoriaさんのブログです。

ここをクリック→Victoriaの日記

今回のタイトルは「クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 第2回公判 戦う男のダンディズム」。

Facebook上の「#検察なう 冤罪と戦う八田隆を支援する会」にもアップさせて頂きましたが、私の友人も私のブログより分かりやすいと絶賛(はいはい、私のは分かりにくくてすみませんでしたね)。

インパクト十分であり、かつ簡素にして十分な表現が読む人にアピールするのだと思います。

第2回公判の模様は、友人による法廷画やドキュメンタリー・ビデオでも紹介されましたが、Victoriaさんのブログでもそれらは、

「初公判から2ヶ月。
八田氏と、
八田氏を支えているチームのみなさん一丸となり、
日々研鑽を積まれた結果、
公判に臨むスタイルが格段にバージョンアップ」

と紹介されています。

真骨頂は、第2回公判の一つの目玉であった、弁護側の証拠開示命令申立の説明です。

第2回公判前に、我々弁護側は、相当量の証拠開示請求を検察に対ししています。検察が自ら提示する証拠は、彼らの手持ちの証拠のうち、彼らにとって有利、即ち私にとって不利なものだけを抽出しています。それに対して、「私にとって有利な証拠も手元にあるでしょ。それを正々堂々と出して下さい」と要求してきたものです。しかし、検察はその請求に100%応えるものではありません。検察が彼らの意志で提出しないのであれば、裁判所に命令を下してもらおうとするのが開示命令申立です。その多くの開示命令申立している証拠の中で、第2回公判ではただ一つの証拠にフォーカスしました。

それが「告発要否勘案協議会の議事録」です。

これに関して、#検察なう1回分のスペースを割いて説明しなければ分かりにくいかな、と思っていたのですが、Victoriaさんのブログで簡潔明快に説明されていますので、それを引用させてもらいます。

「検察が出し渋っている証拠の中で、
特に八田氏が求めているのは、

告発要否勘案協議会の議事録。

これは、
告発前に国税局と検察がいっしょになって、

八田を告発しようと思うがいけるだろうか?

という話し合いをした時の会議の議事録で、

本来なら、
国税局と検察は別組織なんだから、
国税局は独自の調査に基づいていけると判断してから告発し、
それを受けた検察は、
また検察独自の調査に基づいて起訴に持ち込むかどうか判断するっていうのが、
教科書通りのやり方のはずなんだけど、

大丈夫!
国税さんが告発してくれれば、
あとは検察があんじょうしますさかいに、
ここは思い切ってどど~んといってもらって
OK!
この勝負、
勝ったも同然!
イケ~イケ~~~!!!

というようなやりとりが、
あった疑い濃厚。

そういうやり方を
普通
談合と言いますが.......」

Victoriaさんのブログにはさらにこう書かれています。

「見たか!

チーム八田の底力を!」

Victoriaさんもチーム八田の名誉メンバーとして是非迎えたいところです。

戦う男のダンディズムかあ。よーし、更に頑張ろうっと。


ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 支援者の方へ、支援者の方から

2012/04/14 Sat. 13:27 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/252-6c322459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top