「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『僕達急行 A列車で行こう』 森田芳光監督 

フィルム・レビュー 『僕達急行 A列車で行こう』 森田芳光監督

僕たち急行

森田芳光監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』鑑賞。

監督の訃報に触れた時、自分が森田監督の作品をほとんど観ていなかったことに気付きました(『家族ゲーム』『メインテーマ』『黒い家』くらいかな)。ということで観てみました。

でもこれはないかなあ。

コメディ・タッチですが、笑いのセンスが「いつの時代?」って感じ。アクションに効果音を入れるのもウザいし、噂話でクシャミするってどうなの?でした。

また鉄オタがもてないのはそうなのですが、男同士の親近感がホモっぽいのも難あり。今は、もてなければ二次元に走るのが常ですから、そこでもリアリティーが欠けているかも。

ほとんどノリが『釣りバカ日誌』なので、あの手の作風が心地よい人にはいいのかもしれません。

R.I.P 森田芳光さん


ここをクリック→ 『僕達急行 A列車で行こう』予告編

(Facebook 4/1/2012より転載)

category: フィルム・レビュー

2012/04/16 Mon. 13:28 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/254-b2b190dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top