「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (128) 「『ショージとタカオ』を読んで」 5/4/2012 

#検察なう (128) 「『ショージとタカオ』を読んで」 5/4/2012

私が映画「ショージとタカオ」を観たのは昨年の私の誕生日でした。自分へのプレゼントとして選んだのがこの映画鑑賞でした。

映画は、布川事件で冤罪と闘った桜井昌司氏と杉山卓男氏を取り上げたドキュメンタリー・ムービーです。

新宿での劇場公開に、井出洋子監督と桜井昌司氏が舞台挨拶をするとのこと。これは観ないわけにはいきません。その鑑賞日のわずか5日前(5/24/2011)に彼らは無罪の判決を勝ち取り、長い44年間の闘いに終止符を打ったばかりでした。

映画は予想を裏切って(?)むちゃ面白いものでした。リアル・ロード・ムービー。

29年塀の中にいた後、仮釈放。そこから「普通のおじさん」への復帰と、再審請求の活動が同時進行します。

でこぼこコンビの2人がいろいろやらかしてくれて、笑いあり、涙ありで、元気が出る映画でした。映画鑑賞に関しては以前のブログに書いています。

ここをクリック→経過報告 (23)

映画の予告編はこちら。

ここをクリック→「ショージとタカオ」予告編

そして先週出版されたばかりの井手監督の映画製作記「ショージとタカオ」を読みました。製作期間14年(!)という映画製作の裏話、苦労話が書かれています。

映画監督という人の全てが特別なわけではないのでしょうが、舞台挨拶で拝見した井手監督は、全くインタビュー慣れしていない、ごくごく普通の方で、等身大の映画を作った等身大の方だということが伺えました。この著作「ショージとタカオ」でもそれが表れています。

著作の中では、映画でも印象的だったシーンが詳しく語られている部分もあります。

例えば、再審請求のストレスが桜井昌司さんの精神を知らず知らずに蝕み、それが頂点に達した時に夜中に4階のベランダから飛び降りたい衝動に駆られ、「ああダメだ。ここ開けたら飛び降りちゃう。あんた、俺のことを押さえてくれ!」と叫んだできごとを、妻の恵子さんが語る部分があります。映画でも「そのとき、自分が傍らにいて良かった」と語られていますが、桜井さんの追い込まれるかのような心境と、彼を支える恵子さんのことが、より克明に描かれています。

また、映画では登場しないシーンもあります。

再審開始決定に歓喜する桜井さんの姿はその一つです。その部分を引用します。

「日が暮れて、ショージ君は、妻の恵子さんや支援者と喜びを分かち合った後、一人利根町の自宅へ車で帰った。皆の前ではカラッとした笑顔を見せていたショージ君だったが、利根町に近づくにつれて、涙が頬を伝ってきた。後から後からこぼれてきて、車の運転中なのに、目の前が涙でにじんで見えなくなってしまいそうだった。

やっとの思いで家までたどり着いて中に入ると、ショージ君は六畳の居間で声を上げて泣いた。

この喜びを真っ先に知らせたかった父も母もすでにいない。

『仕事をなげうっても再審開始を勝ち取りたい』

そう思って、この二、三年は日雇いの仕事を減らして、支援者を広げるために地方を歩いた。これまでの張りつめていたものがプツンと切れて、ショージ君は号泣した。

利根町の実家で暮らしていると、亡くなった父や母がいつもすぐそばにいるような気がしていた。父と母が、家のどこかで自分を見守ってくれているとショージ君は思った。」

この再審開始決定の後、検察は破廉恥にも即時抗告をして、つかの間の喜びをぶち壊すことになるのですが。

駄作の映画が多くDVD化されている現状、このような良作が多くの人に観てもらえるようDVD化されないのは納得がいかないところです。映画「ショージとタカオ」は文化遺産と言ってよいものです。でも今は各地で映画が自主上映され、監督や桜井さん、杉山さんの舞台挨拶が見られるから、そっちの方がおいしいかも。とにかく映画はお勧めです。是非ご覧下さい。

桜井昌司さんとは、この映画上映の後と、昨年末、西武池袋線痴漢冤罪事件の市民集会の2度お会いしています。その時の写真がこれです。私はたまたまスーツだったのですが、それを見て桜井さんは、「恥ずかしいなあ。俺もスーツ着てくりゃよかったよ」とおっしゃってました。お茶目な方です。

ここをクリック→桜井氏とツーショット

5/4/2012

ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 布川事件

2012/05/03 Thu. 14:49 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/269-3d366eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top