「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (135) 「因果応報」 5/19/2012 

#検察なう (135) 「因果応報」 5/19/2012

先日、宮台真司氏の以前のビデオマガジンを視聴していて、とても驚いたことがありました。

宮台真司氏は、硬質な社会システム論から、かなりソフトな、テレクラ、援助交際、少年犯罪、学級崩壊といった多方面まで論ずる新進気鋭(と言うとちょっと失礼かな、若く見えるけどもうオーバー50歳だし)の社会学者です。キーワードは、「全体性」「ソーシャルデザイン」「アーキテクチャ」「根源的未規定性」などがあります。

そのビデオマガジンで宮台氏は、和歌山カレー事件の林真須美氏が明らかな冤罪だと言っていたのです。

仕事をしていた時は社会情勢に疎く、「~事件」と三面記事を賑わせたものであっても全く知らないことが多い私でしたが、さすがに和歌山カレー事件というものがあったことは知っています。しかし、その事件の詳しい内容は知らず、「ヒ素を地域のイベントのカレーに入れて、多くの人が中毒になって、何人かは死んだ」と言う程度の知識しかありませんでした。事件の報道も私にとっては当時興味がなく、通勤電車の中で、AERAの広告に「カレーじゃないよ、ハヤシだよ」とあって、「うまいねAERA」という程度の関心でした。

宮台氏のコメントの中で特に関心を引いたのは、地域住民の中には、はっきりと林真須美氏が犯人ではないと知っている人が何人もいるということでした。それではなぜ彼らが敢えて林真須美氏を弁護する証言をしないのか。それは「林真須美は悪い奴だから。因果応報なんだよ」というものが理由だそうです。

林真須美氏は相当地元では評判が悪かったらしく、そうした評判の悪さが警察・検察の関心を引いたのだと思います。彼女自身もヒ素や睡眠薬を使った保険金詐欺に関しては罪を認めています。しかし、一貫してカレー事件での殺人容疑は否認しています。

私は、林真須美氏が無実かどうかは全く分かりませんが、「因果応報」ということで、人を裁いていいのだろうかと思いました。彼女の死刑は既に確定しています。

これは最近の小沢一郎氏の公判でも言えることかもしれません。彼が無罪になった判決を「限りなくクロに近いグレー」と非難して、「それでも説明責任は残る」と報じる一方、検察の虚偽報告書の問題には斬り込んでいかない思考の裏側には、「因果応報」ということがあるのではないかと思います。有力な政治家を彼のイデオロギーをもって、不当に排除することは、全く健全なことではありません。

私も、「因果応報」と人から言われることもあり、それが私のことを知らない人から言われた場合には、無視するしかないのですが、私のことを知る人から言われた場合には、これは聞き捨てならん!と問い質すものです。

先日もそうしたことがあったのですが、よくよく聞いてみると「八田さんは今までいい目を見てきたから」というものでした。ちょっと待てよ、それは随分言葉の意味を取り違えてないか、と思ったのですが、それはそれでありうる発想なのかな、とも感じました。

私は多くの冤罪被害者に類型的にあるような、社会的弱者ではないと思います。それゆえ、外資系証券業界での多くの申告漏れを断罪するために私を一人スケープゴートにしても、捜査権力としてはさほど罪悪感がなかったのかもしれません。

経済合理性を考えれば、こんなことにかかずらうよりは、「犬に噛まれた」と思って、さっさと諦めた方がよほど賢明というものです。捜査権力は、私をそうした賢明な人間であろうとも推認したのだと想像します。ただ、私が、賢く生きるよりは不器用でも自分の信念を曲げない人間だということを、彼らは知らなかったのだと思います。

私も人生を既に折り返し、今回のことでも随分勉強させてもらいました。冤罪と出会ったことは、これまで自分のために生きてきた私にとっての社会への恩返しのチャンスだと思っています。冤罪は特殊なものではなく、今の社会構造が生み出す、誰にでも起こりうる不幸なのだということを少しでもご理解頂ければと思います。

5/19/2012


ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」 改訂版

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事


ここをクリック→ 嘆願書まとめ

ぽちぽちっと、クリックお願いします





category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2012/05/18 Fri. 18:18 [edit]   TB: 1 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/284-6b30dd87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【#検察なう (135) 「因果応報」 5/19/2012】

#検察なう (135) 「因果応報」 5/19/2012先日、宮台真司氏の以前のビデオマガジンを視聴していて、とても驚いたことがありました。 宮台真司氏は、硬質な社会システム論から、かなりソフトな、テレクラ、援助交際、少年犯罪、学級崩壊といった多方面まで論ずる新進気鋭(...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/19 13:52

go page top