「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

経過報告 (22) 「田原総一朗氏との生討論予定続報」  5/25/2011 

経過報告 (22) 「田原総一朗氏との生討論予定続報」 5/25/2011

田原総一朗氏とのランチ+生討論は6/7 12:00-14:00に六本木溜池ANAホテルの日本料理「雲海」で決行の運びとなりました。残念ながら、田原氏は洋食を受け付けないとのことで、レストランは彼の指定場所となりました。彼には、オークション主催者を通して、こちらの状況は伝えてあります。経緯説明書、最近の経過報告及び弁護活動の一環として嘆願書も数通送らせて頂いております。彼にはなんら便宜を期待するものではなく、現状日本が抱える問題、特に検察及び司法制度に関わる問題等をディスカッションし、彼には、日本をよりよい方向に導くべく、今後も有意なメッセージを発信してくれればいいと思っています。

セコンドとして、私は国税局の前田朝夫統括官と佐藤義行捜査官を招待したいと思っていました。もし自分たちに非がないと思うのであれば、正々堂々とそれを主張すればよいし、もし彼ら個人の良心から内部告発的な話も聞けるのではないかとの期待もありました。彼ら国税局が、メディアの報道前に被疑者直接の取材を認めず、一方的な情報だけでメディアを操作するやり方への反発もあったからです。しかし、これは「かわいげがなさ過ぎる」との弁護士の意見で却下となりました。セコンドは私の弁護団の弁護士3人(小松先生、佐藤先生、村松先生)がつく予定です。

引き続きご報告させて頂きます。変わらぬご支援の程、よろしくお願いします。

5/25/2011


ぽちぽちっと、クリックお願いします






category: 支援者の方へ、支援者の方から

2011/09/24 Sat. 18:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/31-89af86e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top