「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (158) 「無罪の弁護をされる弁護士、将来の弁護士の方々へ」 6/23/2012 

#検察なう (158) 「無罪の弁護をされる弁護士、将来の弁護士の方々へ」 6/23/2012

最近はツイッターのフォロワーも増え、その中には弁護士の方や法律を学ぶ学生の方もいらっしゃいます。

無罪の弁護をする機会のある方もいらっしゃると思いますので、当事者の立場からメッセージを伝えさせて頂きたいと思います。

まず一番最初に伝えたいことは、お願いです。

絶対に虚偽の無罪の弁護をしないで下さい。もしそれが訴訟戦略上有利だとしても、また依頼人に無罪の弁護を依頼されても、それが虚偽だと分かった時点で、全力で阻止して下さい。

本当に冤罪を戦っている人は大勢います。検察や裁判官に、被告は「また嘘をついて無実の主張をしている」と思わせないためにも、それは非常に重要です。また、本人にとってもそうしない方が有利だと、「うそは必ずばれる」「情状の方が心証が取れる」と説得して下さい。

冤罪被害者の中には、現在でも、奥西さんのように命をかけて冤罪と戦っている人もいます。彼は死刑廃絶の署名を断り、恩赦も自分は無実だからと断ってまで雪冤を期しています。虚偽の無罪の弁護は、多くの冤罪と戦った人の歴史に対する冒涜であり、侮辱であることを是非ご理解頂き、その旨依頼人にお伝え下さい。無罪を虚偽で主張することは、冤罪を作り出すことに加担していることと同じです。

弁護人は依頼者を守ることが第一の責任であって、依頼者の利益を犠牲にして社会正義の実現を優先することが許されていないことは重々承知しています。弁護人にだけは本当のことを言えるということを担保するためにも、依頼者の要求を尊重するということも理解します。そして、虚偽の無罪の弁護を自分の意志とは異なって引き受けざるを得ない場合の苦悩もあると思います。ですから、これはお願いです。そうしない弁護人は不実だと責めているわけではありません。

そしてもし、無実が真実であるならば、まず当事者と話し合い、お互いの理解を深めて下さい。ご承知かとは思いますが、日本の刑事裁判において無罪を主張することは、被告本人、それから弁護人にとっても相当な負荷がかかります。人質司法の問題も厳然としてあります。まず十分な話し合いの時間をもって、覚悟を決めて下さい。

私は当事者の立場でありながら、もし同じく冤罪と戦う状況下に置かれた人に対して、どのようにしなさいと有効なアドバイスをすることは非常に難しいと感じています。それは人それぞれの生き方が違うからです。

冤罪の連鎖を断ち切るためにも一緒に戦ってほしいと思う気持ちもありますが、仕事ができない状況が続くことに耐え、周りの人の理解を得ながら0.1%の可能性に賭けることをできないと思うことも理解できます。

しかし、もし被告が真に冤罪と戦う決意があるときには全面的にバックアップしてあげて下さい。それが被告当事者の利益だけではなく、日本の司法のためになるとご理解下さい。

そして、冤罪被害者が一番望んでいることは、一人でも多くの人に自分の無実を伝えることです。

私はツイッター、フェイスブック、ブログ、Youtubeといったソーシャル・ネットワーキング・サービスをフル活用していますが、これが諸刃の剣であり、むしろ当事者の生の声を発信することには否定的な方も多いと思います。私の弁護団も、現在でもそれを奨励しているわけではなく、いつもはらはらしながら黙認している状況です。それでも、なんとか冤罪被害者の声をより多くの人に届かせるよう努力して下さい。

多くの人の理解を得るためには、逆に被告の無見識な発言を抑えることも必要です。その時は、通訳となり代弁者となって冤罪被害者の声を発信して下さい。

郵便不正事件~陸山会事件捜査報告書捏造で、日本の司法の片輪である検察には、自浄能力がなく、国民の利益を代表していないことは明らかとなっています。この危機的状況を少しでも是正するために、冤罪と戦うことは避けて通れない状況です。今はそうした歴史的要請があることをご理解頂き、是非ご尽力下さい。

頑張って下さい。私は世の中の冤罪と戦う人々を応援します。

6/23/2012




ここをクリック→「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会動画ダイジェスト版」

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」 改訂版

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事


ここをクリック→ 嘆願書まとめ

ぽちぽちっと、クリックお願いします







category: 刑事司法改革への道

2012/06/22 Fri. 16:06 [edit]   TB: 1 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/319-5d2cff78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【#検察なう (158) 「無罪の弁護をされる弁護士、将来の弁護士の方々へ」 6/23/2012】

#検察なう (158) 「無罪の弁護をされる弁護士、将来の弁護士の方々へ」 6/23/2012最近はツイッターのフォロワーも増え、その中には弁護士の方や法律を学ぶ学生の方もいらっしゃいます。無罪の弁護をする機会のある方もいらっしゃると思いますので、当事者の立場からメッセ...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/23 13:47

go page top