「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『アヴェンジャーズ』 ジョス・ウィードン監督 

フィルム・レビュー 『アヴェンジャーズ』 ジョス・ウィードン監督

アヴェンジャーズ

映画『アヴェンジャーズ』鑑賞。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が持っていたアメリカの初日3日間の興行記録を塗り替える話題作(世界では、歴代1位は『アバター』、2位が『タイタニック』。日本公開後『アヴェンジャーズ』はその記録を抜けるか?)。

マーヴェル好きとしては見逃せない作品です。実は昨日観に行こうとして一杯で入れず。今日は早々とチケットをオンラインで購入して再チャレンジ。開始のクレジットで歓声が上がり、終了時も拍手ってのは日本ではない雰囲気ですね。

アヴェンジャーズはマーヴェルのスーパー・ヒーローが集まったチームなんですが、特にメンバーは固定ではなく、作品によって入れ替わります。ただ「ビッグ3」と呼ばれるのが、アイアン・マン、ソー、キャプテン・アメリカ。今回は映画化ということでビッグ3そろい踏みです。

やはりストーリーの深みは単品作品に比べるべくもありませんが、単純に楽しめます。キャラとしては神のソーが最強のはずなんだけど、この映画ではとにかくハルク強すぎ。やっぱりトニー・スタークはかっこいいせすね。生まれ変わるなら断然トニー・スタークだなあ。グウェネス・パルトロ―好きだし(あ、そしたらコールドプレーのクリス・マーティンに生まれ変わるべきか)。

ということで、マーヴェル好きには文句なしにお勧め。「マーヴェルって何?」って人は観なくてもいいかも。それでも観たいという人は『マイティ・ソー』だけは観て予習した方がいいと思います(ストーリーに若干の関連性あり)。それからこの映画を観る場合は3D限定でお願いします。

ちなみに私が一番好きなマーヴェルの映画は『アイアン・マン』(ロバート・ダウニーJrの恩恵大)。お勧めは『ゴーストライダー』です。

ここをクリック→ 『アヴェンジャーズ』予告編

(Facebook 5/11/2012より転載)






ここをクリック→「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会動画ダイジェスト版」

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」 改訂版

ここをクリック→ 嘆願書まとめ


ぽちぽちっと、クリックお願いします



category: フィルム・レビュー

2012/06/24 Sun. 11:55 [edit]   TB: 1 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/321-68d94363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フィルム・レビュー 「アヴェンジャーズ」 ジョス・ウィードン監督】

フィルム・レビュー 「アヴェンジャーズ」 ジョス・ウィードン監督映画「アヴェンジャーズ」鑑賞。 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」が持っていたアメリカの初日3日間の興行記録を塗り替える話題作(世界では、歴代1位は「アバター」、2位が「タイタニック」...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/25 07:19

go page top