「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (180) 「第四回公判報告」 8/23/2012 

#検察なう (180) 「第四回公判報告」 8/22/2012

本日、第四回公判が開廷されました。

検察から一部追加の証拠調請求がありました。思わず笑いたくなるほど、取るに足らない追加証拠です。

その一つが「外務員必携」。証券会社の営業は、必ず証券外務員の資格が必要です。私も新入社員時に取得した資格です。そのテキストが外務員必携です。

そこには証券税制という章がありますが、源泉徴収に関する記載は

「利子、配当、給与、公的年金、退職金などについては、支払者がその支払の際に、所得の税率により所得税を天引きして、これを原則として翌月10日までに国に納付することになっています。これを『源泉徴収』といいます。」
というものです。

いわゆる常識的な記述で、その例外規定であるところの「海外報酬の会社の源泉義務」などには言及があるはずもなく、これで検察が何を立証しようとしているか全く意味不明です。むしろ、我々弁護側から一般常識はこういうものであるという証拠として提出したいくらいです。かなりやけくそ感のある証拠調請求です。

また会社のメールの開封記録も証拠調請求されました。私が、シンガポールの株式受け渡し担当者(部署名は経理部だと思っていたのですが、正式には「エグゼクティブ・コンペ―セーション部」というらしいです)のメールを開封したという自動送信の通知メールです。

会社のメール機能の一つに受信者が開封せずに削除した場合、アラートが送信者に行くよう設定できるので、私はメールを削除する際にはほぼ例外なく「開封済み」にしてから削除していました。そうした事情があればなおさら、開封の自動送信メールが存在したからといって、私が実際に読んだかどうか、更に理解したかどうかは全く分からないはずです。皆さんも、電子メールなり、手紙なりを開封したからと言って全部理解しているなどと解釈されたら驚きませんか?これまた検察が完全手詰まりである状況を示す証拠といえます。

私は、検察側証拠の同意・不同意に関してはあくまで弁護士の意見を最優先するものの、検察の恣意的な作文もりもりの調書の一部を除けば(それはひどいもんです。読んでみて驚きますから。よくこれで信用性を疑われないなという検面調書を平気で作ってきます)、基本、全て同意でいいと思っています。私は、何も包み隠すところはありません。

本日公判のメインは弁号証(弁護側請求による証拠)の証拠調請求でした。検察の請求した証拠は全て同意したのに対し、弁護側請求の証拠は不同意の山でした。

私の知人・友人による私の人物評定である146通の嘆願書不同意。そして今回、裁判所に提出するために、周りの人に「もしあなたが裁判員であったとしたらどう判断するか」を書いてもらった60通の上申書不同意。検察組織の行動論理の解説書である市川寛氏著の「検事失格」不同意。そのほか検察関連の報道記事一連不同意。

ここをクリック→ #検察なう (113) 「市川寛著『検事失格』」

不同意したということは、これらが彼らにとって不利な証拠だということを意味しています。やはり検察の目的は真実追及ではなく、起訴したからには有罪にしなければ「負け」という行動論理なのだと思います。

個人的に残念であったのは、勿論、嘆願書・上申書が不同意にされたことですが、検察関連記事の一つが不同意にされたことも少なからず残念でした。その記事は佐久間元特捜部長の就任の記者会見記事です。ここにその記事を添付します。

ここをクリック→ 佐久間元特捜部長就任の記事

佐久間元特捜部長は、先頃の陸山会事件での捜査報告書捏造事件で一躍勇名(?)をはせた人物です。彼の功名心が東京特捜部全体を前のめりにして、陸山会事件の捜査報告書捏造事件が起こったことは明らかであり、実行犯である田代検事は辞職に追い込まれています。ただあれだけの事件で、一検事が自分の判断で動くと考えること自体荒唐無稽で(それが大阪特捜部の郵便不正事件との差です)、全ての絵図を描いたのが現場のトップであった佐久間元特捜部長であったことは、通常の理解力があれば分かることです。

相当な無理筋の私の告発を受理したのが佐久間元特捜部長でした。私は、国税局からの覚えが高ければ出世にもよかろうという、彼の傲慢な考えの犠牲になったと感じています。検察は、私の無実を知りながら起訴をしたという、公訴権濫用の主張の裏付けとなる重要な証拠を検察は不同意にしています。

かくなる上は、第二回公判での、検察庁と国税局間の告発要否勘案協議会の議事録を弁護側が証拠開示命令申立をしたことに対し、裁判所がどういう判断をするかが注目されます。密室での姦計を白日の下に引きずり出すことができるか。そうなれば日本の司法も前進できる感じがします。

こうして考えてみると、「検察一体の原則」というのは皮肉なものです。検察組織の一部の暴走が、検察全体の名誉を汚していながら、彼らはその原則に縛られ、組織ぐるみで挽回を図らなければなりません。私が公判検事部長であれば、「ふざけんな、なんで俺たちが特捜部の尻ぬぐいをしなけりゃいけないんだ」と憤慨しているところです。それをしない彼らはやはり組織に従順なのかもしれません。

検察改革として、特捜部廃止が言われることもありますが、理想論としては彼らはやはり必要だと感じています。しかし、少なくとも特捜部から起訴権を切り離して、それを公判部に委ねるべきだと思います。特捜部のエリート意識が検察を「裸の王様」にしているのであり、日々裁判官や弁護士と接している公判部の方がよほどバランス感覚はあるであろうと想像します。

この案は、笠間元検事総長が就任直後に口にしていたと思いますが、いつの間にか立ち消えになったものです。内部改革をよしとしない勢力に押し切られたのだと想像します。

いずれにせよ公判が進むにつれ、検察の、正義を軽んじる役所の論理にはがっかりさせられます。司法が正しくあることの責任を裁判所に期待せざるをえない状況です。

第五回公判は9月14日13:15より、東京地裁第425号法廷にて開廷される予定です。

是非、「冤罪はこうして作られる」という実況中継を生でご覧になって下さい。引き続きご支援の程、よろしくお願いします。

8/22/2012










ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 冤罪と戦う八田隆を支援する会





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2012/08/23 Thu. 01:36 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

この記事に対するコメント

刑訴法や裁判のシロウトの質問ですが・・・

①弁号証が、検察、不採用の場合、不採用の理由は述べないんですか?

②証拠が証拠として認定されないと、裁判官は、それを証拠として審理しないのですか?

③嘆願書、上申書が弁号証としてあがっている、検察は不採用ということは、裁判官は知っているわけですよね? それは判事の心証には影響はないんでしょうか? それとも考えないように職業訓練をほどこされているんでしょうか。

今井洋子 #- | URL | 2012/08/23 Thu. 12:24 * edit *

質問ありがとうございます

① 不同意の理由を述べる必要はありません。極端な話、「気に入らない」でもいいわけです。ただ裁判官は「なぜ不同意なのか」と尋ねることはあるようです。それに答える義務はないのですが、裁判官の問いに答えないというのは現実的ではないようです。

② はい、全く審理はしません。なぜこのような手続きがあるのか、私も疑問を感じるので、少し掘り下げたいと思っています。

③ 理論的には心証に影響がないとされますが、実際はそうでもないはずです。例えば、証人尋問で不適切な(誘導等)の発言に対し「異議あり!」とそれを遮りますが、その時点では、裁判官の耳に入っていますから、心証は形成されます。品のない検事・弁護人は異議が出される前提で言った者勝ちということはあるようです。建前はそれを記憶から消して、心証に影響しないというもので、裁判官はそういう訓練がされているとするものですが。ポール・ニューマン主演の映画「評決」でも、証拠が適正な手続きではないと検察が主張して陪審員に「この証拠は不適切なので、記憶から抹消して下さい」というシーンがありますが、結局それに陪審員の心証は影響されて弁護側が勝つというものでした。




> 刑訴法や裁判のシロウトの質問ですが・・・
>
> ①弁号証が、検察、不採用の場合、不採用の理由は述べないんですか?
>
> ②証拠が証拠として認定されないと、裁判官は、それを証拠として審理しないのですか?
>
> ③嘆願書、上申書が弁号証としてあがっている、検察は不採用ということは、裁判官は知っているわけですよね? それは判事の心証には影響はないんでしょうか? それとも考えないように職業訓練をほどこされているんでしょうか。

八田隆 #- | URL | 2012/08/23 Thu. 21:09 * edit *

ご回答、ありがとうございます。
①②に関しては、そういうものと言われたら、黙っちゃいそうな日本人な私ですが、おかしいといえばおかしいきがします。
掘り下げて頂けたら、うれしいです。

今井洋子 #- | URL | 2012/08/24 Fri. 16:49 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/367-babea5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top