「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

上申書 (13/60) 寺西常雄 

上申書 (13/60) 寺西常雄

裁判所に提出する目的で、私の知人・友人に「あなたが裁判員になったとしたら」という観点で上申書を書いてもらうことを依頼しました。1ヶ月で60通の上申書が集まりました。ところが上申書の裁判所提出は検察の不同意で阻まれ、それはかないませんでした。彼らの正義を希求する声を無駄にしないために、本人の了承を得た上でブログでの実名公開に踏み切ります。

ここをクリック→ #検察なう (183) 「上申書に関して」

私のブログでは、「#検察なう Tシャツ・プロジェクト」と称して、支援者の方々に、#検察なう Tシャツの写真を送ってもらって、それを掲載しています。

不謹慎だという声もありました。確かに犯罪者であれば、肩より低く頭を垂れて自粛すべきでしょうが、犯罪の犠牲者(戦争と冤罪は国家の犯罪です)である私は何ら恥ずるところはないので、むしろより多くの人に事件を知ってもらうべく、積極的に広報活動を行っています。「#検察なう」には、犯罪者はどっちだ、という社会の判断を仰ぐメッセージが込められているものです。

ヤフオクのヘビーユーザーである私は(検察の冒頭陳述では、1000円に満たない領収書を医療費控除申請すると脱税犯罪者だとのごとき主張がありました。先日、ブックオフで間違えて同じDVDを買ったため、ヤフオクで送料込700円で売りましたが、多分これも検察によれば脱税犯罪者のプロファイリングに合致するのかもしれません)、#検察なう Tシャツをヤフオクに出品していました。

#検察なう Tシャツが落札されたため、連絡したところ、落札してくれたのは、今回上申書を紹介する高校時代の友人でした。こういう形で支援の気持ちを示されるとうれしいものです。

先日、彼を含めた嘆願書・上申書を書いてくれた高校同級生と後輩の計8人で、蒲田に集合しました。1年後輩に蒲田の帝王がいるため、彼のテリトリーで飲もうという企画でした。私としては、始発まで飲んだのは久々でした。さすがに鎌倉までの帰りの電車で降りるべき駅を2回も寝過ごして、家に辿り着くのが大変でした。やはり本音で語り合える仲間というのはかけがえのないものです。

「上申書

八田隆氏の申告漏れ裁判にあたり、私の思うところを述べます。

私は八田氏とは高校の同級です。高校卒業後は会うことがありませんでしたが、1年半ほど前の2011年2月に私がFacebookに登録し、同年9月頃に八田氏とFacebook上の友達になってから交流が再開しました。

率直に私が思うに、八田氏は故意で脱税を行う人物ではありません。

誰とでも分け隔てなく付き合い、裏表がまったくなく、相手に媚びることなく、自分の信念を強く持った人間です。

私が知る唯一の彼の弱点は「俺は絶対にやってないから信じてくれ」ということを決して言わないことです。もしも回りの者から疑いの目を向けられたら、普通の人は素直に信じてくれというのではないかと思いますが、彼はそれを多分言いません。お前は友達だから俺がやってないことはわかってくれるだろう?とか、あなたは僕がそういうことをする人間かどうか分かりますよね?という風にしか言わないように思います。

自分は後ろ指を指されるようなことを決してしていないし、自分の生き方に自信があるから、自分を責める相手が現れた時には、自分が折れたり、なんとか説得したりするのではなく、とことん自分の正義で戦うことを選びます。裁判ではそのことが不利な材料にならないよう、そういう彼の性格を是非、裁判員の皆様にはご承知おきいただきたく思います。

さらにもうひとつ申し上げます。

彼は大変聡明です。今回の事件で有罪と問われるようなことを、彼が故意に行うことは考えられません。

少なくともバレないと考えることは想像できないし、その税額は彼の当時の収入や将来にわたって得られるだろう所得と比較してまったく大きな額ではありません。計画したり故意に行ったのではなく、過失でしかないことはきわめて明白です。

以上のことを是非、裁判時にご考慮いただきますことをお願い申し上げます。

寺西 常雄」

ここをクリック→ 寺西常雄上申書











ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 上申書

2012/09/11 Tue. 07:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/386-c2ebde80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top