「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (234) 「強制捜査4周年~4年前の主張」 12/16/2012 

#検察なう (234) 「強制捜査4周年~4年前の主張」 12/16/2012

(強制捜査から1461日)

国税局査察部による私名義の不動産4ヶ所及び金沢の実家への一斉強制捜査は、4年前の丁度今日、2008年12月16日に行われました。

私はたまたま帰省しており、金沢の実家にいました。朝8時、4人の査察官が、突然捜査状を持って家に乗り込んできました。聞くところでは、ほかの4ヶ所にも同時に強制捜査が入り、関係者には多大な迷惑をかけたものです。

実家の捜索は午後の4時頃には終わりましたが、私はその後金沢税務署に連行され、取調べを受けることになりました。

その取調べから解放され、家に帰ることができたのは夜中の2時頃でした。

次の取調べの呼出しは、一日置いての二日後に東京大手町の東京国税局だったため、私は取るものも取らず、強制捜査の翌日に車で東京に戻ってきました。

金沢から東京へはいろいろなルートがありますが、私がよく使うのは北陸自動車道を糸魚川で降り、白馬を通って、中央自動車道に抜けるルートです。スノーボードのため毎シーズン通い、最初の会社を辞めた時には半年間住んだ白馬の景色を眺めて帰ります。

その時は、前日の取調べの様子を思い浮かべながら、翌日の取調べでいかに理解してもらうかを考えながら6時間程の間ハンドルを握っていました。

そして次の日の取調べに際しては、「まず説明させて下さい」と私は、過少申告が過失であったことの理由を説明しました。

その時の説明をベースに作成し、後日文書でも提出したものが、この添付の東京国税局長宛ての文書です。

ここをクリック→ 1/9/2009作成 上申書

当時は弁護士もつけておらず、全て自分の言葉で書いたものです(税務調査開始後に、若干の用語の知識はつけましたが。会社在籍時は「源泉徴収票」という言葉すら碌に知らない税務オンチでしたから)。

先日の検察論告では、私の主張が変遷しているかのような揚げ足取りがされていますが、この文書を読んで頂ければ、それが全くふざけた言い掛かりであることがお分かり頂けると思います。

ここに書かれた私の主張の骨子は

「株式報酬は給与であると理解していた以上、申告及び納税の義務があることは知っていたが、それは源泉徴収票を提出することで申告され、会社の給与天引きで納税もしていたと思っていた。源泉徴収票や税理士作成の確定申告書を自ら確認することもなく、実際の納税額の把握はしていなかった。」

というものです。

4年前から今まで、その主張は1ミリたりともぶれていません。この4年間、同じことを何百回、何千回と繰り返し言い続けています。

事件の概要を説明するのに30秒とかからない単純な事案です。争点も私の故意があるかないかの1点のみで、ほかに争う事実認定は全くありません。なぜそのような事案に、4年もの歳月が費やされなければならないのでしょうか。

まさに「証拠はない。それでも有罪にしなければならない。」という「悪魔の証明」(この用語に馴染みのない方は是非ググってみて下さい)をしようと、捜査権力は躍起になってるということです。

私は、4年前の当時はきちんと説明をすれば理解されると思っていました。この4年間で、捜査権力とは真実を追求するものではなく、彼らの論理を押し通すものだと知りました。

この4年間、沢山の方々にご支援頂き、本当に感謝しています。正義を求める戦いはまだまだ継続します。引き続き応援の程、よろしくお願いします。

12/16/2012











ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会動画ダイジェスト版」


ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事


ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事 Part2

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事 Part 3

ここをクリック→ 嘆願書まとめ

ここをクリック→ 上申書まとめ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします
↓ 

category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2012/12/16 Sun. 07:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/464-84f818fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top