「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (278) 「映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』観賞」 3/15/2013 

#検察なう (278) 「映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』観賞」 3/15/2013

(強制捜査から1550日)

eiga.jpg

昨日、映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の3回目観賞しました。

3回目というのも、実は先日の判決日の3月1日に上京中の両親に観せたくて観賞したのですが、映画の日(入場料1000円)ということに気付かず、裁判所に行く道すがら前売り券を買っていました。それで、前売り券を使うのが悔しくて(せこっ!)、入場料を払って観賞したというのが2回目観賞の前回でした。

この作品が真に心を打つのは、今まさに奥西さんが命を賭して、真実・正義を貫くために戦っているからです。それをリアルタイムで共感できるところが、心に迫る理由です。

劇場を見回すと、観客のほとんどは妙齢の方ばかりでしたが、是非、高校生や大学生といった若い人たちにも観て欲しい映画です。

奥西さんを無実の囚われの身から救うために、我々一人一人ができることには限界があります。しかし、日本国民の1/10でもこの映画を観れば、必ず時代は変わります。この映画を観れば、何かできることはないかと考えないではいられないからです。それほどパワフルな映画だと思います。

今年87歳になった奥西さんの時間は限られています。一日、一刻でも早く彼の自由を取り戻すため、この映画を一人でも多くの人に観てもらいたいと思います。

配給会社では、自主上映会も募集しています。問い合わせたところ、映画レンタル(現在は、映画はフィルムではなく、ブルーレイディスクだそうです。へええ~)は、入場無料の自主上映で最低6万円、入場料が有料の場合、チケット1枚当たりで加算課金(400円程度)されるようです。お住まいの地域でロードショー予定がない場合、地域共同体で、自主上映会を企画するのもよいかと思われます。

お問い合わせ
合同会社 東風 メール:info@tongpoo-films.jp  電話:03-5919-1542

映画に関して~

3回目でも涙なくしては観られなかった素晴らしい作品だと思います。この作品を単なるドキュメンタリー映画ではなく、上質の映画作品としているのは、やはり仲代達矢氏(奥西勝役)と樹木希林氏(母タツノ役)の功績が大だと思われます。

事件に人生を翻弄される奥西勝さんの生き様を実に人間臭く描写し、彼と母親との親子の情愛を感性豊かに描いています。

映画では、最初から事件をドキュメンタリー的に説明するのではなく、ドラマ仕立てで丹念に展開しています。それが、事件の知識を少なからず持つ者としては、最初若干スローペースだと感じられましたが、徐々に加速して中盤以降ぐいぐい来ます。

ドキュメンタリーとしての部分では、実際の映像をふんだんに使い、状況がビビッドに伝わってきます。有罪方向の証拠として唯一かすかに意味のある自白に関しても、彼の逮捕直後の記者に対しての答弁や、一審無罪判決後の記者会見の映像は、記録的に価値があると思われます。「あー、この受け答えだけだと、有罪の心証ができても仕方ないかも」という雰囲気がよく分かりました。

証拠に関しては実に効果的に説明されていて、非常に説得力がありました。ただドラマとしての部分に関しては、奥西さんの妹岡美代子さんを全く出さないことで演出効果を高めることはよしとしても、ドキュメンタリー部分に関しては、検察主張も十分に説明した方がフェアではないかと思いました。それはニッカリンTの色に関するもので、当時生産されていたのは赤色に着色されていましたが、それ以前には着色されていないニッカリンTが生産流通していたというのが検察の主張です。

とにかく弁護士がかっこいい。鈴木泉弁護団長や、野島真人弁護士の熱意あふれる姿を実に生き生きと捉えた映像が効果的です。

また元判事の秋元賢三氏の涙だけでも十分観る価値がありました。

百聞は一見に如かず。是非、お近くの映画館に来た時に是非ご覧下さい。東京での上映は、渋谷ユーロスペースで、本日3月15日が最終日です。

ここをクリック→ 映画『約束』予告編

事件に関してはこちら。

ここをクリック→ 冤罪ファイル 「名張毒ぶどう酒殺人事件」

3/15/2013










ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 名張毒ぶどう酒事件

2013/03/15 Fri. 07:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/519-f9fd525f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top