「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

経過報告 (43) 「検察取調べ第六回」  9/22/2011 

経過報告 (43) 「検察取調べ第六回」 9/22/2011

今朝の取調べ開始は朝10時半。鎌倉から品川乗換で五反田に向かうべきところ、電車で寝過ごし、東京まで行ってしまいました。遅刻は8分程度でしたが、前もって検事に電話で連絡を取ったので問題はありませんでした。そして終了は夜9時。さすがに疲れました。

途中、あることを調べるため、クレディ・スイスの元部下に連絡を入れました。「今、どこ」「勿論、オフィスですよ」。それを聞いた時、「あー、世の中の人々が働いているのに、私はこの3年間、実に膨大な時間を無為に費やしている」という思いに囚われ、非常に虚しくなりました。それも疲れた一因です。

今日の取調べで、それだけ時間がかかったのは、今日のトピックに関して、私が「知らない」「分からない」「記憶にない」と繰り返したためです。「あしたのジョー」の青山君ばりのこんにゃく戦法です。真実は、実際に私の言葉通りなのですが、やはり検事も「はい、そうですか」というわけにも行かないのでしょう。問いをたたみかけてきます。最後は半ばキレかかる検事が調書に「私はほかでもないあなた自身のことを聞いている。これまで再三国税局の取調べでも聞かれた内容に関し、『知らない』を繰り返すのではなく、もっと真摯な態度で対応してほしい」と書いたことに、私もカチンと来て「押収されたメールの内容から、私が知らなかったことが事実であることは明らかです。再三聞かれたこととおっしゃいますが、国税局の120時間に亘る取調べでも聞かれたことのないようなことを聞かれて、『知らない』と答えることが不自然であるとは私には到底思えません」と調書に残しました。

国税局査察部の調査は正直、ざるです。くだらないことを繰り返し聞いて、時間ばかり浪費していました。「あなたは4年前のこの日にATMから、48万円を引き出していますが、なぜ48万円1回ではなく、24万円を2回引き出しているのですか」「4年前のことですので覚えていません。それに、それが会社の株式支給の脱税容疑と何の関係があるのですか」「あなたが関係ないと思っても、私たちは関係あると思っているから聞いているのです。覚えていませんでは困りますので、思い出して下さい」。これが国家の最強税務捜査機関の実態です。

それと比較すると検察は実に緻密です。それも緻密過ぎて、「検事さん、あなたは本当に私がそうしたことを知っていると期待して聞いているのですか」と問い質したくなるほど、細かいところを突いてきます。例えば、複雑な給与プログラムの内容を実によく理解しているのですが、あまりにその理解が不必要に十分過ぎて、多分、彼らは実社会での常識的なバランス感覚というものを失っているのではと思ってしまいます。 

先日、税理士の強制捜査、任意同行による取調べが行われたと伝えましたが、クレディ・スイスの他の職員にも、私の事案に関し、特捜部の捜査が入るようです。しかも、嘆願書を書いていない人の中から選ばれるようです。嘆願書を書いた人間だと、私に好意的なことしか言わないという判断でしょう。取調べ対象者には、嘆願書を頼んでいない者も、頼んで書いてくれなかった者もいるでしょうが、「何で自分が」という気持ちに囚われるのでしょう。その気持ちを私は100万倍持っているということを彼らには知ってほしいところです。ただそうした気持ちはこれまで取調べで一度たりとも表したことはありません。「真摯な態度」は十分に示してきたつもりです。と、ここまで書いてムカついてきたので今日はこれくらいにしておきます。

明日は世の中が休日ということもあり、午後1時半からの取調べです。明後日も同じ時間です。しあさってはお休みです。その後の予定に関しては明後日決めるようです。

おやすみなさい。いつも応援ありがたく思っています。

9/22/2011


ぽちぽちっと、クリックお願いします





category: 地検特捜部との死闘実況

2011/09/26 Mon. 17:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/53-3b449303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top