「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (290) 「控訴審弁護団新編成」 4/22/2013  

#検察なう (290) 「控訴審弁護団新編成」 4/22/2013

(強制捜査から1588日、検察控訴から41日)

検察はこれまで幾度とない引き返すチャンスを全てなぎ倒してここまで来ました。結局、彼らに自浄能力を期待することは空しく、外圧でしか彼らを正すことはできないかのように見えます。

彼らの類稀なる能力が無駄に浪費されていることは、実に国家の損失であり、それを自ら気付いてほしいと思います。検察に対する信頼が大きく揺らいでいる今、愚かな行動を繰り返すのは自殺行為以外の何物でもありません。そしてそれは我々国民の不利益としてはね返ってくるものです。彼らが正しくなくして、社会正義は守られないと私は信じています。

とはいえ、検察の心配ばかりしていられないのが私の状況で、身に振りかかった火の粉は払わないといけないものです。これから突入する控訴審の準備も着々と進んでいます。

一審の弁護団は、平均年齢アラサ―の機動力とクリエイティビティーを生かして、期待以上のパフォーマンスを発揮しました。

そして控訴審では、我々は更に攻めの姿勢を崩さないものです。高裁裁判体に対応すべく、控訴審の弁護団を新編成しました。一審弁護団の若手二人に代えて、重量級打者を加えます。平均年齢は一気にアラフィフです。

弁護団に加わるのは喜田村洋一弁護士。彼の経歴は以下の通りです。

1950年生まれ
東京大学法学部・ミシガン大学ロースクールを卒業
弁護士(1977年~)・ニューヨーク州弁護士(1983年~)

取扱い事件

最高裁大法廷事件

・ レペタ事件
法廷傍聴者のメモの自由が争われたもの。最高裁1989年3月8日大法廷判決で、メモの自由が承認された。

・ 在外日本人選挙権事件
外国に居住する日本人が国政選挙で選挙権を行使できないことの違憲性が争われたもの。最高裁2005年9月14日大法廷判決で、在外選挙を認めないことが違憲であるとされた。

刑事事件

・ ロス疑惑事件(銃撃事件。東京地裁で有罪、東京高裁で原判決破棄、無罪、最高裁で検察官の上告棄却〔無罪確定〕)

・ エイズ安部医師事件(血友病患者に対する治療方針を決定した医師が、患者をエイズに罹患させたとして業務上過失致死で起訴されたもの。東京地裁で無罪、東京高裁で公訴棄却〔被告人死亡〕)

・ 東京女子医大事件(心臓手術を受けた女児が死亡したことについて、人工心肺を操作していた医師が業務上過失致死で起訴されたもの。東京地裁で無罪、東京高裁で検察官の控訴棄却〔無罪確定〕)

・ 小沢事件(政治資金規正法に基づき作成される収支報告書の内容が虚偽であるとして政治家が同法違反で起訴されたもの。東京地裁で無罪、東京高裁で指定弁護士の控訴棄却〔無罪確定〕)

一審の主任弁護人の小松正和弁護士とツートップの弁護団です。勝つべくして勝つ布陣です。是非ともご注目下さい。

4/22/2013










ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会ダイジェスト版」(動画)


ここをクリック→ 嘆願書まとめ

ここをクリック→ 上申書まとめ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2013/04/22 Mon. 06:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/535-c9566c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top