「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『ワールド・ウォーZ』 マーク・フォスター監督 

フィルム・レビュー 『ワールド・ウォーZ』 マーク・フォスター監督

world war z

終末ホラー作品『ワールド・ウォーZ』観賞。

監督は『007慰めの報酬』を監督したマーク・フォスター。であれば、あまり期待できないところ。ただ映画予告がなかなか迫力があったので観てみた。タイトルの「Z」は最終戦争とゾンビのダブルミーニングか。

息子の解説では、ゾンビ物はブードゥー系(なぜ人間がアンデッドになるか説明していないもの)とウィルス系に分かれるが、ブードゥーだと世界的なアウトブレイクがストーリー的に難しいため、映画のプロットとしては「オワコン」(終わったコンテンツ)なんだと。

しかし、この映画の最初15分に緊張感があったのは、「なぜ」という謎解きなしに恐怖に叩きこまれただ単に逃げ惑うだけだったからなのではないだろうか。それが、主人公が国連職員のフィールド・エージェントで、ゾンビがウィルスによるものと解説されるに従って緊張感が失せた感がある。

感染はゾンビに噛まれた場合、という伝統的な設定を踏襲しているが、噛まれた手を切り落として大した止血もせずに生き長らえたり、飛行機が墜落して、重要な登場人物だけ生き残ることができたという設定は納得いかない。

また、ここで登場するゾンビは、最近のゾンビ物にある「走るゾンビ」であり、襲われる恐怖感が映像的に強調されるということなのだろうが、生きていた時より身体能力が上がることにはこれまた納得がいかない。

恐怖映画が、その緊張感を維持できずにコミカルになってしまうことはよくあるが、この映画もそうした感じを受ける。配役もブラッド・ピット以外では、『24』のチェイス役のジェイムズ・バッジ・デール、『LOST』のジャック役のマシュー・フォックスというテレビ中心の俳優を使い、ほかは無名。ブラピが浮いている感は否めない。

但し、ストーリー的に(ネタばれになるので書かないが)ゾンビに対抗する方法はなかなかひねりが効いていた。その方法自体、若干の無理はあるが、人間がアンデッドになる時点で無理はあるので、それはよしとしよう。

やはりゾンビ映画は、一般人が、世界から取り残され、絶望感の中でも何とか生き延びようと逃げ惑う孤独感・恐怖感が最高のモチーフであると思う。やはりこのジャンルではジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ(Dawn of the Dead)』を越える作品はないと思われる。

ここをクリック→ 『ワールド・ウォーZ』予告編

(Facebook 6/25/2013より転載)
















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会ダイジェスト版」(動画)


ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 「#検察なう」 ツイッタ―bot





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: フィルム・レビュー

2013/06/30 Sun. 07:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/566-8056ca31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top