「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

経過報告 (48) 「検察取調べ第十回」 9/28/2011 

経過報告 (48) 「検察取調べ第十回」 9/28/2011

連日の取調べで、連日の経過報告です。今日は午後1時半から8時半まででした。

昨日来、ツイッターで盛り上がっている話題が小沢氏元秘書の有罪の件です。この事件に関しては、私も正直全てを理解しているとは到底言えません。何しろ背景が複雑で、これまで何冊か文献に当たったのですが、全くピンときません。しかし、事の本質は、裁判所という試験官が、検察というエリート受験生に対し、余りにも完璧を受験生が期待されていると勘違いしているがゆえにカンニングをするため「そこまで完璧にすることないんだよ。それでも合格点は出すからね」ということだったようです。これまでは供述調書主義で、完璧な調書を作ろうとする余りに、「検事の作文」や極端なケースでは郵便不正事件のように証拠の捏造まで引き起こした検察に対し、裁判所が「無理をするな。状況証拠だけでも、有罪の事実認定はするから」というのが、裁判所のメッセージだったようです。直前に、裁判所は検察の調書をほとんど証拠採用しないとした上での今回の有罪判決は、当の検察ですら違和感を覚える(by 郷原信郎)というドッキリ判決だったようです。

これを受けて、裁判所の実状を知らしめる情報がツイッター上でシェアされ、私も今日の午後からの取調べ前に、午前中の空いた時間でそれらをチェックしていました。特に興味深かったものが、元判事の弁護士のインタビュー動画でした。インタビュアーはUstreamを通してニュースを発信するIWJ社代表の岩上安身氏。

そこでは震撼すべき事実が語られていました。裁判所ってこんなヤバいところなの?って。そこで語られているのは「行政・立法・司法の三権分立で司法の国家予算は0.3%」「司法の独立といいながら、予算を握る行政におもねる司法」「無罪判決は行政を脅かす行為」「判事の人事考査は全く不透明で、最高裁の胸中を忖度するようにならざるをえない」「判事の有能・無能は仕事の処理能力、処理件数が多ければ多いほど有能とされる」「判決文は、原告側の主張に沿って書くか、被告側の主張に沿って書くかをまず決めてから作成」「判決文作成で一番簡単なのは、原告の論告をコピペ」といったことです。

そして今日の検察の取調べに臨んで認識を新たにしました、検察の捜査能力の高さ。勿論、彼らが優秀であることは間違いないのですが、効率性といったことを全く無視した捜査への時間と資金の投入がそれを可能としています。私自身が忘れていたり、知らないことを信じられないくらい細かく調べ上げています。それだけ調べれば、私がシロなことくらい、苦もなく分かるだろうという程のものです。彼らに対する甘い期待は捨てた方が身のためです。再度確認したのは、彼らは「クロにできるものは有罪、クロにできないもののみが無罪」であると考えていることです。

しかし、先の裁判所に関する状況と、この検察の状況を合わせて考えると、日本において刑事事件の有罪率が99.9%というのは全く理解できないことではないということです。捜査能力に格段の差があります。多分、メジャーリーガーと少年野球程の違いはないにしろ、プロ野球と高校野球の違いくらいは優にありそうです。いかに怪物級の高校球児であっても、プロ相手に勝てるとは思ってはいないのではということです。

今日の取調べは正直へこみました。今週に入って、取調べは佳境に入り、彼らが怪しいと思っていることをダイレクトにぶつけてきます。こちらとしては、試験のヤマを張って、そのヤマが完全に当たっているにも関わらず、これまでに見たこともない出題をされて、解答用紙白紙ということはないものの、非常に苦戦しているという感じです。

明日は3時から取調べが始まります。今日はクレディ・スイスの税務調査対象者の反面調査が行われている模様です。それを受けての取調べが明日のそれだと思っています。油断していたわけではありませんが、全く予断を許さない状況には変わりがないというところです。

やはり、自分の道を切り開くのは他力本願ではだめだということなのでしょうか。明日はまた気を引き締めて、気合で臨みます。嘆願書は実は私にとって、孫悟空の如意棒ほど威力のある武器です。応援ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

9/29/2011



ぽちぽちっと、クリックお願いします




category: 地検特捜部との死闘実況

2011/09/28 Wed. 09:04 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/58-d645ddfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top