「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (331) 「控訴審第一回公判の期日が決定&トゥギャッタ―合計ヴュー数が6万を突破」 9/19/2013 

#検察なう (331) 「控訴審第一回公判の期日が決定&トゥギャッタ―合計ヴュー数が6万を突破」 9/19/2013

(強制捜査から1738日、控訴審まで57日)

私の控訴審の第一回公判の期日が決定しました。取り急ぎお伝えします。

11月15日(金) 14:00 
東京高等裁判所 (東京都千代田区霞が関1-1-4、東京地裁との合同庁舎)720号法廷
担当裁判官: 第1刑事部(裁判長 ― 角田正紀裁判官)

「出頭してください」という公判期日召喚状を受け取りました。欄外に「注意」として「被告人は、公判期日に出頭する権利がありますから、この召喚状を発しましたが、控訴審では出頭する義務はないので出頭しなくても差し支えありません」とあるのが印象的でした。

裁判長の角田正紀裁判官は、今年6月から法制審議会「新時代の司法制度特別部会」の委員を務められている方です(彼の前任はゴビンダ氏の再審開始、刑の即時停止を決定した小川正持裁判官でした)。

私の公判は参加型イベントです。傍聴、「#検察なう」ハッシュタグ付きツイートのご参加を是非お願いできたらと思います。

ツイッターの最大の特長はその適時性です。後から回顧して書かれたものより、その140文字の中にその瞬間がまさに凝縮しています。

ツイッターでは、自分のフォローしている人のツイートが、パソコンやスマホの画面上のタイムラインに次々表示されますが、過去のツイートは画面をスクロールしなければ見られず、どんどん奥の方へ押しやられてしまいます。過去のツイートをピックアップしてまとめるアプリが「togetterトゥギャッター」で、これはまさにツイートのタイムカプセルです。

私の公判でも、毎回、傍聴や場外で見守ってくれた人たちがツイートしてくれています。そのツイートはトゥギャッターでまとめられています。地検特捜部の取調べから、11回の公判そして検察控訴まで、トゥギャッタ―は13本ありますが、その閲覧の合計数が6万ヴューを越えました(9月18日現在60,615ヴュー)。全てのトゥギャッタ―のリンクはこのブログの右脇に貼ってあります。

その中でも断トツ、ワン・ツーのアクセス数は無罪判決の第11回公判と、地検特捜部取調べのトゥギャッタ―です。

ここをクリック→ 第1位「無罪判決トゥギャッタ―」

強制捜査から4年3ヶ月を経ての無罪判決。ここまで本当に多くのドラマがありました。その集大成が一審裁判長佐藤弘規裁判官の説諭ではないでしょうか。多くの人が司法に希望を持った瞬間でした。正義とはかくあるべし。

是非周囲の熱狂ぶりを味わって頂ければと思います。

ここをクリック→ 第2位「地検特捜部取調べトゥギャッタ―」

これは2011年9月に地検特捜部の取調べが開始してから、取調終了・起訴までの3ヶ月間のツイートをまとめたものです。

この当時はフォロワーの数は100人あまりでほとんどの方が友人・知人という状況でした。検察取調べで否認をすれば逮捕されるというのが世の中の常識でしたので、取調べの度ごと、前に「最後の行ってきます」ツイートをし、後に「祝!生還!」ツイートをしていたのがこの3ヶ月間でした。

取調室での極度の緊張を短時間の休憩で一気に弛緩させようとする「ゆるゆるツイート」や、疲れのピークで思わずつぶやいた「不満ぶちまけツイート」を味わって頂ければと思います。

控訴審開始まであと2ヶ月。あまり為す術もありませんが、徐々に気分をアゲて行きたいと思います。是非、変らぬご支援のほどよろしくお願いします。

9/19/2013









法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は sienhatta@gmail.com までご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 「#検察なう」 ツイッタ―bot





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事裁判公判報告

2013/09/19 Thu. 01:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/601-f08f2b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top