「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (343) 「府中刑務所文化祭に行ってきました」 11/4/2013 

#検察なう (343) 「府中刑務所文化祭に行ってきました」 11/4/2013

(強制捜査から1784日、控訴審初公判まで11日)

毎年、文化の日には府中刑務所文化祭が開かれると聞き、さっそく行ってみました。

府中刑務所文化祭

府中刑務所は2500人の受刑者を収容する日本最大の刑務所です。外国人の受刑者も多く、住宅地に隣接しているということで話題となることも多いようです。

朝10時開門に、北府中駅を降りたのが9時過ぎ。ところが開門前から既に長蛇の列でした。早っ!

CIMG6238.jpg

そして開門。

CIMG6240.jpg

この府中刑務所文化祭の目玉は何と言っても「プリズンアドベンチャーツアー」。刑務所の中を見学できる貴重な機会です。ツアー入場に更に並び、順番を待つこと1時間半。整理券配布という事前情報だったのですが、今年は並んで入る方式でした。

刑務所内は撮影禁止なので、とりあえず入場まで。完全にテーマパーク状態です(笑)。

ここをクリック→ プリズンアドベンチャーツアー

自動で開く門を入ると、奥にも二重に門があり、後ろの門が閉った後に高く取り囲む塀に切り取られた空を見上げるとやはり緊張感が走りました。

そこからマイクロバスで所内を移動し、バスを降りてから歩いて所内を見学です。20人ずつのグループの前後に刑務官が付いて、解説をしてくれます。案内をしてくれた刑務官は前原誠司氏そっくりの方でした。「みなさん、お連れの方はいますか。それでは誰も脱獄した人はいないということで進みます」とか、子供に「はぐれると、二度と出られないからね」とか言っていました。なかなかお茶目な刑務官でした。

無題

(写真は本人ではありません)

ツアーは主に受刑者の作業場を周り、どのような活動をしているかというものが中心で、残念ながら寝食している場所を見ることはできませんでした。それでも受刑者の生活に一番近付いたのが、風呂場の見学でした。週2回、1回の入浴時間が15分と定められた入浴には色々なルールがあり、注意書きが掲げてありました。曰く、「かけ湯は2杯」「入浴中に使うお湯は12杯」等々。面白かったのが、もみあげの長さの規定でした。注意書きの看板にこのような絵が描かれており、もみあげの長さは目の位置までとされていました。尾崎紀世彦ばりのもみあげの人は「お、俺のもみあげが....」と言うところでしょうか。

ここをクリック→ もみあげの長さ

(絵は私が描きました)

ツアーを終了して外に出ると、何となくほっとしました。やはり塀の中には入りたくないものです。

ほっとするとおなかがすいたので、模擬店で腹ごしらえ。全て刑務所職員による模擬店で、職員の部活ごとの出店でした。イベントクラブ(何をするんだ?)の焼き鳥とサッカー部のホットドッグを買いました。

CIMG62451.jpg

山のような人出が狙っていたのは、全国の刑務所の受刑者の方が作る様々な商品の展示即売会です。それらは「ひそかにブーム」だったり、「アノ話題の」だったりのようです。

CIMG6261.jpg

CIMG6262.jpg

とにかくいろんなものがあります。

府中刑務所製作革トートバッグ(「府中2号」という商品名でした)。5980円。

CIMG6253.jpg

こちらは甲府刑務所製作のパンダのぬいぐるみ。これも革製品。

CIMG6255.jpg


これは函館少年刑務所製作「イカール星人メモ」。

CIMG6267.jpg

そのほかにもお茶(鹿児島刑務所)、備前焼風陶器(岡山刑務所)、みこし(富山刑務所)、剣道具(熊本刑務所)、そばがら枕(長野刑務所)、文鎮(金沢刑務所)など本当に色々なものがありました。そしてこれは黒羽刑務所製作のキティだるま。

CIMG6258.jpg

さすがにご当地「マル獄」バージョンではありませんでした。

そして勝手に刑務所製作商品のグランプリを選ばせて頂きました。それが月形刑務所製作ダイニングテーブル。14万9100円なり。モダンなデザインで非常に質感のよい、完成度の高い商品でした。月形刑務所の受刑者の皆さん、おめでとうございます。

CIMG6292.jpg

準グランプリは高松刑務所製作の民芸チェスト、18万8000円なり。なかなかでしょ。

CIMG6273.jpg

総じて木工製品の出来は水準が高いと思いました。

会場では、刑務所職員によるバンドのステージもありました。グループ名は「デビルズ」。刑務官が悪魔でいいんかい、とも思ったのですが。レパートリーは、ハードな見かけにそぐわぬいわゆるムード歌謡で、健康ランドの宴会場あたりがぴったりの感じでした。そういう雰囲気が受刑者に受けるのでしょう。

CIMG6283.jpg

そして最後に、府中刑務所文化祭名物コッペパンの販売に並びました。これがまた長蛇の列。午前、午後と2回の販売があり、午前800人、午後700人限定の販売です。

CIMG6279.jpg

なくなってしまわないか結構ドキドキでしたが、無事ゲットしました。2個で100円。

写真 (1)

味はちょっと塩味のある昭和な感じでした。ということで、刑務所職員や受刑者の方々のことを考えながら過ごした1日でした。なかなかない機会なので、皆さんも機会があれば是非ご参加下さい。

11/4/2013












法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は sienhatta@gmail.com までご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事事件一般

2013/11/04 Mon. 01:51 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/622-d92b4273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top