「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

フィルム・レビュー 『キャプテン・フィリップス』 ポール・グリーングラス監督 

フィルム・レビュー 『キャプテン・フィリップス』 ポール・グリーングラス監督

captain phillips

映画『キャプテン・フィリップス』観賞。

こ、れ、は、そーとー面白いです。やはり実話に基づくリアリティーがこの映画の命です。全編手に汗握る展開。

トム・ハンクスの演技は素晴らしく、特にラスト5分は感動。これでダニエル・デイ・ルイスに並ぶ3度目のオスカー主演男優賞は決まりかと。

また映画の深みを増しているのは、ソマリア海賊の描き方。単に残虐なモンスターではなく、やはり彼らも生身の人間として描かれています。貧しく腐敗した国の絶望的な状況の中で、彼らが武器を持つことの危険性を考えさせられました。

US Navyの協力もしっかり得られていることを伺わせる迫力。しかも役者の中に本物の軍人が入って、彼らの演技でない演技が光っていました。

ちなみに両親を連れていったのですが、大層感動していました(年寄りはつまんないとすぐ寝ちゃうからね)。お勧めの一本ですね。

ここをクリック→ 『キャプテン・フィリップス』予告編

(Facebook 12/3/2013より転載)



















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 冤罪と戦う八田隆を支援する会





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: フィルム・レビュー

2013/12/08 Sun. 09:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/638-b2983c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top