「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (360) 「朝倉氏/佐藤氏への手紙」 1/6/2014 

#検察なう (360) 「朝倉氏/佐藤氏への手紙」 1/6/2014

(強制捜査から1848日、控訴審判決まで24日)

朝倉さん/佐藤さん、あけましておめでとうございます。と、書きだしたものの、単なる時間の一区切りに過ぎないとはいえ、年明けを塀の中で迎えるということに今更ながら衝撃を感じています。

寒さも厳しさを加え、不自由な思いをなさっているのではないでしょうか。それでも、多くの応援してくれる人たちの思いが朝倉さん/佐藤さんの心を温めてくれていると信じています。

直接話すことがかなわないので、どのようなお心持であるかは測りかねますが、やはりご自分が巻き込まれた状況を繰り返し思い起こしていらっしゃるのではないでしょうか。私もなぜ朝倉さん/佐藤さんが自由を奪われなければならないかを度々考えています。

私は絶対的存在を信ずる者ではないので、「神は乗り越えられない試練は与えない」とは言いませんが、やはり朝倉さん/佐藤さんがそこにいるには何らかの目的があると思っています。そして人は、意識をもって行動を目的化することはできます。

刑務所の社会的意義は、受刑者の更生にあると思っています。それは受刑者本人にとってより、社会にとっての利益だからです。ところが最近の犯罪の減少傾向の中でも再犯者は初犯者ほど減らずに再犯率が高くなっていたり、深刻な累犯者が増えていたりという状況に鑑みるに、刑務所が受刑者の更生装置としてはうまく機能していないようです。それは刑務所が単に罰を与える場所としてしか機能していないからだと思います。その変革を促す一助として朝倉さん/佐藤さんがその場にいると考えることはできないでしょうか。

話が一足飛びになりました。説明します。

朝倉さん/佐藤さんはさぞかし不公平に感じていると思います。世の中には私腹を肥やすために不法行為を行う者がおり、彼らが罰せられていないにも関わらず、彼らと同じ行為ではあっても私利私欲に基づかずに行ったご自分が罰せられているという状況であれば、人間、そういう気持ちにならない方がおかしいと思います。

しかし、不公平であると考えることは何の利益にもならないどころか、ご自分を卑しめるものだと思います。世の中はそもそも不公平なものだと受け止めることです。そうした上で、表面的な反省を取り繕うのではなく、心から模範囚を目指して下さい。

本来、不平不満を持っても仕方がないであろう朝倉さん/佐藤さんが、現実を受け止め、点数稼ぎではなく模範囚でいようとする姿にほかの受刑者の方々が心を動かされないはずはありません。

強制ではなく自発的に本当の反省を促すということは刑務官・刑務所にはなかなかできないことです。それがほかの受刑者の方々の再生につながると私は信じます。

模範囚でいようと取り繕う必要は全くありません。朝倉さん/佐藤さんの善人格は、誰であれ理解できるものです。むしろ、心にもない反省はすべきではありません。それは後のあなたの人生にとって悪影響すらあると思います。繰り返しになりますが、現実をそのまま受け止めることです。そして前向きに生きることを心掛けて下さい。

朝倉さん/佐藤さんと接するほかの受刑者によい影響を与えることで、刑務所を彼らにとっての更生装置として機能させることができると私は信じています。そしてそれが、あなたがそこにいる目的だと考えています。

最後にマザー・テレサの言葉を贈ります(マザー・テレサと私のキャラは全くかぶりませんが、笑)。

「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが親切であれば、人々はよからぬ思いを秘めてあなたを非難するかもしれません。気にすることなく、親切であり続けなさい。

あなたが正直で誠実であれば、あなたを騙そうとする人が現れるでしょう。気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

あなたが幸せを見つけたら、人々が嫉妬するかもしれません。気にすることなく、幸せでいなさい。

あなたが善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなく、善を行い続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。全く足りないかもしれません。気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。」

くれぐれもお体に気をつけて、ご自分に正直に頑張って下さい。応援しています。

2014年新年を迎えて

(一昨日彼らに投函した手紙を転載しました。彼らが巻き込まれた事件を知るには以下の2冊の書籍をご参照下さい。

ここをクリック→ #検察なう (209) 「何が社会正義かを問う 『四〇〇万企業が哭いている 検察が会社を踏み潰した日』を読んで」

ここをクリック→ #検察なう (341) 「法律守って法を守らず~佐藤真言著『粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白』再読」 )

1/6/2014



















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 佐藤真言氏 『粉飾』

2014/01/06 Mon. 00:20 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/648-9c81f295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top