「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

フィルム・レビュー 『7番房の奇跡』 イ・ファンギョン監督 

フィルム・レビュー 『7番房の奇跡』 イ・ファンギョン監督

7番房

韓国映画動員数歴代3位(ちなみに1位は『グエムル』、2位は『10人の泥棒たち』)の映画なんだけど、設定がとんでもなくニッチ。幼女暴行殺人の冤罪で死刑にされる知的障害者の父と娘の話。そして司法修習生になった娘が、実際の事例を扱った模擬裁判の場で、父の冤罪を晴らすという設定。そういうヘビーな題材を、なんとコメディーに仕立ててます(予告編はちょっとまじめ)。

とにかくディテールの設定がドリフ並みにゆるゆる。さすがに刑務所でそれはないだろうというシーンが満載。その適当なところがそれほど問題にならないのがコメディー仕立てにした最大のメリットかも。

で、これは泣きました。やはり子供がかわいそうな映画と動物がかわいそうな映画は反則ですね。とにかく子役の演技がすごい。

多くの韓国ドラマ同様、とにかく単純、ベタなんですが、その単純さが日本や欧米の映像文化と違う感じです。で、そのベタな感じが嫌いじゃない人は多いんじゃないかな。

題材は一般受けしないけれど、メインテーマは父と娘の愛という普遍的テーマです。

冤罪ウォッチャーとしては、「そうそう知的障害者の冤罪問題って根深いんだよなあ」と考えさせられるものもありましたが、そういうことは全く関係なしに観ることができる映画です。でも、ビデオでいいかなあ。あ、『永遠の0』よりはよほどよかったかな。あれは泣けなかったし。これで泣けない人はいないでしょ。

ここをクリック→ 『7番房の奇跡』予告編

(Facebook 1/12/14より転載)


















ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 冤罪と戦う八田隆を支援する会





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: フィルム・レビュー

2014/01/19 Sun. 02:45 [edit]   TB: 0 | CM: 5

go page top

この記事に対するコメント

いつも拝見しています。ありがとうございます。映画に詳しい方と思いますので余計な事かもしれませんが、もし映画「東京原発」をご覧になっていないのであれば見て欲しいです。僕は3.11前にこれを見てました。今、後悔しています。僕も傍観者だったことを。

snow #- | URL | 2014/01/19 Sun. 17:54 * edit *

メッセージありがとうございます

こんな映画が10年前にあったとは。是非観てみたいと思います。ありがとうございました。

http://www.youtube.com/watch?v=cP_HxcFRnOw

八田

八田隆 #- | URL | 2014/01/19 Sun. 19:16 * edit *

涙腺直撃

はじめまして
昨日、公開初日に観ました。
書かれているようにありえないだろうという刑務所へのイェスンの出はいりでした。でも、そんなことを吹き飛ばすようなリュ・スンリョンとカル・ソウォンの演技の素晴らしさでした。
私にとっては冤罪というよりも父と娘という観点で観ておりました。

stanaka #j6Tq.Odo | URL | 2014/01/26 Sun. 10:23 * edit *

コメントありがとうございます

二人の演技は素晴らしかったですね。特に死刑台に送られるシーンでは号泣でした。確かにおっしゃるとおり、親子の愛というテーマで多くの人に観てもらえばいいと思います。素直にいい映画だと思いました。

八田隆 #- | URL | 2014/01/26 Sun. 10:40 * edit *

東京原発

TSUTAYAでレンタルして観ました。恐るべき内容ですね。「世界で一番原発に無関心な東京都民」という指摘が、まさに国民の多くが原発絶対神話を信じていた状況を言い表していると思いました。途中からテロ物になったのですが、それまでの原発のリスクのディスカッションの部分は非常にメッセージ性が高いと思いました。遅きに失した感はありますが、それでも観てよかったと思いました。ありがとうございます。

八田隆 #- | URL | 2014/02/01 Sat. 18:23 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/654-a353ad6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top