「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (377) 「氷山の一角 パート4 『ロボスクエア贈賄冤罪事件』」 3/3/2014 

#検察なう (377) 「氷山の一角 パート4 『ロボスクエア贈賄冤罪事件』」 3/3/2014

先週金曜日、外出先で私の携帯電話が鳴りました。電話の相手は、私や私の友人・知人の多くが支援している冤罪被害者の永末康子さんでした。

「上告が棄却されました。弁護士の先生から今、連絡をもらったのですが、誰かと話がしたくて」

私は言葉を失いました。月並みな励ましの言葉を絞り出すのが精一杯でした。

彼女は普通のOLとして働いていましたが、市職員の単純横領をその犯人と警察の「阿吽の呼吸」で贈収賄事件に作り替えられ、その贈賄側の犯人として無実の罪を着せられました。

7ヵ月にも亘る勾留の間、彼女は否認を貫きました。否認している被告人を接見禁止付きで長期間保釈せずに自由を奪うやり方はまさに「人質司法」と言われるものです。

控訴審判決は一昨年12月だったため、上告後、随分と時間が経過していました。上告棄却により、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪が確定しました。

彼女を応援する「冤罪と戦うやすこを応援する会」のHPに最新ニュースとして上告棄却後のコメントが掲載されていますので、是非ご覧下さい。

ここをクリック→ 「冤罪と戦うやすこを応援する会」HP 

これまでの経緯に関して、詳しくは私のブログをご参照下さい。

ここをクリック→ #検察なう (115) 「氷山の一角」

ここをクリック→ #検察なう (126) 「氷山の一角 パート2 『ロボスクエア贈賄冤罪事件』」

ここをクリック→ #検察なう (287) 「氷山の一角 パート3 『ロボスクエア贈賄冤罪事件』」

私個人の冤罪との戦いは検察上告断念による無罪確定で終息しましたが、それは単なる局地戦です。これから冤罪そして何よりそれを生み出している刑事司法の矛盾との全面戦争が開始すると思っています。その全面戦争の最前線がこれから始まる私の国家賠償請求訴訟です。

彼女の事件をご覧になれば、冤罪が対岸の火事でないことは言うまでもないことです。永末さんのような冤罪被害者をこれ以上出さないことが、我々に課された義務であり、あなた自身やあなたの愛する人を守ることにつながると思います。是非、ご理解頂ければと思います。

1948007_604495506298373_1925407435_n.jpg

3/3/2014











法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」のメッセージでご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 冤罪事件に関して

2014/03/03 Mon. 07:38 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/674-6a0ba84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top