「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

経過報告 (59) 「JPモルガン証券平氏の裁判傍聴」 11/4/2011 

経過報告 (59) 「JPモルガン証券平氏の裁判傍聴」 11/4/2011

カナダから帰国したばかりだと日本は暑いです。

本日、海外給与の脱税で起訴をされた元JPモルガン証券の平氏の初公判を傍聴してきました。彼は今年6月に刑事告発され、10月初頭に起訴されたものです。私は、自分が起訴されるイメージは持っていませんが、備えあれば憂いなし。

9時半に内幸町の弁護士事務所で弁護士と待ち合わせ。歩いて日比谷公園の反対側にある東京地裁に向かいました。公判は10時開始。東京地裁前で写真をツイート(敷地内で写真撮影をしてはいけないと警備員に怒られました)。

裁判傍聴は初めてだったので勝手が分からず弁護士にヒョコヒョコ付いて行きましたが、拍子抜けするほど簡単に法廷に入ることができました。名前や住所を書いたりするのかと思いきや、全くその必要もありません。傍聴席が30席程度の小さな法廷でした。テレビで見るあの雰囲気。節電なのか若干薄暗い感じでした。

平氏が弁護士を伴って、傍聴席を通って被告人席に。公判検事も同様に検察官席に着きました。裁判官到着で全員起立。審議が開始しました。さすがに平氏は緊張した面持ちでしたが、そのほかの人たちは比較的リラックスムード。裁判官は一人。全ては彼の胸先三寸というわけです。

被告人の氏名、住所、本籍、職業等をきく人定質問に続いて、検察官が起訴状を朗読。裁判官が被告人に黙秘権の告知をしますが、語りかけるようで平氏の緊張をほぐそうとするかのような感じが印象的でした。「起訴状の公訴事実に対する弁護人の意見は」と裁判官が問うと、弁護人である年配の弁護士が「その通り間違いありません」と言うのですが、形式化しているのか、立ちながら言葉を発し、言うか言わぬかの間に腰を下ろすと言う感じ。

その後、検察官の冒頭陳述が始まりましたが、滑舌が悪い。しかも早口。事務的に読み上げます。途中までは「インセンティブ報酬として得た権利行使制限付き株式及びストック・オプションを殊更過少申告申告し........ほにゃらかほにゃらか」と、自分と全く同じだなあ、と聞いていました。ところが途中から、状況が私のケースと違っていました。彼は、税務署による税務調査で海外給与の過少申告を指摘され、平成18年度の修正申告をしたのですが、その時に指摘されなかった平成19年度、20年度にも海外給与を得ていたにもかかわらずそれを申告しなかった旨、税理士から「株式を取得していませんか」と問われたにもかかわらず「もらっていない」と答え申告しなかった旨、会社から株式配当の源泉徴収票が交付されたにもかかわらずそれを敢えて提出しなかった旨が、検察官により述べられました。未納分の税金を払えず、不動産を差し押さえられているところからすると、資金に逼迫していたようです。背に腹は代えられずやむなくリスクを取ったということだと思います。

そしてこの後の日程を確認。次回公判は11月29日11時。どうやらそこで結審、三回目の公判で判決となるようです。そこで閉廷。開始から15分程度でした。ふーん、自白しているとこんなものなのかという印象でした。儀式です。否認していると全く状況は違うのだと思います。ただ雰囲気は分かりました。

私の取調べは明日1時半から。昨日の感じからすると検察のネタ切れも近いように思われます。この時点では、私はオセロゲームで盤上に白のコマを支配的に置いていると思っています。検察は何とか逆転しようと黒のコマを打ちますが、私の白のコマをひっくり返せない印象です。但し、油断は禁物。どこかで一気逆転もありうるのはまさにオセロゲームと同じです。そして私が一番懸念しているのは、検察が玉砕覚悟でむりやり起訴した場合に、裁判所が「一見すると白のコマが多いようにも見えるが、それは黒の勝ちを否定するものではない」とする、これまで歴史上何度も繰り返された不可思議で理不尽な判決がされることです。最終的には私の内心のことなので、検察がやる気になればいかようにもでき、これまでの裁判所は特捜案件は検察の主張を丸飲みしてきたという事実があります。そうなれば仕方ないかな、と達観しているのが現在の心境です。

また連絡します。

11/4/2011



ぽちぽちっと、クリックお願いします



category: クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

2011/11/04 Fri. 07:08 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/70-f3b445ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top