「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

経過報告 (64) 「帰国前日メッセージ」  11/29/2011 

経過報告(64) 「帰国前日メッセージ」 11/29/2011

ご無沙汰しました。明日、再度帰国します。

検察からは先日弁護士に連絡がありましたが、私の帰国日を再確認したのみで、今後の予定に関しては私の帰国後の12/2金曜に連絡するとのことでした。再度の取調べはないのではと思われます。もしそうであれば、起訴・不起訴の結果は早ければ来週中にも出るものかと思われます。3年の苦悩の終結となるのか、これから公判が始まりまた年単位の雌伏の時間となるのか、乞うご期待です。

先日、「逮捕の夢を見た」件で、ツイッター・フェイスブックにぼやいたため、少なからぬ方々にご心配をおかけしました。少なくとも起きている普通に生活している間は全く気に病むこともなく、この段階で逮捕の可能性は全くないと思われますが、夢を見るというのはPTSDに似た潜在的恐怖心があるのかもしれません。

これまでも何度か、逮捕の夢を見てきました。一つのパターンは、アメリカの映画に出てくるような外開きのドアを開けると捜査官が立っているというもの。まさに映画のように、安普請の白い木の扉と網戸の向こうのポーチに捜査官が立っているシーンです。もう一つのパターンは、取調べの終了時に「ではお前は逮捕だ!」というものです。これは「それでもボクはやってない」のイメージそのものです。今回の夢のシーンは、また新しい状況で、朝パソコンを立ち上げると弁護士からメールが入っていて、件名が「令状が出ました!」というものでした。夢の中で、逮捕令状のことだとすぐ分かりました。朝起きて、余りの生々しいイメージに、そのままやり切れない気持ちをツイッターしたため、何人かの友人が励ましのメッセージを送ってくれました。申し訳ありませんでした。

今朝は本当に興奮しました。福井女子中学生殺人事件で再審開始が高裁で決定されたためです(注)。今日が可否の発表とは事前に知っていましたが、9時半とは知らず、ツイッター・フェイスブックに今日発表があることを書き込んだ直後にツイッターのタイムラインで結果を知りました。ツイッターの適時性に改めて感動した次第です。検察には、盲目的に既定路線であるかのような異議申立をせず、引く勇気を見せて、抗告しないという選択をしてほしいものです。注目しましょう。

今後、わずかの間に東電OL事件、袴田事件といったメガトン級の冤罪と思わしき事件の再審請求関連のニュースが続くはずです。村木氏の郵便不正事件はまさにパンドラの箱を開ける事件だったのではないでしょうか。そして箱の中に残ったものが希望であったギリシャ神話のように、国家権力の横暴を国民が監視することによってこの国にも希望が生まれることを切に望むものです。

そして今、個人的に注目しているのが西武池袋線痴漢冤罪小林事件です。是非添付のビデオを見て下さい。日本帰国後に、市民団体による支援集会があるので参加してみようと思っています。

最後に、元テレビ朝日国税担当であった田中周紀氏による単行本「国税記者 実録マルサの世界」が12/21発売されます。日刊ゲンダイ連載の記事をもとに編集され、私の事件の記述に関しては記事に加筆修正されたものが収録されます。嘆願書を書いて頂いた皆さまには、著者のサインを入れてもらったものを私から謹呈させて頂ければと思っています。

今回の帰国後、カナダに戻るのは来年1/8の予定です。日本も寒くなってきたと聞いております。お体には気をつけて下さい。また連絡します。

(注)
再審請求とは、最高裁まで有罪判決で結審した事件に対し再度裁判のやり直しを求めるものです。再審請求には無罪を裏付ける新しい証拠が必要とされ、長らく「開かずの扉」とされていました。1990年の足利事件の再審開始が2009年6月に決定されたのは実に22年ぶりの再審開始決定で、翌2010年に無実が確定したのは記憶に新しいところです。また2009年12月には布川事件の再審開始も決定し、これも今年5月に無罪が確定しました。ただ福井女子中学生殺人事件の再審開始の「決定」は決定ではなく、検察が異議申立の抗告をし、最高裁が再審棄却をする可能性が残っています。過去に再審開始決定後に検察の異議申立で再審開始が取り消された事件としては、1961年名張毒ぶどう酒事件(2005年地裁決定、2006年高裁棄却)、1967年日産サニー事件(1992年地裁決定、1995年高裁棄却)、1979年大崎事件(2002年地裁決定、2004年高裁棄却)があります。

ここをクリック→n西武池袋線痴漢冤罪小林事件

ここをクリック→ 12/9 小林さんの命を守り再審を実現させるつどい

11/29/2011



ぽちぽちっと、クリックお願いします



category: 支援者の方へ、支援者の方から

2011/11/30 Wed. 01:05 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/75-8bcef395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top