「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (436) 「四方山話 ヤフオク!(ヤフーオークション)での出来事」 12/3/2014 

#検察なう (436) 「四方山話 ヤフオク!(ヤフーオークション)での出来事」 12/3/2014

yahoo auction

冤罪 = 「無実の罪。ぬれぎぬ。(広辞苑)」

冤罪は、身に覚えもなくても突然災厄のように降りかかってきます。それは既に体験済みの私ですが、数日前にもこのようなことがありました。

私はヤフオクのヘビー・ユーザーです。身の回りの不要品を売ったり、少しでも安く買おうと、よくヤフオクを使っています。最近では、趣味としているゴルフ・クラブや用品をヤフオクで売り買いしています。

もう10年以上ヤフオクを利用して、「良い(出品者・落札者です)」という評価が丁度400件になりました。個人間の取引ですから、相手が信用に足るかの情報として、取引をしたお互いが相手を評価することが、ヤフオクでは行われています。400件の「良い」という評価に対して、「悪い」という評価は1件もありませんでした。

先週、やはりヤフオクでゴルフ・クラブを売りました。その後、メールで評価の報告が届きました。それは「悪い」という評価でした。

メッセージは、
「商品届きましたがシャフトが差し戻し、しかもさかさまに差してありました、値段が安い品物でしたがちゃんと説明してから出品して下さい。がっかりです。」

私は驚きました。そのような事実はなかったからです。私は返答しました。
「それはないと思います。Victoriaの碑文谷店で新品を購入し、シャフトを差し替えたことはありません。何かの勘違いではないでしょうか。再度、ご確認お願いします。リシャフト品の場合は、その旨お伝えするつもりです。」

ゴルフをしない人のために少し解説すると、ゴルフ・クラブはヘッド、シャフト、グリップという3つのパーツから組み立てられます。クラブ・メーカー・オリジナルのクラブを購入した後に、自分の好みのシャフトと交換することを「リシャフト」と言います。そしてリシャフトしたクラブのシャフトを外して、もう一度、元のメーカー・オリジナルのシャフトに組み替えることを「差し戻し」と言います。

シャフトを外す際には、熱処理をするので、カーボンシャフトの場合、品質が劣化するとされています。ヘッドとシャフトの組み合わせは同じでも、メーカー・オリジナルのものと比較して、差し戻し品はいわゆる「傷物扱い」で安く取引されます。

3000円という値段でしたが、落札者はその値段は「訳アリ品」の値段で、その訳を説明しなかったのは出品者として問題ありと、「悪い」という評価を私に下したものです。

私はクラブメーカーに問い合わせ、落札者の誤解の理由をすぐに理解しました。シャフトとグリップには、メーカーのロゴが表示されています。シャフトのロゴは(邪魔にならないよう)見えないように裏側に、グリップのロゴは(どの向きで握っているか)見えるように表側に装着するのが通常の差し方です。ところが、私が出品していたクラブのロゴは、シャフトもグリップも裏側で差すのがメーカーの標準でした。

落札者の方は、グリップが裏差しであることを見て(シャフトも裏差しであるにも関わらず)、「これは逆さまに装着されている。一旦外して組み直したに違いない。リシャフトの差し戻し品だ」と判断したものです。

ヤフオクの評価は、一旦つけると、その後の修正・削除は、評価した本人も、ヤフーもできないルールになっています。つまり、この落札者の誤解であることが分かっても、私の「悪い」という評価は未来永劫記録に残ってしまいます。

私はせっかく買ってくれた落札者の誤解を解くべく返答しました。
「メーカーに確認したところ、Vシリーズは、シャフト・グリップ共にロゴ裏差しが標準とのことでした。私は、新品購入時に特に指定していないので、メーカー標準仕様です。逆さまということは、シャフトもグリップもロゴが表差しということでしょうか。」

3日待っても私を「悪い」と評価した落札者からは、何の返答も謝罪もありませんでした。

残念に思った私はメッセージを送りました。
「「悪い」という評価を付ける前に、相手方に連絡をして事の真偽や対応(返品の可否等)を確認し、それでもなお対応に不満の場合に「悪い」という評価をするのが、オークションのマナーだと思います。今回のように一方的に不当な評価をされても修正・削除できないというヤフオクのシステムには個人的に疑問を感じ、報復評価もナンセンスなので、敢えて評価は控えさせて頂きます。」

ヤフオクでは、「悪い」という評価をされて感情的になり、報復として相手方を「悪い」と評価し返して掲示板上でなじり合うケースも度々目にします。

何年もかけて築き上げた信用に、理由なく汚点を付けられたことは残念ですが、刑事被告人を経験した私には、その相似性をむしろ滑稽に感じられました。もし刑事被告人の経験がなければ、もっと悔しがったり、憤慨したかもしれません。

しかも、自分の非を認めず、一言の謝罪もないところは、検察・国税局と全く同じです。

そして、この落札者の方は、評価をした時は完全に誤解しており、悪意はなかったと思います。一方国税局や検察は、私の無実を知りながら、告発・起訴したと私は確信しており、彼らの方が数段悪党です。

ヤフオクのマナー違反は見逃すことができても、国家権力の横暴は見逃すことはできません。刑事裁判よりも更にハードルの高い国賠審を私が戦うことを決めたことには、同じような犠牲者を出さないための願いがあります。

是非とも、私の国賠審にご注目して頂き、引き続きご支援の程をお願いします。

12/3/2014









ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー


表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう 刑事司法の矛盾、冤罪と戦う八田隆と全ての人を支援する会






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事事件一般

2014/12/04 Thu. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/789-0136d6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top