「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

経過報告 (69) 「本日、検察により起訴されました」  12/08/2011 

経過報告 (69) 「本日、検察により起訴されました」 12/08/2011

ニュースで既に報道されていますので、ご存知の方も多いとは思いますが、本日、検察により起訴されました。

先週末以降、覚悟はしていましたが、やはり残念です。一番、残念なのは、なぜ検察が検察改革の成果を示すこの好機を生かせなかったのかということです。我々が検察批判をすることは簡単です。しかし、それは自分で自分の首を絞めることだと思います。彼らが正しくなければ、我々国民の全てが不幸になるからです。

私の事件は、郵便不正事件という検察組織史上最大のスキャンダル以前に告発され、以後に取調べが行われています。告発の段階で検察が全て了承済みであるのは周知の事実ですが、それは検察改革を推進する以前の「制度疲労した検察」であり、今この時は検察官記章の表象するところの「検察たる検察」となろうとしていると期待していました。検察の理念でも「あたかも常に有罪そのものを目的とし、より重い処分の実現自体を成果とみなすかのごとき姿勢となってはならない。我々が目指すのは、事案の真相に見合った、国民の良識にかなう、相応の処分、相応の科刑の実現である。」と謳っています。それを自ら否定するかのような私の起訴は、本当に残念としかいいようがありません。

「証拠があれば起訴をする。証拠がなければ起訴をしない」と検察は明言していますが、それは正しいことなのでしょうか。いかにも「法と証拠に基づく」客観的な判断であるかのように聞こえますが、私は、それは間違っていると思います。検察は、その強大な権力と優秀な能力をもってして、真実に一番近い存在です。私の事件に関しても、私本人が認めるのは、私よりも事件のことを理解しています。つまり彼らは私の無実を誰よりも深く理解しています。その彼らが、「テクニカルに起訴できるから起訴をする」といった、起訴をするのが我々の仕事といった姿勢は、日本の司法制度の崩壊を招くものだと思います。検察は、真実を追求し、断罪すべき行為があったかどうかを斟酌すべきです。彼らはそれができます。それは取調べを受けた私は真に実感しています。その強大な権力と優秀な能力が誤った方向に使われていることが残念でなりません。

日本人は勤勉であり、優秀な民族だと、海外の経験を通して感じています。しかし、その能力が活用されていないのは悲しいことです。つまらん面子や体面にこだわっている場合ではないだろ、と思うことが頻繁にあります。今回の一件はその最たるものではないかと思います。私は、「などてすめらぎは人となりたまいし」と唱える程の国粋主義者でもなければ、日本という国家に幻想は抱いていませんが、彼が割腹自殺を遂げた当時よりさらに有識者は憂国論を論ずるタイミングなのかもしれません。少なくとも検察という法治国家の基幹組織が変わるチャンスは最初で最後だと思います。

今日は、3時過ぎに検察から連絡を受けた弁護士から電話をもらい、起訴されたことを知りました。思ったほど動揺はありませんでした。その後、実家に電話し、電話に出たお袋に「起訴されたよ。報道されるだろうから、驚かないで」と伝えました。

お袋「そうなん。ほんでいつ入らないかんがや」 私「入らんでいいわいや」 お袋 「ほうなんか。なんやほやったら一安心やな。よかった。あんまり喜んで浮かれんように」 私「............」。

その電話の時には外出していた親父から後ほど電話があり、親父「おー、聞いたわ。しゃーないんかな。在宅にはならんもんなんかな」 私「何ゆうとれんて。在宅やて」 親父「ほんなんか。そりゃよかったな。裁判っちゅうことになったら忙しいやろうけど、こっちにも顔出してくれな」。全く和ませてくれる二人です。よほど逮捕が怖かったんでしょう。人質司法というのは本当に卑劣な行為だと改めて感じました。

今回は、国税局の告発から100%起訴という常識は崩せませんでしたが、否認すれば逮捕という常識を崩したことは自分なりに喜んでいます。そして残るは、裁判所は検察特捜部の起訴は全て丸飲みし有罪という常識に挑戦です。

私は海外給与に関して、「海外だから払わなくていいであるとか、株式だから払わなくていいとは思ってはいませんでした。その納税義務は当然あると思っていたし、自分では払っていたつもりでした。なぜそう思ったかというのは給与天引きだと思っていたからです」と言った時、私を知らない人は「本当にそうなのか。嘘をついているんではないか」と思うことは十分にあると思います。だからこそ、私は自らの身の潔白を証明すべく、検察にポリグラフテストを要求しています。それを「機械がないから」という全く情けない理由で拒絶することはどのように考えればいいのでしょうか。警察には必ずポリグラフ測定器はあり、検察が警察の装備を利用できないわけはないはずです。それだけをもってしても、検察は私の無実を知りながら、体面、しかもそれは検察のそれではなく、国税局の体面を保つために起訴したことは明らかだと思います。

9日金曜日10時に、霞が関の検察庁本庁に出向き、事務官の取計らいで起訴状を受け取ることになっています。

公判はまだまだ先で、さらに長時間かかることだと思いますが、突っ込みどころ満載の起訴を標的に、かなり面白い戦いができるのではないかと思っています。諦めの悪さは昔から変わっていません。しぶとく粘っていこうと思っています。皆さまには長期間に亘り援助して頂き、本当に感謝しています。また応援メッセージもとても勇気づけられます。返信しようとすると、かなりヘビーな気持ちになってしまい、なかなか個別に返事できずに申し訳ありませんが、それに懲りずまたメッセージをお願いします。今後ともよろしくお願いします。

12/08/2011


ぽちぽちっと、クリックお願いします



category: 地検特捜部との死闘実況

2011/12/07 Wed. 08:06 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/80-0f71beda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top