「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (441) 「美濃加茂市長事件~藤井浩人氏公判結審」 12/29/2014 

#検察なう (441) 「美濃加茂市長事件~藤井浩人氏公判結審」 12/29/2014

注目の美濃加茂市長事件、藤井浩人氏の公判が先週24日に結審しました(注)。その期日において、最終弁論と被告人最終陳述が行われました。

以下が藤井氏の最終陳述全文です。

6月24日、あの日から、奇しくも本日でちょうど半年となりました。あらためて、6カ月前と変わらず、むしろ取り調べや、この厳粛なる裁判所での公判が進むにつれ、自分自身、強く確信を得た上で、逮捕事実は一切ないことをここに断言させていただきます。

美濃加茂市長として2年目を迎え、市民の方々がどのような感触をお持ちになっているのか、市役所内の雰囲気はどう変わったのか、自分自身が掲げたマニフェストは実現に向けて進んでいるのかなど、私の市政に対する期待と同時に多くの市民の方々と築き上げてきた希望が一瞬にして打ち崩されようとしました。

政治家という概念に対しては、さまざまなお考えをお持ちの方がいらっしゃると思いますが、特に私たちの住むまちのような市町村の首長や議員は、政治というダイナミズムや価値観より、一人ひとりの住民、市民の方々と意見を交わし、ときには新たな気づきをいただき、ときには啓蒙に努め、日々少しずつ信頼を得ながら、地域の将来を信じて一歩一歩活動しています。

それは役所内でも同じことであり、組織の論理ではなく、いくらトップであろうが、一人ひとりの職員と思いをともにし、お互いを信頼してこそ、市民のための仕事ができると考えています。

逮捕当初、担当の警察官の方は「まだ若いんだから、早く認めて出直せばいいじゃないか」と軽い口調で何度も言いました。論告の中では、私が「市民の信頼を裏切った」とありました。その軽々しく使われ、彼らが踏みにじろうとしている信頼というものを得ることがいかに難しいかを、私たちは知っているからこそ、今回の嫌疑についてはまったくの無実であると心から断言できます。

今回の事件の当事者は、私一人では決してありません。

多くの市民の方々、支援者の方、そして仲間、家族が署名集めに必死になってくださいました。21154名の方が署名をしてくださいました。

あるおじいさんは、署名集めに朝から晩まで団地内や親戚関係、昔の友人を頼って、こう言いながら走り回ってくれたそうです。「何度も会って話をしたが、お金を受け取るなんて信じられない。もう一度本人と会うまでは、自分自身の納得がいかない」

市役所においては、日に何十件もの罵声に近い問い合わせの電話や、窓口では不必要な嫌みを言われながらも歯を食いしばり、職務をまっとうしてくれた職員がいました。

中には十数回も毎日のように取り調べに呼び出され、不本意な調書を取られたといまだに嘆かれる職員もいます。

若い職員はこう言いました。「私は市長を信じているし、信じるべき立場だと思います。しかし、市民の人からも市外の人からも、市長は大丈夫かと聞かれます。明確に堂々と答えられる日が早く来てほしい」

私だけでなく、この事件の影響を被ることとなってしまった多くの人が、納得できるような公正な判決をお願いしたい気持ちでいっぱいです。

また、期せずして、私たちは今回の事件の当事者となりました。

失ったものはいくつもあります。取り戻せないものがあることも知っています。

しかし、このようなことが二度と繰り返されることなく、社会が一歩でも前進するのであれば、私たちはこの一件を乗り越えることができるのではないかと思います。

もう二度とこのような事件が起こらないことを切に願います。

藤井浩人

「このようなことが二度と繰り返されることなく、社会が一歩でも前進するのであれば、私たちはこの一件を乗り越えることができるのではないかと思います」―藤井氏がこのように述べる気持ちは痛いほど分かります。

最終弁論の内容を報じた『弁護士ドットコム』の記事です。

ここをクリック→ 「作り上げられた犯罪」最終弁論であらためて「無罪」主張

そして公判後の主任弁護人郷原信郎氏のツイートです。

ここをクリック→ 郷原信郎氏ツイート

判決は来年3月5日。

そしてそれに先立ち、1月16日に贈賄供述者の贈賄罪及び詐欺罪の判決が予定されています。1月16日以前に、藤井弁護団の次の一手はあるのか、贈賄供述者の判決はいかに、注目したいと思います。

これまで美濃加茂市長事件に関するブログはこちらです。

ここをクリック→ #検察なう (418) 「美濃加茂市長事件、藤井浩人氏今週初公判!」

ここをクリック→ #検察なう (422) 「美濃加茂市長事件、第2回、第3回公判で贈賄供述者の証人尋問」

ここをクリック→ #検察なう (428) 「美濃加茂市長事件藤井氏被告人質問傍聴記」

ここをクリック→ #検察なう (438)「美濃加茂市長事件アップデート~贈賄供述者の判決の重要性」

(注)
これに先立つ検察の論告求刑公判では懲役1年6ヶ月を求刑しています。

ここをクリック→ 検察側が1年6ヵ月求刑「市民の信頼を損ねた悪質な犯行」

12/29/2014













好評発売中!
ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 美濃加茂市長事件

2014/12/29 Mon. 00:57 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/800-aca2567c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top