「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

フィルム・レビュー 『アリスのままで』 リチャード・グラッツアー監督 

フィルム・レビュー 『アリスのままで』 リチャード・グラッツアー監督

still alice

映画『アリスのままで』観賞。

若年性アルツハイマーを発症した言語学者を演じる主演のジュリアン・ムーアは、この作品でオスカーを初受賞。監督のリチャード・グラッツアーはALSに罹患しており、自身の経験を映し出した渾身の作(そして彼はつい先日の3月10日にALSで死去している)。

個人的にジュリアン・ムーアは大好きな女優。グッチのデザイナー、トム・フォードが監督をした『シングルマン』で見せたように、スタイリッシュでセクシーな妙齢の女優と言えば彼女の右に出る者はいないのではないか。

この作品は水準以上ではあるが、このテーマであればもっとよくてもいいのではないかと感じた。原題は"Still Alice"で、邦題のように記憶を失ってもアリス(主人公の役名)はアリスのままということだが、それがダブル・ミーニングかと思わせるほど「静かな」演技。コロンビア大学で教鞭を取る言語学者であり、幸せな結婚と3人の子供に愛される女性の幸せを病魔に奪われる怒り、悔しさといった激しい面ももっと出してもよかったのではないだろうか。

例えば、昨年のオスカー主演女優賞は『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットが受賞したが、彼女があの映画で見せたようなどろどろしたものをもう少し見たかったように思う。

妻をいたわる夫の役を演じるのはアレック・ボールドウィンだが、彼には優しい夫・父の役は似合わない。顔がよすぎるからだと思う。結局、彼が仕事を優先して単身赴任を選ぶストーリーも中途半端。

家族にアルツハイマー患者がいれば、「こんなきれいじゃないんだけどな」という声が聞こえてきそう。

ということで、悪くはない、悪くはないけど惜しい、という出来の作品。

ここをクリック→ 『アリスのままで』予告編

(Facebook 3/19/2015より転載)


















好評発売中!
ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1




ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: フィルム・レビュー

2015/03/29 Sun. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/836-8f3ce8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top