「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (77) 「田舎の友人との会話+『#検察なう』Tシャツ作りました」12/26/2011 

#検察なう (77) 「田舎の友人との会話+『#検察なう』Tシャツ作りました」12/26/2011

故郷の金沢に帰省中、田舎の友人や後輩と会う機会がありました。以下は彼らとの会話です。

後輩「八田さんのことは、経過報告もらって読んどるけど、なーん分からんわ。外資系の給与プログラムとかって言われても、複雑なんかなあって感じで」
私「いや、肝心のところは何も難しないよ。お前も会社員やから、年末に会社から源泉徴収票もろとるやろ」
後輩「もろとるよ」
私「その源泉徴収票には会社からもろた給料が書いてあるわけやけど、そこに書いてある以外に会社から給料もろとるって想像したことある?」
後輩「そんなんないわー」
私「ほやろ。わしも同じやったっちゅうことや。わしは会社からもろた源泉徴収票を税理士に渡して、ほんで会社からもろたもんはそれで全て申告しとると思とった。そんだけ。なーんも難しいことなんてないげえて」
後輩「ほんなんか。でも、もし私やったら、源泉徴収票を確認して、金額違とったらおかしい思うんないかな」
私「そこがポイントや。自分で源泉徴収票を確認しとる奴はそう思うかもしれんな。でも何で源泉徴収票を確認する必要があるん?わしにはその必要が全く感じられんかったし、わしは実際確認せずにそのまま税理士に渡しとった。国税局は『源泉徴収票をもらってそれを確認しない人など世の中に存在しません』っていう責め方や。それを裁判所がどう判断するかやな」
後輩「ふーん」

また別の友人との会話では
友人「なんか裁判ってことになったら大変そうやね」
私「ほおや。とにかく資料の量ががんこに多いげえて。しかも英文のもんが多いしな。裁判官も大変やと思うわ」
友人「なんでそんな資料が多いが。だって会社の給料やろ」
私「ほーやなあ。例えば『アイルランドに蛇はいる』『いない』って証明をしようとしたら、『いる』っちゅう方は簡単や。一匹見つければいいげえからな。でも『いない』っちゅう方は大変。いっくら探しても見つからんちゅうたかて、それがたまたまかもしれん。だからアイルランドじゅうを徹底的に探しても、それがダイレクトに『いない』っていう証明にならんわけや。わしの場合でも、国税局・検察は『いる』と思ってそこら中探し回りに回ったってこと。だから資料が膨大なんやて。本来わしがわざとやっとったんやったら簡単に見つかるはずなんや。結局、彼らは蛇は見つけられなんだ。でも蛇の巣の跡らしきもんを見つけて、結局『蛇はいるはずだ』って起訴したってこと」
友人「あー、それってあるわ。例えば医者で、所見で水虫だと思って(注:友人は皮膚科医)、顕微鏡でいくら探してもその菌が見つからんのに最初の判断のままって医者もおるわ。ほんとはかぶれが原因ながに水虫の薬出して、さらにかぶれの症状悪くしてしもう医者」
私「そう、そのやぶ医者が国税局や検察ってわけやけど、更にたちが悪いんわ、彼らもそれが『水虫でない』って途中から気付いてるのに水虫の薬を出し続けとるっちゅうこっちゃな。こっちはかぶれまくりや」

「#検察なう」のTシャツを作りました。ご希望の方に1枚1000円(送料込)でお分けします。サイズは3種類で、それぞれ字の色が異なっています。サイズSは形がガールズしてます(着丈が短く、袖口は細め)。Mはぴったり着る雰囲気で、Lはゆったり着る雰囲気で素材を選びました。

ここをクリック→「#検察なう」Tシャツ

まだまだ先は長いのですがのんびりお付き合い下さい。よろしくお願いします。

12/26/2011


P.S.
昨日、両親と一緒に帰省先の映画館で、三谷幸喜監督「ステキな金縛り」を観賞しました。今まで彼が監督をした作品「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」はなぜか全て観てきたのですが、いつも期待はさせるものの観た後はちょっとがっかりということばかりで、余り評価していない監督でした。作品はどれもとっちらかった感じで、「で、何なの?」みたいな。ところが「ステキな金縛り」はポジティブ・サプライズ。とてもよかったです。早くに父親を失った娘の思慕の心情が基調となって、その上に法廷というタクティカルな展開が乗っかるという、よくできた脚本だと思います。出演陣も相変わらず豪華でしたが、特に検察官役の中井貴一の演技が出色。「我々(検察と弁護士)は敵同士ではない。我々の敵は真実を隠す者である」。よく言った!本物の検察官に聞かせてやりたいわ、ほんまに。私の個人的特殊事情は置いても、彼の説得力のある演技は評価できるものでした。機会があれば観て損はない映画だと思います。


category: 支援者の方へ、支援者の方から

2011/12/25 Sun. 18:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/88-733dfabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top